全然大丈夫 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 注)レンタル専用商品でディスクは1枚です。メーカーの承諾を得て販売している正規品です。★ケース交換、クリーニング済み。ジャケット、ディスクに若干のスレがありますが全体的に良好な状態です★レンタル用ラベルなど商品を傷つける恐れがある場合には剥がさずにそのままの形での郵送となります。(説明書等は入っておりません)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,588
1pt  (0%)
通常配送無料 詳細
発売元: 玉光堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

全然大丈夫 [DVD]

5つ星のうち 4.1 21件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,990
価格: ¥ 3,380 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 610 (15%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
新品の出品:3¥ 3,380より 中古品の出品:9¥ 1,020より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 全然大丈夫 [DVD]
  • +
  • さば [DVD]
総額: ¥4,892
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 荒川良々, 木村佳乃, 岡田義徳
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2008/08/29
  • 時間: 110 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 21件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0019M5GFM
  • JAN: 4988013599840
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 121,322位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

荒川良々、木村佳乃、岡田義徳共演の異色コメディ。古本屋の長男でオタクな照男。ある日、彼の幼馴染み・久信の会社にあかりという女性が入社する。しかし、不器用過ぎて会社を辞めることになってしまった彼女は、久信に照男の店を紹介される。通常版。

内容(「Oricon」データベースより)

荒川良々初主演、あり得ないほど不器用で想像以上に愛おしい男女3人の恋の行方をコメディタッチで描いたラブストーリー。古本屋の長男、照男のビッグな夢は世界一怖いお化け屋敷を作ること。しかし現実は30歳目前で植木屋のアルバイト。人生の“壁”を感じていた現状に少し不安を抱き始めたある日、強烈に不器用な絵描き、あかりが現れて…。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ito4188 VINE メンバー 投稿日 2008/9/5
コミカルなシーンが個人的にはことごとくツボで、随分笑わせてもらいました。間の取り方とか場面転換のタイミングが絶妙で、コメディというものをよく分かっている方が創っているなという印象を受けました。
笑いだけではありません。ちょっとした描写にも丁寧な演出がされており、各登場人物の人となりが鮮やかに立ち上がってきます。例えば木村佳乃さん演じるあかりが、自作の絵を買いたいと言ってきた男性を捜して町中を駆け回り、道ばたにいた女の子に男のことを訪ねる場面。地味ですが、彼女の持つやさしさがしっかり伝わってくるとても良いシーンだと思いました。
他の登場人物も皆愛すべき魅力的な人々で、観ているうちにじんわりと暖かい気分になってきます。結末はちょっとほろ苦い感じですが、鑑賞後の気分はさわやか。久しぶりに「出会えて良かった」と思えた映画でした。
それにしても木村佳乃さん、「河原でホームレスの老女の絵を描くのが趣味の、ちくわが大好きな超不器用女」という、文字にするのと何がなにやら分からない役を大変チャーミングに演じています。もともといろいろな役をこなす器用な方だというイメージがありましたが、この映画ですっかりファンになってしまいました。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
こののんびりした 学生が作ったような映画はなんだ。
といいながらも、なんかホンワカしてくるのは何故だろう。
古本屋の息子 照男(荒川良々)は植木職人。
ホラーグッズを収集し、そのグッズたちが楽しい。
将来は 超豪華なおばけ屋敷を作りたいと思っている。
古本屋のオヤジ(蟹江敬三)は、どうも身体の調子というか精神の調子がおかしい。
清掃会社の小森(岡田義徳)は八方美人のサラリーマンで、断ることができない。
照男と小森は友人である。
木下あかり(木村佳乃)は 画家志望でホームレスの芸術家のおばさんを観察しながら絵を描いている。
絵のタッチが 実に濃くていい。ナンだろう、あの作風。
ちくわが大好物で いつもちくわを携帯し食べている。
そんな あかり であるが 不器用な上に不器用。
ティッシュの箱を開けることもできないしエレベーターのボタンを押す時に 指を骨折したりする。
あかりが 清掃会社に 就職の面接をするときに、小森は面接し 採用する。
何故採用するのかわからないが一目ぼれみたいなところがある。
結局、あかりは失敗ばかりして 退職する。
小森は オヤジが失踪したので あかりに手伝うように進める。
照男は あかりが好きに
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
ストーリーを書いてもこの映画はしょうがないだろう。
みんな少しずつ変な所を持っていて
それで日常は回っていく。
そういう映画だからである。

奈良について行ってからの木村佳乃の台詞だが、
あれは、ですマスでしゃべらせなければならない。
ここは監督のミスだ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
非常に通俗的には、今の時代を若者が生き抜くには、友達、手に職、そして微妙なコダワリが必要。というか、これが揃っていれば、全然大丈夫ということでしょうか。そういうことを言っている映画のような気がします。憩うために必要な3拍子。
それがないんで、蟹江啓三は家出してしまうが(親父さんなので若者ではないが)、最後にはなんとなく条件が充たされた様子なので、”多分、大丈夫”ぐらいにはなっているんでしょうね。よかった。
この3条件が充たせないと大丈夫じゃないので、友達とコダワリはなんとかなるとして、家作がない身としては手に職をつけなきゃと思ってしまいましたね。若者じゃないので今更ですが。
映画的には、緩いコメディ基調の楽しい映画です。ギャグも、「転々」とかのテイストが好きな人にはいい感じでしょう。
楽しんだ映画ですが、荒川良々の出番がもっと多いと5つでした。舞妓Haaanの阿部サダヲくらい、良々をもっとたっぷりでお願いしたいのです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
タイトルは『全然大丈夫』ですが、世間的には大丈夫じゃないひとたちばかり登場する作品です。
ものすごいおばけ屋敷を作るという計画をもつ荒川良々や不器用な芸術家木村佳乃、どうしても人に嫌われたくない岡田義徳の3人のラブストーリーに比較的大丈夫な人であるココリコ田中が現れることにより、転がっていく物語です。
自分に自身のない人や不安をもっている人(自分もですが・・・)がみるとホッとできる映画です(もちろん一時の気休めですが)。まあ、映画ってそういうもんですが・・・。
近頃流行りの脱力系作品の中では、ひとつ頭が出ている作品です。
ちなみに、鳥居みゆきも出ています(わかりにくいですが)。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す