¥ 2,376
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
全国版 あの日のエロ本自販機探訪記 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

全国版 あの日のエロ本自販機探訪記 単行本(ソフトカバー) – 2017/4/19

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2017/4/19
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 2,000

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

昭和の街角にあったエロ本自販機はまだあるのか!?
日本全国を駆け回るエロ本自販機探しの旅!
このネット社会で、誰が自販機でエロ本を買い、
誰が仕入れ、誰が自販機に品物を入れているのか?
誰も撮影してこなかった忘れ去られたエロ文化遺産をアーカイブ化したキワモノ写真集にして、
くだらなすぎて誰も手をつけてこなかったジャンルに堂々切り込む一級ノンフィクション!
「いかにして自販機を探し出すのか」「設置場所に傾向はあるのか」」
「いつだれがどうやって自販機を設置するのか」。エロ本自販機の謎と
その美しき佇まいに迫る、圧倒的ノンフィクション&写真集!

内容(「BOOK」データベースより)

昭和の街角にあったエロ本自販機は、まだあるのか!?日本全国を駆け回るエロ本自販機探しの旅!このネット社会で「誰が自販機を設置し、誰がエロ本を買い、誰がどこで仕入れ、誰が自販機に商品を入れているのか」?くだらなすぎて誰も手をつけてこなかったジャンルに堂々切り込むノンフィクションにして、誰もが見て見ぬフリをし続けたエロ文化遺産をアーカイブ化した写真集。これまでも、これからも決して出版されない書籍の誕生。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 320ページ
  • 出版社: 双葉社 (2017/4/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4575312258
  • ISBN-13: 978-4575312256
  • 発売日: 2017/4/19
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,607位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

趣味が細分化し、求める人の数は少なくとも市場的価値が、
そこに見出されるものはある。
例えば、ビデオスルーでDVD化もされてないホラー映画のVHS。
ビックリマン以外のおまけシール。現場でしか買えないアイドルのCDR。
角型ヘッドライトの年式が魅力だとされてる中古車。
ものの価値はいつしかそのジャンル内で蛸壺化して、傍目からは
「よくわからいもの」に堕してしまう。
マニアックってそんな、ダサいもんだった?
果たして、昭和レトロという価値とは、何ものか。
出版業界を席巻する、三丁目の夕日的な世界観に覆われた、画一的で
「傍目からはよくわからない」価値を叩き切るのが、本作だ。

本書の景色は、たった今、息も絶え絶えながら、活きている景色だ。
エロ自販機で働く業者のインタビューも、エロ自販機で買うユーザーの息吹も、
エロ自販機を取り締まろうとする権力も、エロ自販機を面白がって語るネットの言説も、
そしてなにより、あの日、ドキドキしながらエロ本を自販機で買った俺の心も、
すべて、生きている。すべて、掲載している。
決して、物見遊山のB級スポット紹介本でも、大上段に構えたエロ社会学本でも、
サブカルに目配せしたおし
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
手に取るとズッシリ重たい320ページ。
北海道から九州まで自販機小屋の写真がカラーで紹介されているが、
この本の本命は記事ページです。昭和から現代まで続くエロ自販機の歴史や
自販機業者への取材など読み応え十分。
出てくる人たちがみんな人間くさくて、おもしろくてやがて哀しき人間ドラマが
詰まっている。NHKのドキュメント72時間にしてもらいたいような内容です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告