¥ 2,052
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
全体主義と闘った男 河合栄治郎 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

全体主義と闘った男 河合栄治郎 単行本 – 2017/2/15

5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2017/2/15
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 2,267

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 全体主義と闘った男 河合栄治郎
  • +
  • トランプvs.中国は歴史の必然である 近現代史で読み解く米中衝突
総額: ¥3,456
ポイントの合計: 105pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

右にも左にも怯まなかった日本人がいた!
河合栄治郎は左右の全体主義と闘った思想家です。
戦前の学界を席巻した「左の全体主義」マルクス主義の痛烈な批判者であり、
軍部が台頭すると、「右の全体主義」ファシズムをも果敢に批判。
著書の発禁処分、休職処分のさなか、昭和19年に53歳で亡くなりました。

上智大学名誉教授の渡部昇一氏は、河合栄治郎が長寿であったなら、
「日本のインテリは、30年も早くマルキシズムの幻想から自由になっていたであろう。
つまり河合の死は、日本の知的成熟をざっと30年遅らせたのである」という。

戦後の河合人脈は政財学界に根を張り、論壇を牛耳る進歩的文化人と対峙しました。
門下生の第一世代は、経済評論家の土屋清、社会思想家の関嘉彦、政治学者の猪木正道らで、
第二世代には、碧海純一(東京大学教授)、岡野加穂留(明治大学教授)、田久保忠衛(杏林大学名誉教授)、
伊原吉之助(帝塚山大学教授)ら、京都大学では高坂正堯、勝田吉太郎、木村汎ら各氏が、この人脈に連なります。

米国に守られながら反米を叫ぶという〝進歩的大衆人〟の精神の歪みは、日本を漂流させてしまう――。
日本の背骨を支える揺るぎない思想とは何なのか。歴史の転換点で、圧倒的な敵に挑んだ思想家、
河合栄治郎の闘いを通して、日本のありようを考える。

この思想家を知らずして、日本の将来を語るなかれ。

産経新聞長期連載「独立不羈 河合栄治郎とその後の時代」に加筆、再構成し単行本化

杏林大学名誉教授 田久保忠衛氏
北海道大学名誉教授 木村汎氏
京都大学名誉教授 竹内洋氏 絶賛! !

内容(「BOOK」データベースより)

右にも左にも怯まなかった日本人がいた!戦前、マルクス主義の痛烈な批判者であり、軍部が台頭すると、ファシズムを果敢に批判した。河合人脈は戦後、論壇を牛耳る進歩的文化人と対峙する。産経新聞長期連載「独立不羈 河合栄治郎とその後の時代」に加筆、再構成し単行本化。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 384ページ
  • 出版社: 産経新聞出版 (2017/2/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4819112996
  • ISBN-13: 978-4819112994
  • 発売日: 2017/2/15
  • 商品パッケージの寸法: 19.6 x 13.6 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 6,728位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
著者と同じ世代、70年安保の頃、神保町の「さぼうる」で頭でっかちの
議論をしていたことを思い出した。
しかし、恥ずかしいことに、河合栄治郎のことは知らなかった。
今回この本を読んでみて、こんな胆力のある思想家が日本にいたことに
驚いた。
この時代に生きていたならば、というのはあまりにも陳腐だが、
安保法制で「教え子を戦地に送るな」、憲法改正で「9条があったから日本は
戦争しなかった」など、耳障りのいい言葉で媚びるメディア、政治家、文化人の
いい加減さを嘆き、喝をを入れるはずだ。
ポピュリズムに毒されないためにも、河合栄治郎の気概に学びたい。
私は、その後の全共闘時代の、やや懐かしいエピソードや東大経済学部の
「白い巨塔」的ドラマも面白かったが、
若い人たちには、日本はどうあるべきかという点を意識して読んでほしい思う。
「学者に祖国あり」という愛国者としての振る舞い、戦後の連合軍占領時代を
見通した「有罪願望」にも感動させられた。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 I am that I am. トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2017/4/14
Amazonで購入
真のリベラルとは何か、関連書籍を読んでもよくわかりませんでした。
たまたま、本書を見つけましたので、試しに読んでみました。

昭和の激動期に真のリベラリストがいた、
というのがファーストインプレッションです。

河合栄治郎氏が定義し、体現したリベラリストとは以下のようなものです。
・祖国を心から愛するのが前提であること
・個人の人格を高めることを第一義とすること
・個人の自由を保証するために国があること
・国は政府だけでなく、様々な機能を複合した多元的なものであること
・政府による統治は民主主義によってのみ正当性が認められること
・適切な軍隊がなければ国民を守ることができないこと(日本国憲法第9条はダメ)
・社会の改革は民主主義により決まった政府によって緩やかに行われるべきであること
・右のファシズムも左のコミュニズムも専制・独裁なので絶対に認められないこと
・これらを確立・維持するために闘い続けること など

また、リベラリスト=自由主義者≠リベラルとのことです。

また、河合栄治郎氏は欧米でも認められた思想家であり、
GHQが戦後日本の在り方を検討する際に真っ先に門をたたいたとのこ
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
素晴らしい本でした。昭和初期から戦後にかけての世相がとてもよく理解できました。そして、河合先生が世論によい影響を与えてくださったことに感謝します。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告