¥ 8,964
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
免疫生物学 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

免疫生物学 大型本 – 2010/4

5つ星のうち 4.3 12件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 8,964
¥ 8,964 ¥ 4,000

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 免疫生物学
  • +
  • 休み時間の免疫学 第2版 (休み時間シリーズ)
  • +
  • 新しい免疫入門 自然免疫から自然炎症まで (ブルーバックス)
総額: ¥12,053
ポイントの合計: 342pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

笹月/健彦
九州大学高等研究院特別主幹教授。国立国際医療センター名誉総長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 大型本: 870ページ
  • 出版社: 南江堂 (2010/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 452425319X
  • ISBN-13: 978-4524253197
  • 発売日: 2010/04
  • 商品パッケージの寸法: 27.4 x 21.2 x 3.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 116,610位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本
指定テキストのなかの1冊に使うのでノート作成中。
うなるほど細部まで行き届いており、実験情報などはっきりソースがあってしかも網羅的。
論理が何かを示す書き方を徹底しているところがこの本の特徴。
世界中で評価の高い理由がわかる。

再度の改訂で最新版お願いします。
やはり日本語で読むのが速いし、疑問点を感じたら、そこだけ原書にあたるという読み方をしている方多数ですから。

PS 現時点で最新版の翻訳作業中とのことです。きたいしましょう。4/10/11
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
詳細な解説と多数の図,免疫学の(日本語の)教科書では本書の右に出るものはないでしょう.
ただし,大学生しかも生物学の基礎知識がある程度はある人でないと最初から読む教科書としては相当大変です.
免疫学を一から勉強する人は「休み時間の免疫学」等の入門書を読んだ後に読むと理解しやすいと思います.
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
免疫はセントラルドグマが明らかになっていない(おそらく明らかにはならない)学問です。
なので、体系だった理解は難しい。本書も、各論各論で、分かっている事を断片的にまとめてある本です。
(逆に言えば、頭から読む必要はないとも言えます。必要な章から読み込んでいくのが吉。)
免疫を最初に学ぶにあたって、これを読むと十中八九、混乱します。
まずは入門書でざっくりとした概念を学んでから、興味が涌けば、本書を手に取ると良いでしょう。

章末の実験手技の解説や、サイトカイン一覧表など、索引使いをするにも、便利な一冊です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
 免疫学は難しいという意識があるが,本書は図説が豊富に取り入れられていて本文の理解に大変役立っている.
 読みこなすたびに理解が深まるのは内容がいいからだと思う.
 難点は付録なりに略語集(原語を併記したもの)がないため略語を確認するのに面倒さがある.また,誤字が少なからず見られ(記号などの誤字は重大)内容のよさを貶めている.
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
講義の指定教科書だったので購入しました。
免疫は次々に出てくる分子名で頭が混乱してしまいますが、
章末問題で頭の整理をすることができました。

また、付録のCDによって各細胞や分子の動きを順序立てて把握することができるので、
自分の中でイメージを構築するのに非常に役立ったと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
日本語で書かれた免疫学の教科書で、この教科書よりわかりやすく、かつ内容が充実したものはない。医系免疫学も充実しているのだが、発展的な内容がトピックとして章末にまとめられているのが混乱を招くため、個人的にはこちらの免疫生物学が好み。

何れにせよ、免疫学を本気で勉強したい人向けなので、大学の学部レベルの知識を独学で勉強したい程度であれば他の教科書を選ぶのが無難だと思う。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告