通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
全国アホ・バカ分布考―はるかなる言葉の旅路 (新潮... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 平成13年再版。カバーややイタミ。天部に少シミ。読むのに支障はありません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

全国アホ・バカ分布考―はるかなる言葉の旅路 (新潮文庫) 文庫 – 1996/11/29

5つ星のうち 4.7 28件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 47
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 853
¥ 853 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 全国アホ・バカ分布考―はるかなる言葉の旅路 (新潮文庫)
  • +
  • 蝸牛考 (岩波文庫 青 138-7)
  • +
  • 方言の日本地図-ことばの旅 (講談社+α新書)
総額: ¥2,473
ポイントの合計: 42pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

大阪はアホ。東京はバカ。境界線はどこ?人気TV番組に寄せられた小さな疑問が全ての発端だった。調査を経るうち、境界という問題を越え、全国のアホ・バカ表現の分布調査という壮大な試みへと発展。各市町村へのローラー作戦、古辞書類の渉猟、そして思索。ホンズナス、ホウケ、ダラ、ダボ…。それらの分布は一体何を意味するのか。知的興奮に満ちた傑作ノンフィクション。


登録情報

  • 文庫: 582ページ
  • 出版社: 新潮社 (1996/11/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101441219
  • ISBN-13: 978-4101441214
  • 発売日: 1996/11/29
  • 梱包サイズ: 15 x 10.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 28件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 37,811位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
百田尚樹さんのトークからこの本に興味を持って購入しました。
関西の長寿番組から始まった調査が方言集圏論の裏付けとなる結果を出すに至った顛末を面白おかしく書かれている一方で、日本人の言語、生活、情緒、価値観などをアホバカの伝搬を通して詳らかにしてゆく深淵かるダイナミックな論理展開に圧倒される名著だと思います。
書かれた時期は古いですが現在でも面白すぎてためになる一冊です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ハードカバーが何処かに行ってしまったので,
文庫を再購入です。

探偵ナイトスクープの名作ですね。
リアルタイムで観ていたので,懐かしいです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
「探偵!ナイトスクープ」という大阪制作の番組で東京と大阪の間に「バカ」と「アホ」の境界線があるはずだけどそれはどこ?という視聴者の投稿がきっかけで調査していくうちに、柳田國男の「蝸牛考」にたどり着くすごい本。アホを漢字で書くと「阿呆」。それが、南部中国でそのまま使える(ただし発音は「アータイ」)とか、馬鹿の語源は「馬と鹿の区別が付かない」というのは俗説(それなら「バロク」というはずだと解説している)で、本当は白楽天の「君見ずや 馬家の宅は尚お猶お存し、宅門題して奉誠園となすを」に由来すると述べるなど、アホとバカに関わる語源を網羅し、なおかつ堅苦しくなく読めるようしている究極のトリビア本です。1996年に初版が出たのに未だに廃刊にならず増刷が続いているのは傑作のあかし。一読すれば笑って楽しみながら、方言を覚えられます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
アカデミックエンターテイメントってもっとあるのでは?と思わせるないようです。一気読みでした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私は東京生まれですが学生時代京都で過ごしました。 その際、アホという言葉に強く心を惹かれました。 この本は「アホ・バカ」を中心にして「つまらない言葉」が京のはやり言葉として、全国に広がっていく過程を丹念に描かれている。
言語学者でもない民放のプロデューサーが素人なりに方言分布の調査と分析を基に、はやり言葉の忘れられていった偉大な歴史のあったこと、豊かな話しことばの世界がこの日本で育まれ続けてきたのだという事実には深い感銘を受けました。 是非読んでみてください。
コメント 64人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 題名は実に「タワケ」た題名ですが、中身は「アホ」でも「バカ」でも、まして「タワケ」た内容でもありません。
 「ことば」の伝播の速度なんて、考えたことがありますか? また、その伝播の速度が地形に影響されているなんて、想像ができますか? 読み進めていくと、実にいろいろなことに気づかされ、教えられる本です。

 大学時代、国文科に学び、故平山輝男先生の講義を受けたことがありましたが、柳田国男の「蝸牛考」は実証不能の、おそらく「仮説」だと信じていました。

 ところが、完成された「アホバカ分布図」を見ると、そこには紛うことなく柳田国男の「方言周圏論」が実在しています。もうそれだけで知的興奮を抑えることが出来ませんでした。
 まず、完成した「アホバカ分布図」を、とくとご覧下さい。そして、興奮を抑えながら本文をお読み下さい。題名が「タワケ」た題名でも、中身が知的好奇心を刺激する読み物であることを必ずや実感できます。日本文学、日本語学を学んでいる人ならば、必ず一度は手にとってもらいたい、読んでもらいたい一冊です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
アホと馬鹿について関東と関西の違いや全国との違いを興味深く読んだ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
久し振りに、読みました。
探偵ナイトスクープが、端緒になって当時は発刊されると直ぐ買いました。
この本は、日本文学或いは、言語学の賞を総なめにしてもおかしくない本です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
全国アホバカ分布考ーはるかなる言葉の旅路
時間つぶしと気分転換に最適 なかなか面白い。担当スタッフご苦労さま
2013年時点ではマスメディアの影響と関東においては関西系のお笑いが市場を制している感が有り方言とその地方独特の言い回しがなくなっていると思います「失くなっている)と言うより関西系に毒されているのかも
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
出だしは面白かったが、百田という男の名が出てくるあたりから不快感が増し、あの図々しいフテ顔が目に浮かんで読む気力を失った。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告