ポイント: 21pt  (3%)  詳細はこちら
無料配送 6月28日 火曜日詳細を見る
または 最も早いお届け日 配送 本日 8 時間 23 分以内にご注文の場合。 詳細を見る
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
八月の六日間 (角川文庫) がカートに入りました
配送料 ¥256 6月 29-30日詳細を見る
または 最も早いお届け日 配送 6月28日 火曜日詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に出荷可能です。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
シェアする
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

八月の六日間 (角川文庫) 文庫 – 2016/6/18

5つ星のうち4.0 85個の評価

価格
新品 中古品
単行本 ¥2,120 ¥1
文庫
¥704
¥704 ¥1

購入を強化する

よく一緒に購入されている商品

  • 八月の六日間 (角川文庫)
  • +
  • バッグをザックに持ち替えて (光文社文庫)
  • +
  • 山女日記 (幻冬舎文庫)
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

雑誌の副編集長をしている「わたし」。柄に合わない上司と部下の調整役、パートナーや友人との別れ…日々の出来事に心を擦り減らしていた時、山の魅力に出会った。四季折々の美しさ、恐ろしさ、人との一期一会。一人で黙々と足を動かす時間。山登りは、わたしの心を開いてくれる。そんなある日、わたしは思いがけない知らせを耳にして…。日常の困難と向き合う勇気をくれる、山と「わたし」の特別な数日間。

著者について

●北村 薫:1949年埼玉県生まれ。高校教師を務めるかたわら、89年『空飛ぶ馬』で作家デビュー。91年『夜の蝉』で日本推理作家協会賞、09年『鷺と雪』で第141回直木賞、15年には第19回日本ミステリー文学大賞を受賞した。エッセイや評論、編集の分野でも活躍している。近著に『八月の六日間』『太宰治の辞書』『中野のお父さん』など。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ KADOKAWA/角川書店 (2016/6/18)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2016/6/18
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 文庫 ‏ : ‎ 322ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4041042178
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4041042175
  • 寸法 ‏ : ‎ 10.7 x 1.3 x 15 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.0 85個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

北村 薫

1949(昭和24)年、埼玉県生れ。早稲田大学ではミステリ・クラブに所属。母校埼玉県立春日部高校で国語を教えるかたわら、’89(平成元)年「覆面作家」として『空飛ぶ馬』でデビュー。’91年『夜の蝉』で日本推理作家協会賞を受賞。作品に『ニッポン硬貨の謎』(2006年本格ミステリ大賞評論・研究部門受賞)『鷺と雪』(’09年直木賞受賞)など:本データは『1950年のバックトス (ISBN-13:978-4101373324 )』が刊行された当時に掲載されていたものです)

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
85 件のグローバル評価

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年1月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2017年8月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 久しぶりに2回目読みました。
2017年8月4日に日本でレビュー済み
3年前に新刊にて購入し、1回読んだだけで
本棚にしまってたのを、今夏の登山行のあいまに
ふともう一回、よみました。

 アラフォー独身女子の、山行日記小説で
特に北アルプスを題材にした
 「10月の5日間」「8月の6日間」
 を、『山と高原の地図』で軌跡をなぞりながら
 読みました。
ふわふわしたタッチでサクッと読めて
何度読んでも、秀作だと思いました。
 ぜひとも続編を期待したいです!
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2021年3月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年10月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2018年1月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2018年10月13日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2017年8月8日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2016年9月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する