この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

入門 経済物理学―暴落はなぜ起こるのか? 単行本 – 2004/2

5つ星のうち 3.7 7件のカスタマーレビュー

その他(5)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
ハードカバー
¥ 8,030 ¥ 3,983
単行本, 2004/2
¥ 8,090
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2018 大賞作品決定!
大賞は 『SHOE DOG(シュードッグ)』 その他の受賞作は>>こちら

商品の説明

内容紹介

新しい経済学として脚光を浴びている経済物理学の理論を、市場の暴落を中心テーマとして、豊富な図とイラストを使ってわかりやすく解説。

アメリカで始まった金融工学の流れはいま、Econophysics(経済物理学)という新たな学問領域を形成するに至っている。経済物理学とは、複雑系や臨界現象など近代科学の高度な概念を用いて経済現象を分析しようというものである。
著者のソネット博士自身、UCLAの地球物理学教授であり、地震の解析で有名な理論物理学者である。博士は地球物理学の理論が経済現象にも適用できることを示し、実際、金融関係会社のブレーンという顔ももつ。
本書は主として株式市場の暴落という現象にスポットを当て、そのメカニズムを分析しながら経済物理学の基本的な考え方が学べるようになっている。実際の暴落事例を取り上げ、豊富なチャートや図解を使ってできるだけ初学者にもわかりやすいように書かれている。
経済物理学の最も大きな貢献は市場の予測に大きな可能性を示したことであろう。経済学の新しい潮流として、注目すべき学問分野である。

内容(「BOOK」データベースより)

複雑系や臨界現象など、近代科学の高度な概念を用いて市場暴落のメカニズムを徹底解明。投資や予測、経済に興味がある知的読者のための、初の本格的Econophysics(経済物理学)解説書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 362ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2004/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569634141
  • ISBN-13: 978-4569634142
  • 発売日: 2004/02
  • 梱包サイズ: 21.2 x 14.6 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 689,279位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2005年5月16日
形式: 単行本|Amazonで購入
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2008年2月25日
形式: 単行本|Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2004年3月11日
形式: 単行本|Amazonで購入
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2004年3月24日
形式: 単行本
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2007年2月22日
形式: 単行本
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2004年10月25日
形式: 単行本
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2004年2月26日
形式: 単行本
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告

この商品のレビューをもっとご覧になりますか?