中古品
¥183
+ ¥257 配送料
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 背薄ヤケあり。地小口に少々シミあり。その他、各コンディションに応じた使用感がある場合がございます。アマゾン専用在庫です。丁寧な梱包いたします。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


入国拒否―『台湾論』はなぜ焼かれたか (日本語) 単行本 – 2001/6/1

5つ星のうち4.4 6個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥183
¥100
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

言論の自由は、国益と対立するものなのか!?日本人だけが知らない「近隣諸国問題」講座!本書は、台湾のブラックリストに載った二人の危険人物、そして日本でも台湾でもその名を轟かせるお騒がせ人物となった二人のゴーマニスト、金美齢と小林よしのりの、台湾と日本への愛国の心情をぶつけ合った対談を収めたものである。

内容(「MARC」データベースより)

中国語版『台湾論』発売後に起こった小林よしのり台湾入国拒否騒動とはなんだったのか? 言論の自由は、国益と対立するものなのか? 日本人だけが知らない「近隣諸国問題」をズバリ教える、二人のゴーマニストによる対談。

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
評価の数 6
星5つ
50%
星4つ
37%
星3つ
13%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのレビューを日本語に翻訳
2018年6月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2014年7月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアーVINEメンバー
2012年12月21日に日本でレビュー済み
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年1月23日に日本でレビュー済み
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2001年7月25日に日本でレビュー済み
68人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告