六月の勝利の歌を忘れない 日本代表、真実の30日間... がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 風流堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯、リーフレット付。外箱角にキズがありますが、ケース、ディスク2枚は概ね綺麗です。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 5,960
通常配送無料 詳細
発売元: みんな新品プレミア堂  年中無休で即日発送中!! >>>>>>>>>>
カートに入れる
¥ 5,970
通常配送無料 詳細
発売元: Angelarme
カートに入れる
¥ 5,970
通常配送無料 詳細
発売元: [春の売り尽くしSALE!!]free life style
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

六月の勝利の歌を忘れない 日本代表、真実の30日間ドキュメント DVD-BOX

5つ星のうち 4.7 122件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 8,208
価格: ¥ 5,970 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,238 (27%)
ポイント: 179pt  (3%)  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、【送料無料】年中無休・即日配送が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 六月の勝利の歌を忘れない 日本代表、真実の30日間ドキュメント DVD-BOX
  • +
  • ソニー・ピクチャーズ SAMURAI BLUE 1392日の軌跡 DVD
  • +
  • 2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ オフィシャルDVD 日本代表 熱き戦いの記録
総額: ¥15,120
ポイントの合計: 258pt (2%)
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2002/11/20
  • 時間: 220 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 122件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00006RTFC
  • JAN: 4988013428300
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 16,847位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

商品の説明

ケース、ディスク面はとても綺麗です。 外箱の下側に多少の擦れ後があります。 その他はいい状態です。 国内正規品です。 レンタル落ちではありません。 クリスタルパックで梱包してアマゾン倉庫から発送するので安心です。

Amazonレビュー

   2002年6月、歴史的な大会を戦い抜いたサッカー日本代表にカメラが密着、ぼう大な量の映像資料をもとに、映画監督、岩井俊二が編集を手掛けたドキュメンタリー作品。大会直前、キャンプ地「北の丸」で行われたパーティーで、互いをプールに突き落としたり、自ら飛び込んでいったりする選手たちは、ただの酔っ払った20代半ばの若者でしかない。しかし、大会が始まるや、彼らは戦う男に変ぼうする。マスコミをシャットアウトした練習風景や、試合後のロッカールームでの彼らの興奮ぶりはここでしか見ることのできない貴重な映像だ。また、トルシエ監督(当時)が激を飛ばしながら作戦を説明したり、ハーフタイムで中田(英)選手が仲間の選手に指示を出す様子も興味深い。
   もともと資料として残すために撮影された映像だったのが、編集を手掛けたのが映画監督ということもあって、ドキュメンタリーでありながら、日本代表選手23人それぞれが主役を演じている映画のような仕上がりになっているのが印象的だ。(鈴木君平)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
北の丸での生活はワールドカップ中はほとんど伝わらなかったのですが、
このDVDでは各選手が素のままで出てきてめちゃくちゃ面白いです。
バーベキュー・シーンはもう爆笑・爆笑シーンのオンパレードで
涙が出てくるほどでした。また中田英がチームの中心選手として
皆に一目置かれているのがよくわかりました。また中山・秋田選手が
なぜ呼ばれたか、このDVDを見て納得。2006年にもこの二人のような
選手が必要だと実感しました。トルシエが選手を厳しく叱責したあとで
その選手を呼んでフォロウしているシーン、小野・柳沢選手のサッカー少年
のようなボール遊びなど、
見終わった後はお金を積んでも見れないものを見せてもらった、
と久しぶりにのDVDでした。
コメント 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
男がこれだけ集まれば、仲の良い悪いはある。

しかし、秋田中山の両コンビがどれほど潤滑油になっていたかがわかる。

松田をドイツに呼んでくれれば、ヒデも孤独ではなかったであろう。

トルシエは怒ってばっかりではなかった(笑)

テレビだけではわからない、あのメンバーの"素"がわかる一作。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ニール 投稿日 2008/11/17
日本列島が熱狂した6月、代表選手や監督、スタッフは淡々と日々を過ごしていた。
当たり前のようにふざけて、笑い、おどける選手たち。
叱咤しながらも選手を鼓舞して、時に気遣うトルシエの意外な一面。
ベルギー戦起死回生のゴールを決めた鈴木に試合前のミーティングにてトルシエは言う。
「中田は最も経験のある選手だ。じゃ鈴木はどうだ…わかってる、君は十分このレベルで通用する選手だ。だから選んだ」
そしてその鈴木がゴールを決めた。
彼のゴールにはこんなトルシエの励ましがあったのだ。

運命のロシア戦前DFの宮本や松田らがフラット3に疑問を呈して議論しているのも興味深い。
事実そのロシア戦ではフラット3を否定した低いラインで歴史的W杯初勝利を治める。

GL突破の懸かったチュニジア戦。
練習で常に叱咤されていた市川が森島と共にチームに劇的な変化をもたらし勝利!

そしてあの雨のトルコ戦。チームはついに敗れた。
号泣する市川を抱き締めるトルシエが妙に感慨深かった。

これだけ日本が一つになれた事はなかったように思う。
日韓開催のW杯という非現実なお祭り騒ぎの中で平静を保ちつつ、ピッチで躍動し、歓喜を与えてくれた23人選手、そして監督を私は生涯忘れない。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
実際見て、見る価値がある岩井作品だとおもいます。けど、それよりもこの作品が素晴らしいのは、映像を撮った茂野さんが、選手に溶け込んで映像を撮っていた膨大な映像があるからこそなので、ほんとうは岩井さんのみ監督というのは、ちょっと客寄せパンダかな?とも思ったりしました。
この作品は、一貫して『選手の側からの視点』を貫いている。作品の映像を撮った茂野さんと岩井監督の編集がそれに拍車を掛けている。試合が、アニメーションのように加工されているので、それ以外の日常だけが現実のような感じがして、とても上手い効果だと思った。この作品は、試合を見る観客ではなく、その試合と試合の選手の時間を描くものなのだ。試合は、観客にとってはほぼ全てだけれど、選手にとっては2週間のワールドカップのほんの数時間分でしかない。それ以外の膨大な時間は、戦略の研究や練習、プレッシャーとの戦い、宿舎に閉じ込められての共同生活があるのだ。こんな内部の視点というのは、まず見れない。サッカーファンだけではなく、見る価値のある映像だと思いました。
トルシエ監督が、ものすごいきつい言葉で選手達にまくしたてたあと、通訳と2人っきりになった瞬間
『ホントは、あそこまできつく言っていいのかわからなくなる・・・』
と、不塊がっていた様子。あれは、忘れられなかった。そして、キツクいうんだけど、実はすぐフォロ
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
2002年の興奮を蘇らせる激熱ドキュメンタリー。時間の有り余った大学生で完全にあの熱狂に狂喜乱舞していた自分にとっては、当時にタイムスリップさせてくれる貴重な一品。あの頃の自分達とあまり変わらない様子で一喜一憂している選手達に感無量です。
中田英たくさん笑ってて安心する。秋田の大人力は改めて尊敬。
そして松田がキラキラに輝いてる!!(涙)
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す