通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
全国森林鉄道 JTBキャンブックス がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
発売元 くまねこ堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 古本としては並程度です、よろしくお願いいたします。★amazon配送センターから迅速に発送されます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

全国森林鉄道 JTBキャンブックス 単行本 – 2001/10

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1,000

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 全国森林鉄道 JTBキャンブックス
  • +
  • 軽便鉄道時代 (キャンブックス)
総額: ¥2,538
ポイントの合計: 56pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『ライフ・シフト』特集
自分の生き方・考え方のシフトで人生が変えられる『ライフ・シフト』と関連作品をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、あまたある森林鉄道の中からその地方で比較的規模の大きかった路線を選択して解説したものである。

内容(「MARC」データベースより)

山で切り出された材木を麓の町や港の貯水場まで運ぶために敷設された「森林鉄道」。今はもう過去のものとなったたくさんの森林鉄道の中から、比較的規模の大きかった路線を選んで解説する。写真も豊富に収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 128ページ
  • 出版社: JTB (2001/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4533039790
  • ISBN-13: 978-4533039799
  • 発売日: 2001/10
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 438,657位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ニゴチュウ 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2015/12/10
形式: 単行本
1980年代のはじめ、私は母に連れられて夕張に行った。鉄道少年だった私は、ゴールデンウィークにどこに行きたいかと尋ねられて、当時、北海道で唯一旅客営業を行っていた私鉄、三菱石炭鉱業大夕張鉄道線(清水沢-南大夕張)に乗りたいと答えたからだ。

そして、私は、念願の大夕張鉄道に乗車し、新夕張に役目を譲った紅葉山駅の廃墟や、夕張鉄道が使用していた若菜駅の駅舎を発見し、大喜びしたのだけれど(変な子供でした)、シューパロ湖に来たとき、湖岸の反対側にかかる美しい立派な橋梁を見て、たいへん不思議な気持ちになった。というのは、大夕張鉄道の廃線区間は、自分がいる手前岸を通っていたはずだから。そもそも、こちらに一本鉄路があるのに、ダム湖の反対側にまで、もう一本鉄道を敷くことは考えにくい。しかし、その鉄橋は、見れば見るほど、鉄道橋だったという雰囲気を醸し出していた。

当時はインターネットも何もなかったし、周囲の大人たちも答を知らなかったから、私のこの謎が解けるまで、しばらく時間を要した。答えは「森林鉄道の廃線」だった。当時、私は森林鉄道がどれほどの規模のものか、まるで想像していなかったのだ。(ちなみに、シューパロ湖にかかる鉄橋は、「三弦橋」と呼ばれる有名な橋梁で、建築工学的にも貴重なものだった。その後も私はこの美しい橋を何度か見に行ったのだけれど、2014年にダ
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
名著「木曽谷の森林鉄道」と同じ著者によるものです。約130ページの本で,最初の数ページにカラー写真が使われています。各ページのほぼ半分を2〜3枚の写真が占めています。

日本全国に存在した林鉄のうち,比較的規模が大きかった50路線余りを,国有と民有に分けて解説しています。1路線1〜3ページと少ないのでエッセンス的な解説にとどまりますが,各路線の歴史や距離や車両などの情報が紹介されています。本のサイズが小さいので,写真も小さめのものが多いですが,当時の様子を知るには十分で有用だと思います。

また,「木曽谷の森林鉄道」とは異なり,価格が1400円と安く,かつ現行品なので気軽に入手や購入が出来る点が良い。先の方のレビューにある通り,林鉄というのは鉄道模型の範疇でもかなりマイナーで,さきのコメントより6年が経った現在でも,大型模型店では,それが鉄道模型専門店でも,全くナローの車体やパーツの扱いはありません。いわゆる町の専門の鉄道模型店で見かければラッキーと言えるようなものです。大人の鉄道模型と言ってよいでしょう。

この位マイナーなジャンルですが,その魅力の一端を垣間見ることが出来る本著は大変存在価値があると言えるでしょう。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
現在、07問題やNHKの放送で若干市民権を得てきた『鉄道模型』の中でもまだまだコア、マニアックなど思われている『ナローゲージ』モデルの参考、資料としても素晴らしいし、実車派のベース資料としても大枠のまとめとして素晴らしいとおもいます。筆者はこの後ろに相当膨大な資料を持っていると思われるところがまた良いですね。あえて各軌道1〜4頁程度に編纂しているところがこの書の価値と言っていいと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告