通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
六三四の剣 (3) (小学館文庫) がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 商品はアマゾンコンディションガイドラインに準じて出品を行っております。事前に状態・仕様のお問い合わせにはお答えしておりません。詳しくは「AMAZONマーケットプレイス コンディション・ガイドライン」をご確認下さい。注文確定後、アマゾン配送センターより、迅速に発送されます。コンビニ受取、代引き決済が可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

六三四の剣 (3) (小学館文庫) 文庫 – 2001/1

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 720
¥ 720 ¥ 200

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 六三四の剣 (3) (小学館文庫)
  • +
  • 六三四の剣 (2) (小学館文庫)
  • +
  • 六三四の剣 (4) (小学館文庫)
総額: ¥2,160
ポイントの合計: 66pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

出版社からのコメント

現代の剣豪になれと、両親が願いをこめて命名した名前、六三四(むさし)。故郷の岩手山に見守られつつ、剣の道をつき進む!!


登録情報

  • 文庫: 450ページ
  • 出版社: 小学館 (2001/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091933335
  • ISBN-13: 978-4091933331
  • 発売日: 2001/01
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 121,199位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ひひりき VINE メンバー 投稿日 2008/9/23
形式: 文庫
全10巻の3巻目。
この巻で話が大きく動き始めます。

父親である栄一郎の死は、読み手にとっても衝撃でした。
剣道で人が死ぬ、なかなかすごい話の展開で度肝を抜かれました。

一時、剣道を離れてスキーに打ち込む六三四ですが、
密かに突きの練習を続けていて、立て篭もり犯相手に立ち向かいます。
ありがちな話と言えば非常にありがちな話ですが、
そのシンプルさのおかげで安心して読み進めることが出来ました。

この巻で最も心に残ったページは、六三四が無賃乗車で捕まった時に、
迎えに来てくれた母親の佳代の顔でした。
母性愛に満ち溢れている、と言えるでしょうか、
ストーリーの組み立て方も上手ですが、画の印象も古めかしさを感じさせません。

蘭子など昔の出てきたキャラクターが所狭しと活躍する点も見所のひとつです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
全日本剣道選手権で父栄一郎が倒れる

盛岡からの転居

峠山小学校での生活

強盗と突き

東堂との勝負

修羅との勝負

北上少年少女剣道クラブ

父の死によって、生まれ育った盛岡をはなれ、

峠山に住まいをうつした六三四

東堂を倒すために3年間ひとりで突きの練習をしていました。

北上の道場に通うことになり、轟嵐子と再会

おたがいに切磋琢磨して行く様子が楽しく読めます。

北上剣道クラブで再会する

轟嵐子が、負けず嫌いのところが可愛いです。

道場までの道のりを六三四と争って、スカートをひるがえして

疾走する場面などに笑わせてもらいました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック