通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
光秀の定理 (角川文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

光秀の定理 (角川文庫) 文庫 – 2016/12/22

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 186

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 光秀の定理 (角川文庫)
  • +
  • 迷子の王様: 君たちに明日はない5 (新潮文庫)
総額: ¥1,415
ポイントの合計: 44pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

厳然たる「定理」が歴史と人生を解き明かす、全く新しい歴史小説が誕生!

明智光秀はなぜ瞬く間に出世し、信長と相前後して滅びたのか――。

厳然たる「定理」が解き明かす、乱世と人間の本質。
各界絶賛の全く新しい歴史小説、ここに誕生!

永禄3(1560)年の京。
牢人中の明智光秀は、若き兵法者の新九郎、辻博打を行う破戒僧・愚息と運命の出会いを果たす。
光秀は幕臣となった後も二人と交流を続ける。やがて織田信長に仕えた光秀は、初陣で長光寺城攻めを命じられた。
敵の戦略に焦る中、愚息が得意とした「四つの椀」の博打を思い出すが――。
何故、人は必死に生きながらも、滅びゆく者と生き延びる者に分かれるのか。
革命的歴史小説、待望の文庫化!

解説・篠田節子

内容(「BOOK」データベースより)

永禄三(1560)年の京。牢人中の明智光秀は、若き兵法者の新九郎、辻博打を行う破戒僧・愚息と運命の出会いを果たす。光秀は幕臣となった後も二人と交流を続ける。やがて織田信長に仕えた光秀は、初陣で長光寺城攻めを命じられた。敵の戦略に焦る中、愚息が得意とした「四つの椀」の博打を思い出すが―。何故、人は必死に生きながらも、滅びゆく者と生き延びる者に分れるのか。革命的歴史小説、待望の文庫化!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 464ページ
  • 出版社: KADOKAWA (2016/12/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041028108
  • ISBN-13: 978-4041028100
  • 発売日: 2016/12/22
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 14,516位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
時代小説とみせて、実はちがう。

この本を手に取るヒトの多数が、本能寺の光秀を想像するに違いないが、ある意味その期待は外れることになる。

とはいえ、この本が惹きつけないか、といえばそれは違う。
僕など、電子版の途中であまりに感銘したので、改めて文庫購入したくらいだ。

もちろん、作中で本能寺の変の考察はなされる。
しかし、それはエピローグとしてであり、本編の主人公たる2人-破戒僧の愚息と、流れ武芸者の新九郎の述懐で語られるに過ぎない。
…そこは少し不満の残る箇所ではある。

ヒトが生きるのに必要なのは何か…金か名誉か、あるいは…?
この本において理(ことわり)とは、ヒトの寄る辺を指す。

光秀は寄る辺を出世に求めたが、それは元来が少年のように潔癖な光秀自身が望み、楽しみを見いだせるものだったか…
自身の幸せを知っている、自由な渡世人の目にうつる光秀の苦悩。

この問いかけは、エピローグで語られるには惜しい。

光秀なりの葛藤や格闘の末に本能寺があったはずで、
この小説の前半の濃密さで本能寺を描けば、あるいは
サラリーマン小説としても一大傑作になったかもしれない。

非常に面白い作品であるだけに、
正直なところ後半のリブートを作者にお願いしたく思った。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
明智光秀といえば、本能寺の変で信長を裏切ったことしか知らなかったのだが、様々な苦悩や想いがあったことが窺い知れた。

物事の理は、自分で汗をかき、必死に実感として分からぬ限り、人様から聞いても何の役にも立たない。それを4つのお椀の博打を引き合いにして、物事の理とは何かを考察していく展開がおもしろかった。

最後まで棟梁としての義務感や一族郎党のことを考え、自らの義を貫き通した光秀の生き様が見事に描かれていた。

兵法者の新九郎が愚息に出会ったことで多くのことを学び、成長していく姿も本書の読み応えのひとつだと思う。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ソラ VINE メンバー 投稿日 2017/3/20
形式: Kindle版
「ワイルドソウル」も「君たちに明日はない」シリーズも大好きですが、こちらの本は「月は怒らない」の延長線上にあるように思います。月は怒らない、は大変興味深い作品でした。垣根氏の人生の探索が見え隠れする。こちらも同じように感じます。

この本は、題名にある光秀が主人公ではなく、光秀を憎めない愚息という僧と、剣の達人新九郎が主人公です。
愚息は、きっと垣根さんの理想でしょう。余りに恰好良すぎて光秀をかなり食います。

「光秀の定理」という題名はちょっと重たかった。最後に、愚息と新九郎が、本能寺の変をしでかした光秀の心のうちを探ります。ワクワクしました。でも、垣根氏の解釈にも迷いがあるように、愚息もいつもの切れがなかった。
それより、最初の方に、光秀がイヤイヤ信長を討った、としか思えない、と書かれていますが、面白い解釈でした。それこそ、真実ではないか、と思います。

愚息の海賊時代の作品を書いて欲しいと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す