八甲田山 特別愛蔵版 [DVD] がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,607
36pt  (1%)
通常配送無料 詳細
発売元: 麻布セール本舗
カートに入れる
¥ 3,607
通常配送無料 詳細
発売元: Piesia
カートに入れる
¥ 4,580
通常配送無料 詳細
発売元: Mount Athos
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

八甲田山 特別愛蔵版 [DVD]

5つ星のうち 4.6 86件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,616
価格: ¥ 3,607 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,009 (36%)
ポイント: 36pt  (1%)  詳細はこちら
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、タッケンオンラインが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 八甲田山 特別愛蔵版 [DVD]
  • +
  • 鉄道員(ぽっぽや) [DVD]
  • +
  • 動乱 [DVD]
総額: ¥8,088
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 高倉健, 北大路欣也, 丹波哲郎, 三國連太郎, 加山雄三
  • 監督: 森谷司郎
  • 形式: Color, Dolby
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: M3エンタテインメント
  • 発売日 2004/06/23
  • 時間: 170 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 86件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000219OY0
  • EAN: 4512174131016
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 37,128位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

日露戦争前夜、徳島大尉 ( 高倉健 ) 率いる弘前第三十一連隊と
神田大尉 ( 北大路欣也 ) 率いる青森第五連隊は、八甲田山を雪中行軍することに。
少数編成で自然に逆らわず行軍する三十一連隊。
一方、大編成で真っ向から八甲田に挑んだ五連隊は、
目的地を見失い吹雪の中を彷徨し、遭難する。

新田次郎の『八甲田山死の彷徨』を、黒澤明の愛弟子で
東宝青春映画の旗手として知られた森谷司郎監督が完全映画化。
出演者の中に脱走者が出たとも伝えられる
極寒の八甲田で長期撮影を敢行し、正に本物の雪の恐怖が観る者に襲いかかる。
また、傲慢な上司 ( 三國連太郎が熱演 ) の采配ミスで
部下が四苦八苦する五連隊の構図は、現代サラリーマン社会とも共通するものがあり、
当時「洋高邦低」と呼ばれて久しかった日本映画界で未曾有の大ヒットを記録。
日本映画の底力を見せつけるとともに、
森谷監督は以後超大作監督として大いに名を馳せることになった。 ( 的田也寸志 )

DVD2枚組

ディスク 1
本編 170分収録

ディスク 2
特典映像 47分収録
未公開 ! 劇場公開時予告編封入
特別愛蔵版発売記念 ! 橋本忍VS学生対談。
映画「八甲田山」を見て

ドルビーデジタル4ch / ドルビーデジタルステレオ
カラー
ハイビジョンマスター版

Amazonレビュー

   日露戦争前夜、徳島大尉(高倉健)率いる弘前第三十一連隊と神田大尉(北大路欣也)率いる青森第五連隊は、八甲田山を雪中行軍することに。少数編成で自然に逆らわず行軍する三十一連隊。一方、大編成で真っ向から八甲田に挑んだ五連隊は、目的地を見失い吹雪の中を彷徨し、遭難する。
   新田次郎の『八甲田山死の彷徨』を、黒澤明の愛弟子で東宝青春映画の旗手として知られた森谷司郎監督が完全映画化。出演者の中に脱走者が出たとも伝えられる極寒の八甲田で長期撮影を敢行し、正に本物の雪の恐怖が観る者に襲いかかる。また、傲慢な上司(三國連太郎が熱演)の采配ミスで部下が四苦八苦する五連隊の構図は、現代サラリーマン社会とも共通するものがあり、当時「洋高邦低」と呼ばれて久しかった日本映画界で未曾有の大ヒットを記録。日本映画の底力を見せつけるとともに、森谷監督は以後超大作監督として大いに名を馳せることになった。(的田也寸志)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
いまさら言うまでもなく、“八甲田山”の映像の厚みと本物の迫力は圧倒的です。 これほど重厚な日本映画はその後作られていないと言っても過言ではないでしょう。 若い人にも是非見てもらいたい名作です。 しかし、まったく個人的な感傷なのかもしれませんが、この作品はある意味、戦後、世界を席巻した日本映画界の終焉を象徴しているような気がしてなりません。 

当時ブームとなっていた日本映画は、例えば一連の金田一耕助ものや、少し遅れて始まる戦争大作もののように、一昔前の悲劇的で薄暗い日本のイメージを強調したようなものが多く、子供だった私の目にはとても恐ろしく映っていたものです。 同じころ、アメリカでは“スター・ウォーズ”や“未知との遭遇”という、もはや地球すら飛び越え、はるか宇宙の彼方まで届かんとする、夢いっぱいのゴージャスな映像美を追求する作品が登場し、その流れは現在でも脈々と続いていますが、日本ではそういった動きは起きませんでした。 80年代に入り、経済的に世界のトップへ駆け上っていった日本人にとって、もはやこういう懐古趣味的で、暗い日本独自の映像美というものは時代の雰囲気と合わなくなってしまい、日本映画は完全に崩壊していきました。  あの“天は我々を見放した”という有名な台詞はあまりにも象徴的で空恐ろしい感じさえします。 ただ、今大人になって、お茶の間のTVドラマをそのまま
...続きを読む ›
1 コメント 98人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
文字通りの大作です、そしてカメラマン木村大作さんの映像世界としても大作(シャレじゃなくて)CGなど使えない時代に格闘するように撮られた映像からは迫真の怖さが伝わってきますし、発狂する兵士やうまく小便ができないために倒れてしまう兵士などのエキストラたちの演技もすばらしいです。

物語の中心となる北大路さんの哀しいまでの中間管理職的立場がよく描かれています。そして権威というものをはき違えたリーダーの典型と、計画的に事を成し遂げるリーダーの違いを見せてくれる映画です。金目当てか?と案内人を追い返すのと比較して「案内人殿に敬礼!」と敬意を表す高倉健などなどわかりやすい構成になっています。

人間ドラマとして主役二人の掘り下げ方についてはこの長い時間でも足りないものがありましたが、それ以外はやはり日本を代表する映画のひとつという風格のある作品。

ミスを犯しても助けられる人と、人を助けるために倒れていく人がいたんだな…などと思いをめぐらせる映画でした。
1 コメント 79人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 山浦国見 投稿日 2015/3/17
形式: DVD
八甲田連峰雪中行軍遭難事件を映画化した本作は、山岳映画というジャンルを日本に根付かせ、確立した作品と言って良いのではないだろうか。

それまで、「雪の立山、針の木越え」や「雪の薬師、槍越え」のような、記録映画を別にすれば、「新しき土」などの合作映画が殆どで、戦後になって漸く「銀嶺の果て」「氷壁」「山の讚歌 燃ゆる若者たち」と作られては来たものの、ジャンルとしては微妙であった。それが、今作が爆発的なヒットとなった事で、山岳映画は世間一般の日の目を見た。それまでは、映画大国ドイツの御家芸だった。(前述の日本との合作「新しき土」の他に、「聖山」「死の銀嶺」「モンブランの嵐」、平成ではオーストリアとの合作「アイガー氷壁」やスイスとの合作「ヒマラヤ 運命の山」が有る)

勿論、ロケ期間も、製作費も、スタッフの負担も大きいせいか、本数は少ないながらも、「聖職の碑」「植村直巳物語」「剱岳 点の記」「春を背負って」など、平成の世になっても新作山岳映画が作られているのは、本作あってのものと言える。しかし、当時は山岳物は日本では当たらないというジンクスがあった為、制作反対されたという。しかし、それを押し切り、「砂の器」と同時に製作開始したのである。

六億五千万の製作費の内、持ち出し分は三億。半額を制作側が自己負担するはめになった。昼食のカレ
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
高倉健さんが亡くなる前の今年の秋の初めに八甲田山に初登頂してきました。
道中、この映画のシーンを思いめぐらしていましたが、八甲田ロープウェーの駅には撮影当時の写真が飾ってありました。
八甲田山に登る前に原作を読んでいきましたので、現地でいろいろな思いを巡らせることになりました。
さて、高倉健さんが亡くなった翌日に発注して1か月後にやっとDVDが到着して昨晩観ました。
原作を読んでいるから映像の意味が良くわかりました。
この作品、原作を先に読まれることをお勧めします。なぜその場面をそう表現したのか、誰がどう判断を誤ったのか。原作を読んでいないと良くわからないと思います。
そして観た映像の凄さに感動しました。役回りも高倉健さんにぴったりの作品だったことに気づかされました。
惜しい方が亡くなりました。安らかにお休みください。ありがとうございました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック