中古品:
¥ 1,758
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【中古品にしては美品です】 状態:ケース B+ ディスク B+ コンデション 説明 【A:新品同様】 【B:普通品=微小傷、僅かな傷、など】 【C:やや難=多数の傷、テープ補修、背割れ有など】 【D:難=針飛び、ジャケひどい難など】 ("+,-"はそのランク内での評価。主に眼視による確認です) ◆(注)評価は当方の主観によるものです。人によって感覚が異なりますので、おおよその目安とお考え下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

八つ墓村 [DVD]

5つ星のうち 4.4 100件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:12¥ 1,401より

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック



登録情報

  • 出演: 萩原健一, 山崎努, 小川真由美, 藤岡琢也, 渥美清
  • 監督: 野村芳太郎
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 松竹ホームビデオ
  • 発売日 2002/04/21
  • 時間: 151 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 100件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000063EG1
  • EAN: 4988105023772
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 77,019位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

商品の説明

ご覧いただきまして、ありがとうございます。★【国内正規品】【中古良品】【映像特典付き】です。★当店はAmazon以外で併売していない Amazon専用在庫です。ご注文いただきましたら、Amazonより、【即日発送】致します。★当店では、商品全体を除菌用アルコールで消毒し、清潔な状態でお届けするためにクリーニングをして、その上で透明OPPポリパックでカバーをしております。その際商品にダメージが残らないように細心の注意を払って行っております。★この状態で、Amazon倉庫へ納品しておりますので、コンディション通りの品質を保持している商品であります。

Amazonレビュー

   横溝正史の同名ミステリ小説を松竹映画の巨匠・野村芳太郎監督が映画化し、大ヒットを記録した超大作。東京に住む辰弥(萩原健一)は、自分を探していた祖父が目の前で毒殺死したことを機に、故郷の八つ墓村を訪れた。そこは戦国時代の落武者惨殺の伝説に彩られた地であり、やがてそこで謎の連続殺人事件が勃発する…。
   名探偵・金田一耕助には渥美清が扮しているが、ここでの彼は語り部に徹している。日本中の鍾乳洞をロケしてつなぎあわせた村の地下洞シーンや落武者惨殺、村人32人殺し、寺田家炎上などおどろおどろしい映像的見どころも多いが、それよりも大きな特色は謎解きミステリを超えて、怨念の実在を説く映画独自のストーリー展開。
   また、原作の舞台は戦後だったのを、映画では現代(1977年)に設定したことで、祟りという概念が今なお根強く人心に根付いていることを、より強く印象づけることにもなった。(的田也寸志)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
今まで見た中で最も恐かった映画は何か、という話題で盛り上がったことがあります。この『八つ墓村』をホラーにくくってしまうのは暴挙ですが、子どもの頃に地上波で見て、しばらくは夜恐くて1人で寝ることが出来ませんでした。私にとっては等身大の「最も恐かった映画」です。その場でも絶大な賛同を得ました。みんなあの落ち武者殺しや山崎努の殺人鬼、そして鍾乳洞での豹変・追いかけられるシーンを強烈に覚えていたのでした。
 この映画では推理小説としてのロジックな面は後退していると言えます。でも我々が金田一シリーズに持っている印象は、旧家の因襲と愛憎と「おどろおどろしい」事件の数々であり、この『八つ墓村』こそ最もそのイメージに近いものなのだと考えられます(当時あれほど怪奇趣味で喧伝された『犬神家の一族』は今見ると案外スマートな切れ味です)。戦国時代から続く怨念の輪廻。芥川氏による重厚な音楽もこの作品世界にぴったりです。
 主人公の辰弥の体験は当時の若者が求めて彷徨した「自分探しの旅」に他なりません。その結果日本の原風景とも言えるものに出会うのですが、同時にそのカタストロフィの現場をも目撃することになるのです(『悪霊島』での古尾谷雅人の役柄も同じです)。当時日本の各地で大小こそあれ同じ現象が起こっていたのではないでしょうか(田中角栄の「列島改造」論で日本中に高速道路が作られ出すのもこの頃)
...続きを読む ›
1 コメント 116人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
私も小学生の時TVで見てトラウマを受けてしまった人間の一人です。何しろ2-3か月の間、夜一人で寝ることが出来ずに父親に添い寝してもらっていたくらいでした。 30過ぎになるまで,私はホラー映画が大嫌いで、ほとんど見ることがありませんでした(今はおくれを取り戻さんとばかりに結構見ていますが)。理由をいろいろ考えてみるに、どうもこの映画が原因だったのではないかと思います。恐い話はそれ以前から苦手だったのですが、今振り返ってみると、この映画が最初から最後まで見た初めてのホラー映画(ではないんでしょうが、私の中ではそうなっています)だったような気がします。免疫ほとんど0の状態で、初めて見た怖い映画がこれじゃあ、ホラーをその後見れなくなったのも無理はないでしょう。
ーで、20数年ぶりに友達と一緒にこの作品を見直しました。さすがに今見ると落ち武者惨殺のシーンなんか全部作り物とわかってしまい、それほど怖くはありませんでした。 しかしそれとは別に、映画そのものの完成度に驚かされました。あの狂走する山崎努を横からとらえたスローモーションなんか、ちょっと息をのむような美しさ。犯人がクライマックスで見せるあの“眼”なんか、恨みの固まりと同時にどこか悲しそうで、怖いやら美しいやらー、もう何とも言えません。 物語自体はめでたしめでたしで終わりますが、何とも言えない不気味な感覚は観客の胸に永遠に残りま
...続きを読む ›
コメント 94人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 原作とは少し内容が違っています。原作ファンは文句があるかも知れませんが、映画は上映時間の制約があるため、原作通りではなかなか収まりきらなかったのだろうと推察します。キャラの整理にとどまらず、謎解きのキーポイントまで整理してしまったという大胆さですが、映画として何を中心におくかを明確に据えたところは、結果として成功作だと思います。
 そもそも原作も単なる謎解きのミステリーには収まりきらない要素を持っていますが、映画はさらにそれをはっきりと表現したといえるでしょう。渥美清が金田一耕助というところからして見所なのですが(寅さんとは全然違います)ラストに謎解きをする、いつものシーンそのものがどんでん返しの始まりというところも、最後まで目が離せません。尼子伝説をベースとした戦国時代の伏線が、かなりしっかりと描かれ(夏八木さんが使われてますし)それが全体を貫くイメージとしてしっかり確立しています。このことから見ても、これは一級のエンターテイメント作品であって、必ずしも純粋なミステリーではありません。
 野村芳太郎監督が作り上げる映像がともかく美しい。村人の大量虐殺シーンですら、ぞっとするほど美しい。まるで丑の刻参りみたいな格好で夜景に花ビラが舞う中を走ってくる犯人(山崎努)の姿すら、美しく見えてしまうほど。この映画のポイントは、こうした心洗われるような美しい農村風景が、美
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 きんちゃん。 トップ1000レビュアー 投稿日 2015/7/29
形式: DVD
同年代以上の方は記憶しておられるであろう。
「たたりじゃぁ~~八つ墓明神がお怒りじゃぁあ~!」

小学生だった俺は観にいったよ、映画館に。
落武者が村人に鎌で胸を裂かれるシーン、雷雨の中、生首となった尼子義孝(夏八木勲)が目を剥いて笑うシーン、多治見要蔵(山崎努)が、桜吹雪の中を走り、こちらに向かってくるシーン、そしてクライマックス、鍾乳洞の中で、化け猫らしきものに変貌したある人物(俳優名伏せます)が、男(左に同じ)を追いかけるシーン・・・・大人になった今見ても、げに恐ろしき場面の数々・・・小学生には強烈すぎた。

それら映像だけでなく、この映画をさらに強力に印象付けるのは、芥川也寸志による音楽だ。
前述した、桜吹雪と村人殺戮シーンで流れる「ズンズズンズズズ ズンズズンズズズ  ファーファーファ~~♪」と、鍾乳洞での追っかけシーンでの「♪ドコどこドコどこドコどこドコどこ・・・」という太鼓の連打。
これまでの人生で、これらのメロディーを何度、脳内で鳴らす出来事に出くわしたことか(追い詰められて)(^_^;)

松竹映画らしく、渥美清、下條正己、岡本茉利、笠井一彦、羽生昭彦、吉岡秀隆らも出演している。
そして、寅・・・もとい、金田一耕介(渥美清)は、例によって事件は解決するが、
...続きを読む ›
1 コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック