この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

光のない。 (日本語) 単行本 – 2012/9/20

5つ星のうち4.0 3個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2012/9/20
¥1,049
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ノーベル文学賞作家が、ポスト3.11の世界に捧げるレクイエム。東日本大震災とそれにつづく原発事故をうけて書き下ろされた表題作のほか、「レヒニッツ(皆殺しの天使)」「雲。家。」などを収録したワールドプレミア・エディション。

著者について

エルフリーデ・イェリネク Elfriede Jelinek
オーストリアの作家。1946年10月20日生まれ、ウィーン育ち。7歳で音楽教育を受けはじめ、13歳でウィーン市立音楽院に入学。オルガン、ピアノ、フルート、作曲を学ぶ。ウィーン大学で美術史と演劇学を専攻。若くしてトマス・ピンチョン『重力の虹』の翻訳に挑戦し、パウル・ツェランやハイデガーやアーレントを『トーテンアウベルク』という哲学的対話劇によみがえらせるなど、ペーター・ハントケよりもポスト・モダンな作風かつ哲学、歴史、社会批判を音楽的実験言語で表現したことが評価されて、2004年にフランツ・カフカ賞とノーベル文学賞とをダブル受賞。 劇作家としても多くの受賞歴を誇り、サミュエル・ベケットやハイナー・ミュラーの後継とも目される現代演劇の最重要作家。主な小説作品に、『ピアニスト』(83年)、『したい気分』(89年)、『死者の子供たち』(95年)。主な戯曲作品として、『スポーツ劇』(98年)でゲオルク・ビューヒナー賞を受賞、『汝、気にすることなかれ』(99年)、『施設』(03年)、『レヒニッツ』(08年)、『冬の旅』(11年)の各作品でミュールハイム劇作家賞を受賞。
http://www.elfriedejelinek.com/

訳者:林 立騎(はやし たつき)
1982年、新潟県栃尾市生まれ。ドイツ語翻訳者。演劇研究者。

登録情報

  • 出版社 : 白水社 (2012/9/20)
  • 発売日 : 2012/9/20
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 256ページ
  • ISBN-10 : 456008243X
  • ISBN-13 : 978-4560082430
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.0 3個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
3 件のグローバル評価
星5つ
28%
星4つ
44%
星3つ
28%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2020年3月8日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2016年11月12日に日本でレビュー済み
2012年9月27日に日本でレビュー済み
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告