通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
全員少年探偵団 (一般書) がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 sasuke market
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なし。カバーに薄いスレ、角に小さい傷みがあります。本文部分はキレイです。Amazon配送センターより発送されます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

全員少年探偵団 (一般書) 単行本 – 2014/12/2

5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2014/12/2
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 495

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 全員少年探偵団 (一般書)
  • +
  • 少年探偵 (一般書)
  • +
  • 恐怖の緑魔帝王
総額: ¥4,860
ポイントの合計: 147pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【第156回芥川賞・直木賞】受賞作発表!
芥川賞は『しんせかい』 、直木賞は『蜜蜂と遠雷』に決定 受賞&候補作品一覧 へ

商品の説明

内容紹介

灰色の紳士カクイ。呪われた美しい首飾り。われらの少年探偵団。藤谷治が描く江戸川乱歩生誕120年記念オマージュ第二弾登場!

内容(「BOOK」データベースより)

あのとき、“彼ら”に憧れた全ての大人たちに―懐かしくて新しい!立ちのぼる空気、怪しげな匂い、全ての質感をそのままに、藤谷治が「少年探偵団」を現代に甦らせる!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 248ページ
  • 出版社: ポプラ社 (2014/12/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4591142485
  • ISBN-13: 978-4591142486
  • 発売日: 2014/12/2
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13.2 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 393,828位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

かつてファンだった作家による、パロディというよりも完全な続篇。
乱歩の少年探偵団特有の「ですます調」が見事に再現されてるし、ストーリーもいい。
ノスタルジーにおぼれない素晴らしいリメイクで、このラインでもっと読みたい。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 ポプラ社の江戸川乱歩生誕120年記念オマージュ、「みんなの少年探偵団」に次ぐ第2弾です。
 私たちが子どもの時に読んだ、スタイルを巧みに踏襲しています。カラー・カヴァーの表紙、挿絵、そして、なんといっても文体。
 限りなくオリジナルに近いと思います。
 内容は、言うまでもないと思いますが、幻の宝石をふんだんに使用した高価な首飾りを巡る、明智小五郎と怪人二十面相の争奪戦、 
 知恵比べです。当然、小林少年を中心とする少年探偵団の活躍も描かれています。
 しかし、これはあくまでも現代の物語。明智小五郎も細身のジーンズ姿で登場しますし、
 CD,DVDも登場します。宝石強奪の舞台もタレント・オーディションの会場です。犯人逮捕の時には、写メなんて言葉も出てきます。
 しかし、銭湯が出てきたり、描写自体は限りなく昭和20年代の雰囲気がプンプンするんですけど、この違和感、何とかなりませんか!!
 付け加えるならば、お話自体に魅力があまり感じられません・・・私が感じているだけなのかもしれませんが!・・・・・。
 私たちが、少年の時に読んだわくわく感がないのです!!
 読者の対象をどこに置いているかということもあるんだろうと思いますが、もう少し大人向きに書いてもいいのではないかと思います!!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
江戸川乱歩生誕120年オマージュ第二弾です。

子供の頃に読んだ、少年探偵団の世界がうまく再現され、かつ、携帯電話、インターネット、DVDなどの現代の技術も違和感なく組み合わされています。

オリジナルを再現しようと試みているためか、子供向けに仕上がっており、大人が読む分には少し物足りないです。登場人物等を同じにして、もう少し大人向きに書いたほうが、子供の頃、少年探偵団に夢中になった読者層に刺さったのではないでしょうか。

また、怪人二十面相を「らんぼうがきらい」と描写する一方、子どもを力強くで拉致させたり、安易に拳銃を使わせたりする部分で、怪人二十面相の品位を損なわせている点が残念です。

「探偵は、その人の身になって考えなければいけない。その人がただしいか、まちがっているか、だけじゃなくて、その人には、なにが、どう見えるかとかんがえなければいけない」と、子供たちに物事の見方を投げかける点で子どもに対する著者の思いが伝わりました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック