中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。d9505a_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

光秀の十二日―信長シリーズ〈4〉 (小学館文庫―時代・歴史傑作シリーズ) 文庫 – 2000/7

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社からのコメント

信長をなぜ弑逆したか。そして己の死まで何を考えていたのか。

内容(「BOOK」データベースより)

秀吉は官兵衛にぽつりと、言った。「よう踊ったの、光秀殿は」「殿の深慮遠謀、恐れ入りまする」―本能寺で織田信長を弑逆した明智光秀は安土城に入り、信長の居室にいた。障子を開けた光秀の視界に湖水の青がとび込んできた。茫々と広がる湖、比叡、比良の山並み…。ふと、光秀は己が湖のただ中に独りいる錯覚を覚えた。(右府様は孤独だった)その思いが、今、鋭く烈しく光秀に突き刺った。“本能寺の変”の謎と十二日天下の光秀の動きに迫る秀逸時代長編。


登録情報

  • 文庫: 297ページ
  • 出版社: 小学館 (2000/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4094035842
  • ISBN-13: 978-4094035841
  • 発売日: 2000/07
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 742,723位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ribot 投稿日 2012/1/21
形式: 文庫
著者の「信長シリーズ 4」として小学館文庫から再刊されていた作品。

タイトルに惹かれて手に取った通り、光秀が本能寺の変を決意してから、山崎の合戦で敗走し、土冦に襲われて最期を遂げるまでの12日間を描く。
…のだが、この作品では、なんと一番肝心な本能寺の変の模様が描かれない。
つまり信長が直接登場するシーンが一切ないのだ。
光秀の心象風景を描く上で、そのことが多大な効果を上げている。

著者は、歴史的に周知の事実に対して、小説の特権を活かして大胆な仮説を立てて、独自の物語を展開してゆく。
それも荒唐無稽に堕すことなく、効果的に物語を盛り上げている。

圧巻は光秀が本能寺の変の後、安土城に入った時。
豪華絢爛たる安土城の微に入り細に入った描写と、それに続く光秀の静謐な心理描写は、巻を措いてもなおため息とともに残像として残る。

レビューが一つもないのが意外で、思わず拙い紹介文を書いてしまいましたが…
本文たった290頁にして、大長編数冊分に匹敵する重厚な余韻を残す傑作だろうと思う。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
迫力ある・鬼気迫る、という世評で読んでみたがそれ程でもなかった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告