通常配送無料 詳細
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
八甲田山死の彷徨 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

八甲田山死の彷徨 (新潮文庫) 文庫 – 1978/2/1

5つ星のうち 4.7 80件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 527
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 594
¥ 594 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 八甲田山死の彷徨 (新潮文庫)
  • +
  • 指揮官の決断―八甲田山死の雪中行軍に学ぶリーダーシップ (中経の文庫)
総額: ¥1,190
ポイントの合計: 36pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

メディア掲載レビューほか

この世の地獄! 日本陸軍史に残る悲惨な事件を味わう

日露戦争前夜の1902年、一つの壮大な人体実験が行われた。厳寒の積雪期において軍の移動が可能であるかを、八甲田山中において検証すべし。青森第五聯隊の神田大尉と弘前第三十一聯隊の徳島大尉は、それぞれ特命を受けて過酷な雪中行軍に挑むことになる。この世の地獄が前途に待ち受けているとも知らずに。

新田次郎『八甲田山死の彷徨』は日本陸軍史に残る悲惨な事件を題材とした山岳小説である。気象学を修め、登山家でもあった新田の描く雪山の情景は、恐ろしいほどの現実感をもって読者の胸に迫る。雪地獄の中に呑み込まれていく兵士たちの姿は余りにも卑小であり、大自然の脅威を改めて認識させられる。

2つの部隊は明暗がはっきりと分かれる。深雪の対策を行った三十一聯隊が1人の犠牲者も出さずに任務を完遂したのに対して、気象の苛烈さを侮り、精神論で行軍に挑んだ五聯隊は199名もの死者を出してしまうのだ。組織が自壊するプロセスを描いた小説でもある。雪の中で絶望した神田大尉は「天はわれ等を見放した」と呻くがそうではない。合理性よりも軍人としての面子を優先して行動を開始したその時、彼らにはすでに死の影が忍び寄っていたのだ。兵士たちを殺したのは軍が抱えていた病理そのものだったといえる。終章で語られる二挺の小銃を巡るエピソードに、その異常さが集約されている。

新田の筆致は冷徹を極める。不可避の運命へと向けて行軍していく者たちの姿が眼前に浮かび上がるが、押し止めることは不可能なのである。読者は、一つ、また一つと命が失われていくさまを、ひたすら見つめ続けなければいけない。(恋)

評者:徹夜本研究会

(週刊文春 2017.3.16号掲載)

内容紹介

日露戦争前夜、厳寒の八甲田山中で過酷な人体実験が強いられた。神田大尉が率いる青森5聯隊は雪中で進退を協議しているとき、大隊長が突然“前進"の命令を下し、指揮系統の混乱から、ついには199名の死者を出す。少数精鋭の徳島大尉が率いる弘前31聯隊は210余キロ、11日間にわたる全行程を完全に踏破する。両隊を対比して、自然と人間の闘いを迫真の筆で描く長編小説。


登録情報

  • 文庫: 331ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1978/2/1)
  • ISBN-10: 4101122148
  • ISBN-13: 978-4101122144
  • 発売日: 1978/2/1
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 80件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 15,164位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
長年にわたる気象庁勤務と、登山家としての経験を持つ著者の新田次郎氏。

「強力伝」「富士山頂」など、山と人間の極限のせめぎあいを数多く描いてきたその筆力は、

この作品でもいかんなく発揮されている。

明治35年、目前に迫った日露戦争。ロシアの陸奥湾封鎖の想定のもと、八甲田山雪中行軍は行われた。

咆哮する風の音、重く沈む灰色の空と雪煙、骨まで凍らすような寒気。

小説を読み進めるうちに、第三十一聯隊および五聯隊の隊士たちとともに、

読者も白魔の世界に引きずり込まれるかのような迫力がある。

雪中の死の彷徨、あるものは発狂し、あるものは眠るように倒れ、追い詰められてゆく第五聯隊の極限の状況が、

背筋にジンと来るような緊張感を持って迫ってくる。

事実を元にした作品であるから、全体に記録文学的な筆致で構成されているが、完全な実録ではないことは知っておきたい。

士官の名は実名を窺わせながらも変更されているし、所々潤色も見られる。

実名と仮名が併記される場面などでは、やや読者を混乱させる面もある。

しかし新田氏の本作における目的は、事件を完全
...続きを読む ›
コメント 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
明治陸軍の山岳遭難事件を描いた有名小説。非常に読みやすい。
自然と人間、組織、指揮系統などなど、読み手によってはテーマの感じ方が変わる作品。
この八甲田山遭難事件は実際に起こったことだが、本書に登場する人物たちはすべて仮名になっている。少し調べれば実名などもすぐにわかるものだが、あくまでこれは小説として書かれており、完全なノンフィクションではない。
この本が出版されたのは昭和46年、前年の45年に遭難生き残り最後の一人が91歳で亡くなったという。遺族も大勢いるわけであり、なかなか堂々と実名では扱いにくいと著者も取材ノートに書いている。
実名では都合が悪いというのは、この事件が指揮系統や責任問題という側面に照明を当てねばならないからである。そしてそれは現代的な組織の問題にも連なってくるわけで、大衆に多く読まれた背景もそういうところにあるといえる。
しかし最後まで読み進めてゆくと、やはり組織の問題である前に、人間と自然というもののかかわりに思いを馳せないわけにはいかなかった。
近代以降人々は自然を機械力に任せて克服する姿勢へと傾いていった。しかし大地に根を下ろし、その恩恵に頼って生きている現実は昔も今も根源的には変わっていない。
その点を無視して傲慢に克服しようとする人間の業は、こういう局地的な事件からも感じ取ることが出来るはずである。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 「天はわれわれを見放した。」ってフレーズで有名ですね。
映画化されたのはどのくらい前でしょうか。

 大学生になって、この本を読んで、いたく感激して、このルートを自転車で
走りにいきました。青森まで五日間。ねぶたをはねて、さてと気合を入れて。
当然夏の暑い盛り。青森の緑って綺麗なんです。細い道を捜し歩いて、山の麓に
たどり着くと、いきなりの急勾配。急勾配の途中には民家が二三軒。そこから
先は酸ヶ湯まで家はありません。
 大体自転車と荷物で55kg。人間が60kgとして、ほぼ120kg。時速はおよそ5km。
延々4時間半。八甲田山ってピークがない、というかピークの集合なので。
目標が絞りにくい、見えにくい、ゴールの見えない辛い道。
 ようやくたどり着いた酸ヶ湯では、短い夏の日差しが、ゆらゆら揺れるコス
モスのつぼみを静かに照らしていました。
 そこから始まる下りは、約一時間くらいのジェットコースター。十和田の
景色が迎え入れます。
 十和田は静かで、奥入瀬は美しく。宇樽部の峠。待ち受ける発荷峠。
 このルート。尾根に、谷に、山裾に、何百人の兵士が沈んだのです。
 恐らく急勾配の民家が、このお話に出てきた、そんな行軍
...続きを読む ›
2 コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
昭和生まれの方々は知っている、北大路欣也が演じた神田大尉の「天は我々を見放した」
の絶望の淵の辞世のような台詞が印象深い「八甲田山」。

映画を観たのははや数十年前のこと、当時は若い高倉健が人気で邦画としては随分と
ヒットしたような記憶があります。

通っていた小学校では「天は我々を見放した」と「あっしには関わり合いのねえ事でござんす」
「謀ったな柳生!」という台詞が流行っていた。

もとい、昭和生まれの方なら観た人が多いはずの名作映画の原作が本作。

日本国陸軍の病んだ思想が原因で歴史上類をみない大遭難事故が起こった。
と言っても過言ではないと言えるでしょうね。
栄誉や誇りが最優先で人命など蔑にする風土が陸軍にはあった。
古代の時代から戦いは陸で行われてきたがゆえに陸軍こそが日本軍。
武士道が最も発揮できるのが陸軍である、海軍など黙っていたまえ!
意味不明の根拠や風習などにより自ずと陸軍は格上となり、軍人たちは
一層に傲慢で利己的で封建的だったのでしょう。

艱難辛苦の雪中行軍において、兵卒や士官達の生死に影響するような訴えなど
上訴できる雰囲気は無く、冬山に関する知識経験不足を棚に
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー