通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
入門 HTML5 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送[12/31・1/1のみ休業]】中古品のため使用感はありますが外観上、比較的キレイなものを販売しております(書き込みやマーカーがない状態※中古の性質上、気にならない程度の日焼け・折れ・シミや帯の付属なし等ある場合がございます)万が一、品質不備や品切れの場合は返金対応致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

入門 HTML5 大型本 – 2011/4/23

5つ星のうち 3.8 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 2,484
¥ 2,484 ¥ 1,474

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 入門 HTML5
  • +
  • CSS3開発者ガイド 第2版 ―モダンWebデザインのスタイル設計
  • +
  • JavaScript 第6版
総額: ¥10,476
ポイントの合計: 316pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

HTML5では、最新のWebアプリケーションに必要となる数々の新機能が提供されています。
また、これまで長い間使われてきたものの、標準化はおろか文書化もされていなかったWebプラットフォームの多くの機能が標準化されています。
本書は、HTML5の新機能だけでなく、仕様の背景から、基本テクニックや実践的なアプローチまでをまとめたHTML5の手引書です。
HTML5についての著者の深い理解を背景に解説されており、HTML5の入門者から、すでに知識のある開発者まで、幅広い読者にとって価値のある書籍です。

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、HTML5の新機能だけでなく、仕様の背景から、基本テクニックや実践的なアプローチまでをまとめたHTML5の手引書である。HTML5についての著者の深い理解を背景に解説されており、HTML5の入門者から、すでに知識のある開発者まで、幅広い読者にとって価値ある内容になっている。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 256ページ
  • 出版社: オライリージャパン (2011/4/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4873114829
  • ISBN-13: 978-4873114828
  • 発売日: 2011/4/23
  • 商品パッケージの寸法: 1 x 19 x 24 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 239,059位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本
HTML5って何だろう?
いろいろなWEBサイトを見ていても、どこも曖昧な事しか書いてなくて結局結論が見えない。

そんな”結論”が書いてあるのがこの「入門 HTML5」です。
ただしオライリーの英語の書籍を日本語の翻訳した本ですから言い回しや、難しい表現などが含まれています。

■おすすめポイント1
「なぜ <h1> を複数使ってもいいの?」の答えが書いてある。

これはちょっと難しいかもしれませんが、この本に答えが書いてます。
何度も読めば理解できると思います。

■おすすめポイント2
「キャッシュマニフェストの正しい使い方」が書いてある。

これは非常に助かりますね。
iPhone等でWEBアプリケーションを作成する際に重宝します。
直ぐにでも試したくなります。

■おすすめポイント3
新しい「Webフォーム」の使い方が書いてある

新しい「Webフォーム(<form> 等)」を今すぐ導入する方が良い理由が書いてます。
実際に私も読み終わった後にWEBサイトを修正しました。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
HTML5 の内容を広く、できるだけ正しい内容を伝えてくれている本です。

監訳者まえがきにも書いてあるのですが、(以下引用)
「この原著、その原稿やデモすべてが Creative Commons の Attribution ライセンスのもと、 Dive Into
HTML5 ([...]) というサイトで公開されています。」
このため、できるだけ最新の内容を知りたいという人や公開されている英文で十分という人には、
オススメできません。

この本の良い所は、
1. 日本語で書かれている
2. 編集者による校閲を受けて正しい内容になるように書き換えられている
3. 古くなった情報も、できるだけ調べた上で文章の修正や注釈がされている
4. 本である(オフラインで、パソコンをつけなくても読める。)
というところです。

僕は、英語が苦手で本媒体が好きなので購入しました。
十分満足の内容でした。
しかし、オライリー書籍ということもあって薄い割に 2,300円 するので、
先にあげたとおり、「できるだけ最新の内容を知りたいという人や
公開されている英文で十分という人」にはオススメできません。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
オライリー・ジャパン、最初の「HTML5」書籍。
書籍のタイトルは確かに「入門HTML5」なのだが、サイト制作未経験者が読むには困難。
プロのWeb制作者でないと理解は無理である。

HTML要素(タグ)らの作られた背景、W3CとWHATWGの話などはWeb制作のプロでないと興味がわかないだろう。
前半はこんな感じ。後半は各機能の解説なのでこの辺はわかる人にはすらっと読める。

さすがオライリー・ジャパン!マニアック。

プロの方からすれば当然理解しなければいけない基礎だろうが、
それにしてもマニアックだ!

本書の解説がフレンドリーに語られている感じがまた面白い。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
HTML5はHTML4の次のバージョンとしての位置づけですが
これによりHTMLがようやく成熟期に入ったといえるでしょう。
残念ながら正式な仕様はまだ制定中の段階ですが、最近のブラウザは次第にHTML5のサポートを充実させてきています。
本書はそのHTML5の入門書ですが、HTML5の重要性と基本的な使い方を学んでいくのに最適な良書です。
訳書ですが、日本語も不自然ではなくわかりやすいと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ちくたく 投稿日 2011/6/26
形式: 大型本
本書は、(当然ながら)HTML5について書かれた本である。
CSS3やJavaScriptについて書かれた本ではない。
「よ〜し、いっちょかっこいいWebサイトを作ってやるか」と思い立つ人に対して、実用的なテクニックを伝授するための本ではない。
それでは、本書の想定読者はいかなる人物であろうか。
昨今、巷で言われるような「今後、Flashの代わりにHTML5が台頭する」だの、「HTML5は(HTML4やXHMTL1.0と違って)、Webアプリケーションを包含する標準」だのといったような、「HTML5」というキーワードそのものに興味を持つ人たち。
と書くと、ビジネス書の類いに思われるかもしれないが、本書は技術的な解説書であり、ビジネス書の範疇には入らない。著者の、WWWの歴史に裏打ちされた博識あふれる文章を解釈するには、少なくとも一度は「(HTML4.0等)なんらかのマークアップ言語の仕様」について、想いを馳せたことがあることが望ましい。
本書は、入門書の名の通り、文章は平易で敷居は低い。HTML5が生まれた背景と、HTML5を構成する技術と、HTML5が実現する体験を知ることができ、「HTML5とはこういうものだ!」を理解をするのに適した本である。
一冊まるまる使ってHTML5を啓蒙しているような、一貫する信念を感じ取れる書である。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック