中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

入門ヘッジファンド―やさしくわかるヘッジファンドのすべて 単行本 – 2006/3

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

イエーガー,ロバート・A.
EACMアドバイザーズLLC(メロンフィナンシャルのグループ企業)副会長兼最高投資責任者。EACMアドバイザーズLLC(EACM)の副会長兼最高投資責任者(CIO)。EACMは顧客の機関投資家に代わって多様なヘッジファンド戦略に投資する。著者は、1984年に最終的にEACMへと発展する投資運用チームの創設メンバーとなった。著者はまた、以前EACMの関連会社であった第一級の機関投資家のための投資コンサルティング会社であるエバリュエーション・アソシエーツで調査とコンサルティング業務に従事していた経歴を持つ。投資ビジネスに入る前にはイェール大学およびアムハーストのマサチューセッツ大学の教授を務めていた。プリンストン大で文学士、オックスフォード大で哲学士、コーネル大で博士号を取得している

富田/秀夫
1959年東京都生まれ。慶応義塾大学法学部卒。株式会社共同通信社で国際金融情報分野を担当。その後、共同通信マーケッツ営業一部長、IQファイナンシャル・システムズ・ジャパン代表取締役社長、QUICKマネーラインテレレート取締役営業本部長を経て、2005年7月より株式会社QUICKグローバルインフォメーション常務取締役(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 313ページ
  • 出版社: シグマベイスキャピタル (2006/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 491610689X
  • ISBN-13: 978-4916106896
  • 発売日: 2006/03
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 504,234位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
米国の公的・私的年金、大学基金等が資産の一部をヘッジファンドに投資する時代が来ており、主として富裕層向けだったヘッジ・ファンドに対する認識にも大きな変化が起きている。本書は、その歴史的背景や運用手法を投資信託と比較して説明した良書で、ヘッジファンドの長所だけでなく短所も冷静に客観的に分析した素晴らしい入門書である。相場環境が悪い時にも絶対利益を追求できる全天候型ファンドとして注目されているヘッジファンドだが、本書は、一見ヘッジファンドの短所と見えるところが実はヘッジファンドの長所になっていると指摘している。例えば、少数の大口投資家向けのヘッジファンドの運用資産の規模は比較的小さいが、そのお蔭で、巨大な投資信託が到底投資できないような小さな投資対象にも投資できる。また、ヘッジファンドでは、換金が許される頻度が少なく、投資期間が比較的長く、相対的に流動性が低いが、それゆえに逆に、流動性は低いが、収益性は高いと思われる投資対象にも積極的に投資できる。また、ヘッジファンドは運用会社の規模が小さいが、投資信託における投資委員会等の官僚的な枠組みから解放されている為、業者から良い投資アイデアが集まって来やすくなっているという。また、本書は、ヘッジファンドが、米国の大手投資銀行にとって、既存証券の売買執行や新発証券の販売の領域だけでなく、相場環境が悪い時にも恒常的に収入が入って来る他の領域(ヘッ...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 原著は2003年。著者は投資運用をしたり、コンサルティングをしたり、という経歴の人。前半はオプションやら効率的市場仮説やらの説明が延々と続く。後半になって「ヘッジファンド」の話になる。
 曰く・・・
 投資信託では、投資家はマネージャーを雇うが、ヘッジファンドでは、マネージャーとパートナーシップ契約を締結する。ヘッジファンドのマネージャーは個人的にも投資するので「スターと共に投資する」ところに魅力がある。
 ヘッジファンドと投資信託の境界線は曖昧になってきている。SECはヘッジファンドへの投資を目的としたクローズドエンド型の投資信託の組成を認めている。
 ヘッジファンドは売買が活発なので、証券会社に多くの手数料をもたらす。また、証券会社がアイディアを売り込むとき、ヘッジファンドは素早く判断する。これも証券会社に好まれる。
 スペキュレーションは方向性のトレーディングと考えられる。ヘッジャーはロングポジションとショートポジションを同時にとるが、ロングかショートのどちらが良い動きをするかを暗黙に想定して賭けている。ヘッジャーは、ベーシスに対してスペキュレーション取引をしている。ヘッジの目的はリスクを減らすことだが、リスクを完全に取り除くことはできないし、時にはリスクを減らすことすらできないことがある。ヘッジの目的とヘッジの現実は別。<
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
知人に勧められて購入した本書は、単なるヘッジファンドにとどまらず、経済学そしてファンドビジネスの本でもありました。筆者の経歴がそうさせたのでしょう。思い当たる事柄が余りにも多く、読んでは戻りを繰り返し、普段の何倍もの時間がかかりましたが、久し振りに読後感の良い一冊でした。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
知り合いがヘッジファンドの仕事をしているので、
短期間で理解したかったので、購入した。

専門用語の単語が理解できずに、調べたり、友人に聞いて、
メモリ暗記しながら読んでいたら、だんだん理解出来るように
なった。

少しでも興味がある方なら、読めると思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック