この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

公図の研究 単行本 – 2018/8/31


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2018/8/31
¥4,180 ¥7,062
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

公図に関する“判例”を大幅増補!公図は、なぜ重要視されるのか?「公図は権威ある資料」(東京地裁判決)だから。法令、判例、学説、先例、実例などを網羅。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

藤原/勇喜
昭和42年3月中央大学大学院法学研究科(民事法専攻)卒業。4月法務省入省。昭和58年4月法務省民事局第三課補佐官。昭和61年4月法務省民事局第一課補佐官。昭和63年4月法務総合研究所教官兼任。平成2年4月岡山地方法務局次長。平成3年4月法務省民事局民事調査官。平成5年4月法務省民事局登記情報管理室長。平成6年4月高松法務局民事行政部長。平成7年8月東京法務局民事行政部長。平成8年4月同局総務部長。平成9年4月仙台法務局長(~平成11年3月)。平成11年4月退職。8月大宮公証センター公証人(~平成21年12月)。平成12年4月日本文化大学法学部非常勤講師(民法、破産法、平成26年3月)。平成13年6月社団法人民事法情報センター理事(~平成19年6月)。平成18年4月早稲田大学法学部非常勤講師(不動産登記法~平成25年3月)。現在、藤原民事法研究所代表、地籍問題研究会監事(平成25年3月~)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません