ポイント: 31pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 6月22日 火曜日 詳細を見る
最も早いお届け日: 本日
2 時間 49 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
八つの人生の物語―不確かで危険に満ちた時代を道徳的... がカートに入りました
お届け日 (配送料: ¥270 ): 6月23日 - 25日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 帯なし。カバーに傷、折れ、少ししわよれあり。中身に少し焼け、折れあり。即日か翌日にゆうメール(追跡番号なし)で発送いたします。3
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

八つの人生の物語―不確かで危険に満ちた時代を道徳的に生きるということ 単行本 – 2011/10/19

5つ星のうち5.0 4個の評価

価格
新品 中古品
単行本, 2011/10/15
¥3,080
¥3,080 ¥2,600
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 八つの人生の物語―不確かで危険に満ちた時代を道徳的に生きるということ
  • +
  • ケアをすることの意味:病む人とともに在ることの心理学と医療人類学
  • +
  • 他者の苦しみへの責任――ソーシャル・サファリングを知る
総額: ¥9,460
ポイントの合計: 94pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ハーバード大学教授、精神科医アーサー・クラインマンが語る本当に大切なものとは何か。

著者について

A.クラインマン:ハーバード大学教授、精神科医
皆藤 章:京都大学大学院教育学研究科教授、文学博士、臨床心理士

出版社より

アーサークラインマン  ケアをすることの意味 病いの語り アーサークラインマン 医療人類学 医療 合理性 経験
八つの人生の物語 不確かで危険に満ちた時代を道徳的に生きるということ ケアをすることの意味 病む人とともに在ることの心理学と医療人類学 病いの語り 慢性の病いをめぐる臨床人類学 医療・合理性・経験 バイロン・グッドの医療人類学講義
著者 アーサー・クラインマン 著 アーサー・クラインマン 著 アーサー・クラインマン 著 B.J.グッド 著
皆藤 章 監訳 高橋 洋 訳 皆藤 章 編 江口 重幸 著 江口 重幸 訳 五木田 紳 訳 上野 豪志 訳 江口 重幸 訳 五木田 紳 訳 下地 明友 訳 大月 康義 訳 三脇 康生 訳
内容紹介 人間であることの意味を問い、生存に関わる道徳的体験をくぐることを余儀なくされた激しい人生を生きた八人の男女の物語。戦争、グローバリゼーション、貧困、社会的な不正等、現代の混乱した問題点を通して、「私たちはいったい誰なのか」を探求する倫理への画期的なアプローチ。 現代においても、ケアはそれがどこでなされるにしろ人間の体験におけるひとつの基礎となる道徳的・人間的な意味のある実践であることは確かである。それは人間であるということの価値に深く関わっており、経済性や合理性によってその価値が乱暴に貶められることにあらがうものである。本書では、ケアをすることに関する深刻な議論を喚起し、医学・看護・心理学教育と実践・研究におけるケアの位置づけの再考を促す。その一方で、患者や家族やコミュニティにおいてケアをすることの意義を訴える。 本書は、慢性の病いをかかえた患者やその家族が肉声で語る物語を中心に構成されている。生物医学が軽視しがちな病いの「経験」と「語り」に耳を傾けてその意味を理解することが、現代の医療やケアに最も必要であることが明らかにされる。 医療人類学の四半世紀の流れを俯瞰する本書は、意味を中心とするアプローチ、病いの再現=表象理論、批判的現象学、物語論、読者反応論等を駆使しながら、医療・病いを社会的・文化的・美学的文脈から描き出す。病いや患うことの意味を徹底して問おうとする本書は、豊かな臨床知の宝庫であり、21世紀に架橋する記念碑的な著作である。
野の医者は笑う 東畑 医療人類学 日本のありふれた心理療法 心理療法家の人類学
野の医者は笑う 心の治療とは何か? 日本のありふれた心理療法 ローカルな日常臨床のための心理学と医療人類学 心理療法家の人類学 こころの専門家はいかにして作られるか
著者 東畑 開人 著 東畑 開人 著 ジェイムス・デイビス 著
東畑 開人 監訳 中藤 信哉 訳 小原 美樹 訳
内容紹介 ふとしたきっかけから怪しいヒーラーの世界に触れた若き臨床心理士は、「心の治療とは何か」を問うために、彼らの話を聴き、実際に治療を受けて回る。次から次へと現れる不思議な治療! そしてなんと自身の人生も苦境に陥る……。それでも好奇心は怪しい世界の深奥へと著者を誘っていく。武器はユーモアと医療人類学。冒険の果てに見出された心の治療の本性とはなんだったのか。「心が病むってどういうことか?」「心の治療者とは何者か」そして「心が癒やされるとはどういうことか?」 心理療法は必ず文化の中で行われる。だから、欧米で生まれた心理療法は、日本文化に合わせて変形したし、教科書に描かれる心理療法は、それぞれのローカルな現場の事情に合わせて妥協されざるをえない。そうやって、私たちのありふれた心理療法は営まれる。本書は、臨床心理学と医療人類学の二つの視点から、そのような文化と心理療法のダイナミズムを明らかにする。臨床心理学の専門性が問われる今、刺激的な心理臨床論が誕生。 「心理療法家とは何者か?」「心理療法家になるとはどういうことなのか?」本書はこの問いに対して人類学的に答えようとする。人類学者であり、心理療法家でもある著者は、訓練機関の本格的フィールドワークを行い、心理療法家に人類学の光を当てることを試みた。すると見えてきたのは、心理療法の「神話」が内面の奥深いところにまで浸透していくプロセスである。「心理療法家になる」とは、人間としての「変容」を含んでいるのである。従来とは異なる視点から心理療法家を読み解く書。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 誠信書房 (2011/10/19)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2011/10/19
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 356ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4414428637
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4414428636
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 4個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
4 件のグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2014年3月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年11月19日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告