中古品
¥ 282
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

入門ミクロ経済学 単行本 – 2007/3/16

5つ星のうち 4.0 15件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 11,960 ¥ 249

この商品には新版があります:

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【出版社の方へ】e託販売サービスの紹介はこちら


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ミクロ経済学の山頂を究める、全米の大学で採用されている最良のテキストの最新版。「ゲームの応用」「行動経済学」の章を新たに追加。

内容(「BOOK」データベースより)

全米の大学で採用されている最良のテキストの最新版。「ゲームの応用」「行動経済学」の章を新たに追加するとともに、「オークション」の章をさらに充実。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 660ページ
  • 出版社: 勁草書房; 原著第7版 (2007/3/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4326951311
  • ISBN-13: 978-4326951314
  • 発売日: 2007/3/16
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 14.6 x 4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 61,617位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
広く浅くといった内容で,ゲーム理論や非対称情報,行動経済学など比較的新しい分野についても書かれています.
ただ,ここからが面白くなるのにという話が膨らみ始めるところで終わることが多く,基本用語と基本的な考え方が淡々と書かれているような印象を受けます.

専門用語の直後に英訳が付いており,非常に便利です.

翻訳は分かりやすいところと分かりにくいところが半々ぐらいで入ってます.
ここの日本語は非常に読みやすいというところもあれば,日本語っぽい別の何かになっている部分もあります.

翻訳者の仕事は全く持って意味不明.
本書の序文の12ページ(つまり,本を開いて12ページ目)の原著者varianのメッセージとして「われわれは練習問題を解くことなくしては経済学を修学できないと堅く信じているのである.」と書いてありますが,日本語版には練習問題はついておらず,本を開いて5ページ目の監訳者まえがきには「原著の名章末尾の演習問題や数学補論を,訳書では全面的に削除した.また,原著の最後の数学付録や,余分な脚注そして図表の蛇足的な説明もカットした.その結果,訳書は原著より少しスリムになったが,その方が日本の読者にとってフィットがいいだろうと信じている.」などと書いている始末.
本を開いて5ページ目にして
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
他のレビューであるように、とてもわかりやすいミクロ経済学の本です。しかし、勝手な編集で練習問題の解答と数学付録が省かれてしまっています。(監訳者前書きで佐藤隆三氏が日本の読者のためにスリム化したと書いている。)英語を読める方は原書Intermediate Microeconomics: A Modern Approachにあたったほうがいいです。練習問題の解答と充実した数学付録があり役立ちます。旧版から全訳の要望が多数あったにも関わらず訳者と出版社は改善しなかったので失望しています。原著者はどう思っていることか。

追記1:原書はこの邦訳後に2度改訂されています。2014年5月時点での最新版:
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ところどころ微分を知ってた方がいい箇所もあるが、知らなくても何とか理解できるように文章で説明している。
武隈など他の教科書ですでにミクロを勉強してる人にとってはかなり冗長な教科書だが、
それでも読んでおくとためになる箇所がある。

必読箇所は4章、6章、9〜14章、7章の最後の数量指数と物価指数、32章以降。
4章と6章で説明される準線形の効用関数は14章や32章以降にもよく登場するので必読。
9章〜14章は本書の白眉。それまでの価格理論に初期保有量を導入することで
次から次へと説明できることに感動。7章の顕示選好の説明はわかりにくいので不要。
逆に9章と10章の図と文章を読んだ方が顕示選好についてとてもわかりやすい。
それを読んでから7章の最後の数量指数と物価指数を読もう。
わずか4ページだが、コピーかノート必須の素晴らしさで、今まで読んだミクロの中でダントツ。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
内容が あんまり今日的でないのが 残念だけどその分 あんまり古びない感じがします

数式は少ないし 丁寧で、じっくりじっくり読めば 理解できるように細心に出来ています

ただ、面白くないです。 マンキューの方が面白い
でも限られた時間で体系的に見るならハルバリアンのほうが 私はミクロに関しては全体の構造が見通しやすいと感じます

しっかり勉強してください
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー