中古品
¥ 1,153
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●ページは良好な状態です。●カバーなどの外観は、中古のため多少の使用感や擦れ、ヨレ、細かな傷があることがありますが、良好です。●帯なし●
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

全戦型対応 穴熊の戦い方 (マイナビ将棋BOOKS) 単行本(ソフトカバー) – 2014/2/14

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 999
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 将棋| 将棋入門、手筋マニュアルなど将棋の指し方から、将棋世界(雑誌)など、幅広いジャンルの本をラインアップ。将棋の本ページへ。


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

穴熊のスペシャリストが語る、穴熊の指し方と勝ち方!

「本書は現代将棋には欠かせない穴熊だけにスポットライトを当てて堅さを生かす戦い方から手筋を中心に書いた本です」

現代将棋を語る上で、絶対に外せないワード、「穴熊」。
その優秀さはプロ・アマ問わず広く認知されています。
これまでの将棋の戦術書はすべて「○○戦法」について解説するものでしたが、本書は相居飛車、対抗形、相振り飛車、あらゆる戦法を「穴熊」というキーワードを手に横断する、これまでにない画期的戦術書です。各戦法の序盤、中盤、終盤に分けてそれぞれ穴熊で勝つためのポイントが解説されています。
序盤の組み方を間違えず、中盤の戦い方や仕掛けを学び、穴熊特有の終盤の手筋をマスターすれば、それは現代将棋において最大の武器を手に入れたといって過言ではありません。

佐藤和俊五段が放つ渾身の穴熊指南書。
穴熊に囲って、大駒をどんどん切って豪快に勝ちたい方に、ぜひ読んでいただきたい一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

今日から使える穴熊戦特有の手筋が満載!!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 240ページ
  • 出版社: マイナビ (2014/2/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4839950164
  • ISBN-13: 978-4839950163
  • 発売日: 2014/2/14
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 256,640位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
対抗系の穴熊(振り飛車穴熊、居飛車穴熊両方)、相振り穴熊、相居飛車穴熊(矢倉、角換わり)において、理想形を目指すための一冊です。

穴熊は固い囲いですが細い攻めを繋ぐ必要があり、漫然と組むと攻撃力不足になりがちです。

そんな時に、この一冊で穴熊が目指すべき局面・穴熊に組んだ後の攻め方や手筋を学ぶことが出来ます。

ただし、テーマとした戦型が多く、細かい変化手順を網羅した一冊ではないので、オールラウンダー向けの一冊といえるかもしれません。
(私は横歩取りと相掛かりを指さない準オールラウンダー党なのでぴったりでしたが。)
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
穴熊の中終盤の戦い方に絞った棋書。
対象としては,穴熊は有利とはいうけれど,穴熊に組んでも思ったより勝てない,むしろ終盤の粘りが効かないという中級者(意外とありがち)なのかなあと思います。
類書としては広瀬先生の広瀬流穴熊 終盤の極意になりますが,それと比較すると,実戦に縛られない分とりあげられている局面の数も多く,穴熊に関する基本的な応対が網羅されている印象。穴熊感覚の手を学ぶという意味ではこちらのほうが本書の方が好印象です。
逆に,たくさんの変化を載せるために,早い段階で「これにて寄り」とバッサリ切り捨てる筋が多いのは人によっては気になるかもしれません(広瀬本の場合には,そこのところはかなり丁寧)。あと,単純な誤植が多いのが玉に瑕。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
佐藤和さんのいままでの著書に比べてこの本は、ちょっと棋力対象範囲を広げすぎた感じが否めない。

一応 級位者。初段。3段にランク分けしているが考えかたによったら楽しめる範囲が少ないとも言えるのかな。
テーマも居飛車穴熊。振り飛車穴熊、相振り飛車、相居飛車のわかれそれぞれ序盤 中盤 終盤 といった感じなんで
欲張っているといえば欲張っています。

ひと通り読んだ感じでは、もうひとつ記憶に残りにくい感じの構成です。
やはり 以前に穴熊の著書であった テーマ図を設けてそれを読者自身も考えながら解説を加えていくほうが
身につきやすい気がするのは私だけかな?

素材のひとつひとつはいいのですが、全体としてばらけている感じがしましたので★3つとしました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
穴熊の指南書である本書は,穴熊の組み方ではなく組み上げた後の戦い方を記した棋書です.
振り穴,居飛穴,相穴熊全てを網羅(というほどではないですが)されているので
穴熊に組んだ後の戦い方を知りたいという方はお買いになると良いと思います.

ただ,誤字脱字がかなり多いので★4とします.
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す