中古品
¥ 1,400
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 onlinecd
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表裏表紙にスレ、キズがあります。本は未読と思います。小口、右上下にダメージがあります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

光速C 増補第2版 (ニュートン別冊) ムック – 2016/11/17

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ムック, 2016/11/17
"もう一度試してください。"
¥ 2,800 ¥ 1,400
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

光は,1秒間に約30万キロメートルもの距離を進みます。地球から月まで,1秒ちょっとで着いてしまうほどの猛烈なスピードです。この光の速さを物理学では「c」であらわします。
光の速さは古くから科学者の興味の対象でしたが,アインシュタインの登場によって光の速さをめぐる状況は一変します。光速が常に一定であり,何物もこえることのできない「宇宙の最高速度」であることがわかったのです。この「光速度不変の原理」を出発点につくられたのが相対性理論です。
本書では,人類がいかにして光の速さにたどりつき,光速cが現代物理学で特別な意味をもつようになったのかに迫ります。そして,光速を超える可能性についても徹底検証していきます。ぜひご一読ください。

出版社からのコメント

自然界の最高速度にして、
現代物理学の絶対的基準─光速c
超光速は実現可能か?


登録情報

  • ムック: 160ページ
  • 出版社: ニュートンプレス; 増補第2版 (2016/11/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4315520551
  • ISBN-13: 978-4315520552
  • 発売日: 2016/11/17
  • 梱包サイズ: 27.7 x 21 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 440,410位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 Edgeworth-Kuiper-Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2017/3/19
科学雑誌Newtonの別冊。光速をテーマにしている。これは2016年11月発売の増補第2版。Newtonらしい鮮やかなイラストを駆使した解説が行われている。数式もほとんど出てこない。以下のような構成になっている。

1 光の速さを求める
2 光速度不変の衝撃
3 相対性理論の世界
4 超光速は実現可能か
5 光速をめぐる最先端研究

前半の1~3章は基礎編。17世紀に木星のイオの位置の変化から光速を測定したオーレ・レーマーの話や、電磁気学の発展に貢献したジェームス・マクスウェルやアルバート・アインシュタインの相対性理論の世界と光速度不変の法則といったことについて説明がある。

個人的に4章と5章は面白く読めた。こうすれば超光速を実現できるのではないかというアイディアに次々ダメだしし、ただし宇宙の膨張のような“舞台”そのものが超高速で遠ざかることは相対性理論とは矛盾しないという説明があったのち、ゼロ以上光速未満の速度しか進めない「タージオン」とつねに光速でしか進めない「ルクシオン」、光速が速度の下限で常に光速より速い「タキオン」の説明がある。タキオンは、質量は虚数で、エネルギーを失うと加速し、真空中ではチェレンコフ光を放ってエネルギーを失いながら速度が無限大に達する。タキオンが存在する
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告