この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

児童虐待と共依存―自己喪失の病 単行本 – 2002/9

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 15,891 ¥ 1,035
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

出版社からのコメント

共依存 他人のためにいろいろしてあげてもなぜか人に嫌われてしまう。そうだわたしは共依存なのだ。
他人との適当な間合いがとれない自己喪失者なのだ。
私は幼児期に虐待を経験している。

著者自らが体験し克服した現代病ー共依存ー。被虐体験との関連を鋭く分析する。

内容(「MARC」データベースより)

AC、児童虐待、家庭内暴力、共依存を一連のプロセスとしてとらえ、共依存の起源を子ども時代のトラウマに置き、虐待経験から「現実」の意識に歪みが生じ、大人の共依存、嗜癖問題へと発展する過程を理論的に説く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 340ページ
  • 出版社: そうろん社 (2002/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4882590921
  • ISBN-13: 978-4882590927
  • 発売日: 2002/09
  • 梱包サイズ: 19 x 13.2 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 906,896位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2015年12月16日
形式: 単行本|Amazonで購入
2003年6月20日
形式: 単行本|Amazonで購入
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2013年4月5日
形式: 単行本
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2003年5月17日
形式: 単行本
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告