通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
光あるうち光の中を歩め (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

光あるうち光の中を歩め (新潮文庫) 文庫 – 2005/5

5つ星のうち 4.2 36件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 399
¥ 399 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 光あるうち光の中を歩め (新潮文庫)
  • +
  • トルストイ民話集 人はなんで生きるか 他四篇 (岩波文庫)
  • +
  • 人生論 (新潮文庫)
総額: ¥1,479
ポイントの合計: 46pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

欲望や野心、功名心などの渦巻く俗世間にどっぷりつかっている豪商ユリウスと、古代キリスト教の世界に生きるパンフィリウス。ユリウスは何度かキリスト教の世界に走ろうと志しながらも、そのたびに俗世間に舞いもどるが、しかし、長い魂の彷徨の末についに神の道に入る。──福音書に伝えられているキリストの教えに従って生きよと説いた晩年のトルストイの思想を端的に示す。


登録情報

  • 文庫: 153ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (2005/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 410206012X
  • ISBN-13: 978-4102060124
  • 発売日: 2005/05
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 36件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 71,351位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
トルストイ「光あるうち光の中を歩め」を読了。キリスト教的理想郷つまりキリスト教の根源のついて理解できるトルストイの短編小説。短編なので読了は容易であるが、内容は濃い。キリスト教に理解が無くても、読者の心を振るわせる力が十分にある作品です。人間が人間足りうるために何をすべきか。現代の無差別的な自由と対極にある宗教観から描かれている作品です。自分の生活を振り返り、きりっとさせてくれる作品でした。若いうちの一読をおすすめいたします。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ほとんどの人間は死ぬときに後悔するといいます。何を後悔するのか?『あのときあれをやっていれば、、、、』人間は、すなわち、”やったことよりもやらなかったことを悔いる”のだそうです。そして今際のきわにこれを大いに嘆き、そして後悔の念むなしく死んでいくのでした。トルストイの本著を拝読したとき、私はそれをそのままに実感しました。これまでのわが40年の人生を振り返るとき、トルストイの言葉の真実さがしみじみとよく思念されます。モームの人間の絆、ヘッセのクヌルプ&シッダールタ、そして釈尊の原始仏教諸典とともに、私は”人生における苦”を感じてやまない人々には、この御著をぜひ読んでほしい一冊です。
1 コメント 89人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
原始キリスト教徒の生き方を勧める内容なんだけど、現代の日本人にそんなことできるわけない。でも、いくつか心に突き刺さるような言葉があって、読んでよかったと思った。ページ数が少なくて読むのに時間がかからないし、安いのがいい。お勧めしますよ。悩める人に読んでほしい。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
トルストイ作品は読みたいと思いつつ何となく敬遠していたのですが、この作品が短編ということもあり正月休みに読んでみることに。
私はキリスト教徒ではないですが、今の世の中に少なからず疑問を持っていたので勉強になりました。本当の幸福とは?人間の本性とは?
この作品を読んだ後にこの発言は如何なものかと思いますが、もっと早く読みたかったですね!
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
聖書以外で、最も影響を受けた本です!
トルストイはキリスト者として、どう生きるか、
を一生問い続けた作家だと思います。 これは
その答えのような書。
教会を、クリスチャンをするどい眼で批判しながら、
単純な、純粋な生き方を求めるトルストイ。
私的には、トルストイの最高傑作であり、人間が
創造したものの中で、もっとも素晴らしい書です!
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
トルストイの作品の中では3大長編や民話などに隠れて、
小品扱いされるこの作品ですが、
その価値は決してそれらに劣るものではありません
(トルストイの厳しい審美眼からすれば、
これほどの出来でも公表できないと判断したようですが)。

トルストイは信仰を前にした人間のためらいを描くのが実に上手い。
「もう自分はこんな生き方はやめる、キリスト者として生きるのだ」と
決意を固めて家を飛び出しては、説得されて思い留まる主人公。
発心しかけると決まって現れて、彼を説き伏せる老人の論理が
実に鮮やかなのです。コリント人への第一の手紙11:14には、
「サタンは自分を光の使いに偽装している」とあります。
この老人こそは、文学にこれまで描かれた中で、
もっとも穏健な表情をした悪魔と言うことができるかもしれません。
それをようやく振り切って、信仰を選んだ主人公に長老がかけた言葉は…。
これはもう、トルストイにしか書けない完璧なセリフです。

この作品には、冒頭に「閑人たちの会話」という題の短篇が
置かれています。登場人物の誰もが信仰に生きることの意義を
認めているにもかかわらず、
なんだかんだと言い訳をし
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 konryon 投稿日 2003/6/1
形式: 文庫
一日で簡単に読める短編だが、「愛を以て万人に奉仕せよ」というキリスト教信仰の真髄を分かりやすくしかし意味深長な言葉で提示し、深い感銘を受けた。キリスト教的見地から、芸術、法律、社会、恋愛、結婚、家庭生活などと、幅広い範囲に関する深い考察をして、読者に自分の価値観の見直しを迫る。自分の人生に行き詰りを感じている人にお薦め。
70年代の翻訳なので、訳文はちょっと時代を感じさせる。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー