Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 890

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[若山史郎]の入門Ansible
Kindle App Ad

入門Ansible Kindle版

5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版, 2014/7/30
"もう一度試してください。"
¥ 890

商品の説明

内容紹介

構成管理だけでなく、デプロイなどにも使える、シンプルで使いやすいツールで「Ansible」について、その特徴、インストール方法から使い方、大規模環境への適用の仕方などを解説。本書を読むとAnsibleのことが使えるようになります。



さらに、よくある質問や設定ファイルの解説、モジュールおよびpluginの作成方法など、経験者にも利用価値が高い内容も記載しています。




■ 目次

1章. はじめに
- Ansibleの特徴
- Ansibleはシンプル
- ChefやPuppetとの違い
- Ansibleは "Better Shell Script"
2章. Ansibleを使ってみよう
- インストール
- inventoryファイル
- モジュール (module)
3章. playbookを作ってみよう
- YAMLの文法
- playbookを書いてみる
- playbookの解説
- task
- handler
- よく使うモジュール
4章. 複雑なplaybookを作ってみよう
- 繰り返し -- with_items
- 出力を保存してあとで使う -- register
- 条件付き実行 -- when
- 成功するまで繰り返す -- until
- 外部情報の参照 -- lookup
- 変数を処理する -- filter
- キーボードから入力する -- vars_prompt
- 管理ホストで実行する -- local_action
- 実行するモジュールを変数で変更する -- action
- 環境変数を設定する - environment
- 失敗しても無視する - ignore_errors
- 非同期でtaskを実行する -- async
5章. 大規模なplaybookを構築してみよう
- 他のplaybookを読み込む -- include
- 推奨ディレクトリ構成 -- ベストプラクティス
- まとめて再利用 -- role
- 並列実行 -- fork
- 順々に実行する -- serial
- AWS EC2との連携
- ホストのリストを動的に作成 -- dynamic inventory
6章. コマンドラインオプションを使ってみよう
- ssh認証
- 対象ホストを制限する -- limit
- 実行するtaskを制限する -- tag
- dry-run実行 -- check
- taskを確認しながら実行 -- step
- 差分表示 -- diff
7章. 変数ファイルの暗号化 -- ansible-vault
- ansible-vaultの使い方
- 暗号化されたファイルの使い方
8章. 公開されているroleを使ってみよう -- Ansible Galaxy
- Ansible Galaxyとは
- roleの検索方法
- roleを手に入れる
- roleの使い方
9章. よくあるご質問
- 接続できない
- ControlPath too longというエラーが出る
- 実行しても途中で止まる
- inventory ファイルがなくても接続したい
- 一つのplaybookが複雑になってしまった
- python not foundというエラーが出る
- Windowsで使いたい
- ansible-playbookに変な絵が表示される
- ansibleが収集する変数を知りたい
- invalid type type 'list'と出る
- 変数を使った時に "Syntax Error" が出る
- "---" はどういう意味?
- Ansibleという名前の由来は?
10章. おわりに
付録: モジュールを自作する
- モジュールの動作
- モジュールの形式
- モジュールのサンプル
- Pythonでの便利関数
- モジュールのデバッグ
付録: Ansible plugin
- pluginの種類
- lookup plugin
- filter plugin
- callback plugin
- action plugin
- connection type plugin
- vars plugin
付録: ansible configファイル
- defaultセクション
- paramiko セクション
- ssh_connection セクション
- accelerateセクション
付録: Windows対応
- 前提環境
- 準備
- inventoryファイル
- モジュール
- 制限事項

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1324 KB
  • 紙の本の長さ: 112 ページ
  • 同時に利用できる端末数: 無制限
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00MALTGDY
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 52,126位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
結論から言うと、Amazonという本棚に置いておけば、何かしら売れるかもしれませんが、現在においてこの本の存在はノイズでしょう。
ansibleが出て間もなく情報が少ない中では希少な本だったと思いますが、2017年の現在、webで集まる情報の方が有用でまとまっています。

また、この本の対象者は大変限定的です。
構成管理、あるいはサーバー管理というものを熟知している人が、ansibleの概略を知るためには向いていると思いますが、そこから外れてまさに「これから構成管理を始めようとする人」には何が説明されているかおそらく理解できないでしょう。いろんな情報・知識を前提にして書かれているため、少々不親切だなと思いました。この本が書かれた経緯は様々でしょうが、IT本は必ずその価値が消費される運命にあるわけですから、長い期間売り場に出すつもりなら、その後の価値も占って書くべきですね。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
Ansibleはまだまだ新しく日本語のまとまった情報が無かったため、ここに一冊まとまっているいい書籍
大規模で使うための並列処理や、高度な使い方まで掲載されているため、非常に有用な書籍。

しかしながら、入門というのにはちょっと疑問なため、☆4つ
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
インターネットで欲しい情報を探していましたが、この本にはすべてあります。
この値段なら安いと思いました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
読み易いです。読み易いだけにもっとボリュームを期待してしまいます。これだけでAnsibleが使えるかどうかわからないけれど、端緒にはなるかもと思わせる一冊でした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover