この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

入門演習 パワーエレクトロニクス 単行本(ソフトカバー) – 2014

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 4,988
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 3,024 ¥ 3,043
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

本書は、国内において数少ないパワーエレクトロニクスの演習書である。産業機器の要であり、電力技術の主役の一つに数えられるパワーエレクトロニクス。
本書ではこの必須技術の本質的イメージを抽出し、例題46問と章末問題17問、合計63問の演習問題に凝縮した。特に例題46問については、紙面を惜しまない
手厚い解説にこだわった。一問当たり2~4ページかけて、パワエレ技術のみならず電気回路一般のあらゆる計算において威力を発揮する技術のツボを紙面
を惜しまず徹底的にレクチャーしている。対象となる回路の捉え方、分かり易い力学系とのアナロジー、そして 考察対象のシステムの挙動を瞬間的に見抜く
眼力を獲得できるユニークな解析の切り口は、読者が本書によって初めて目にすることになるものばかりである。オリジナル問題だからこそ成し得た境地を
是非ご堪能いただきたい。
各章の内容は以下の通りである:

第0章:はじめに
第1章:パワーデバイスの基礎
第2章:LCR回路の基礎
第3章:コンバータ・インバータ
第4章:DC-DCコンバータ
第5章:Appendix

購入者限定サポートとして、EnergyChordウェブサイト上のオンラインQ&Aサポートにて著者自らが読書の質問に丁寧に回答するサービスがあるので、
本書でつまずいた箇所があった場合も安心である。全368ページに渡る濃厚かつ斬新なパワーエレクトロニクス演習書を是非お楽しみいただきたい。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 368ページ
  • 出版社: EnergyChord; 初版 (2014)
  • ISBN-10: 486476199X
  • ISBN-13: 978-4864761994
  • 発売日: 2014
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 133,222位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
電験2種のパワエレを習得する為に購入しました。
結果的に誘導機・変圧器を選択したため、パワエレは使いませんでしたが、パワエレをマスターしていたおかげで精神的に余裕をもって二次試験に臨めました。

食わず嫌いでパワエレを敬遠している受験者に一読を薦めたい一冊です。3問中の2問をえらべるのと4問中の2問を選べるのではずいぶん精神的な余裕に違いがでますよ。

1次の機械対策としてもおすすめです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
コンバータを扱う仕事に関わっているため、関連回路の学習用に購入しました。
職業柄、電気回路の教科書は数多く読んできましたが、計算を追うことはできても種々の回路(特にインダクタが入った回路)の動作イメージがどうにもよくつかめず、応用力に不安を感じていました。
この本ではLRC回路からスタートしつつ核心的なイメージが繰り返し丁寧に解説されているため、反復学習をつむことで以前は釈然としなかった基礎〜実践回路の動作が驚くほど良く理解できました。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
この本は私の知る中で最高のパワエレの入門書だ。
過去の私を含め、パワエレがよくわからないと言う人は回路を眺めて定性的な議論ができないのだと思う。

しかし、多くのパワエレの参考書では「この回路はこう動く、数式ではこう表される」という書き方をしており、肝心な定性的な説明があまりなされていない。

それに対し、この本ではパワエレの定性的議論をするために、前半部分で半導体素子やLCR回路の直感的な理解することに焦点を当てている。それによって後半部のパワエレ回路の定性的理解が深まる。

本屋でパワエレの入門用の参考書を見て、ピンとこなかったという人はEnergyChord(この本の発行元)のホームページで試読してみてはどうだろうか。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
第2章LCR回路の基礎をざっと読み、2巡目で紙に書きながら演習やってます。
理論よりの本です。
実デバイスを掘り下げて解説するような本ではないので、注意が必要です。

ポイントをまとめてくれていたり、掘り下げての理論があるのは素晴らしいと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す