• ポイント: 9pt (1%)
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
児童虐待から考える 社会は家族に何を強いてきたか ... がカートに入りました
+ ¥ 257 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ヨレ、書き込みも無く良品です。十分な検品をしてから出荷をしていますが、まれにチェック漏れによる書込や欠品がある場合がございます。その際はご連絡頂ければ対応を致しますので、ご連絡をください。領収証が必要な場合は注文時にご連絡ください。【OPP袋+クラフト封筒→ゆうメールで発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
10点すべてのイメージを見る

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


児童虐待から考える 社会は家族に何を強いてきたか (朝日新書) 新書 – 2017/12/13

5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥ 821
¥ 821 ¥ 375

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

本・雑誌を3冊以上を購入する際、クーポンコード「1212」を入力すると最大12%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 児童虐待から考える 社会は家族に何を強いてきたか (朝日新書)
  • +
  • ルポ 児童相談所 (朝日新書)
  • +
  • ルポ 児童相談所: 一時保護所から考える子ども支援 (ちくま新書1233)
総額: ¥2,549
ポイントの合計: 44pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

子どもを育てられなくなった親たち。
誰が「家族」を壊しているのか?

年間10万件を突破し、今なお児童虐待は増え続けている。
困窮の中で孤立した家族が営む、救いのない生活。
そこで失われていく幼い命を、なぜ私たちの社会は救うことができないのか?

「愛知県武豊町3歳児餓死事件」「大阪2児置き去り死事件」、
そして「厚木男児遺体放置事件」と、数々の児童虐待事件を取材した著者が、
私たちの社会において、家族の「あるべき形」がいかに変わってきたかを追いながら、
悲劇を防ぐ手だてを模索する。


目次

【第1章】 ルポ 厚木男児遺体放置事件
1 作られた「残酷な父親」像
●誰も気付かなかった父子の極限の生活
●殺意はあったのか?――遺体が示した「事実」
●誰かを断罪すれば解決できるのか 他
2 助けを求めることを知らない親たち
●弱者が強いられる不利な選択
●現実に向き合えない家族
●シングルファザーたちの孤立 他

【第2章】 「近代家族」という呪縛――二つの虐待事件を追って
●親としての過剰な「生真面目さ」
●完璧な母であれ
●近代家族の誕生と現代社会の病
●家族を「所有」せず、自分自身を大切にする 他

【第3章】 国家と家族のあいだで――「満州女塾」再考
●家族は国家のために
●大陸の花嫁
●棄てられた開拓団
●命と引き換えの性 他

【第4章】 社会につながれない「ニューカマー」たち――川崎中1殺害事件の深層にあるもの
●自分を語る言葉を持てない子どもたち
●日本で暮らす外国人の在留資格
●居場所を見出せないことへの憎悪 他

【第5章】 育児は母親だけの義務か?――母性から降りる、共同体で支援する
●母親とのカプセルの中で子どもが窒息する
●10年間で大きく動いた若年困難家庭の状況
●行政への不信 他

【付 録】 誤解される「子どもの精神障害」――児童精神科医・滝川一廣さんとの対話

【終 章】 家族はどこへ向かうのか――虐待予防の現在、そして新しい家族の形のために
●進む虐待対策
●見えてきた社会的養育のあり方
●新しい子育てを社会として作る 他

内容(「BOOK」データベースより)

子どもを育てられなくなった親たち。誰が「家族」を壊しているのか?年間10万件を突破し、今なお児童虐待は増え続けている。困窮の中で孤立した家族が営む、救いのない生活。そこで失われていく幼い命を、なぜ私たちの社会は救うことができないのか?数々の児童虐待事件を取材した著者が、その背景にある日本社会の家族規範の変容を追いながら、悲劇を防ぐ手だてを模索する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 216ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2017/12/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022737433
  • ISBN-13: 978-4022737434
  • 発売日: 2017/12/13
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.7 x 1.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 50,095位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

7件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.6

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

7件中1 - 7件目のレビューを表示

2018年2月20日
形式: Kindle版Amazonで購入
24人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年6月26日
形式: 新書Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト100レビュアーVINEメンバー
2017年12月24日
形式: 新書
26人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年12月31日
形式: 新書
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年5月11日
形式: 新書
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年3月13日
形式: 新書
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年3月23日
形式: 新書
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告