¥ 3,456
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
先駆の才 トーマス・ワトソン・ジュニア―IBMを再... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

先駆の才 トーマス・ワトソン・ジュニア―IBMを再設計した男 単行本 – 2006/12/1

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,456
¥ 3,456 ¥ 787

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 先駆の才 トーマス・ワトソン・ジュニア―IBMを再設計した男
  • +
  • IBMを世界的企業にしたワトソンJr.の言葉 (Eijipress business classics)
総額: ¥5,076
ポイントの合計: 151pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

反骨精神がコンピュータ市場を生み出した。経営の師と仰ぎ、敬愛の情を寄せた前任者を越えるには両者の間に嵐が吹き荒れようが、不撓不屈の反骨心が必要だった。後継者として認められるには、涙を流してでも戦わねばならなかった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ワトソン,ジュニア,トーマス・J.
1914年1月オハイオ州デイトンに生まれる。1937年にブラウン大学を卒業し、父の経営するIBMに就職するも、第2次世界大戦が始まると、IBMを逃げるように空軍のパイロットに志願する。戦時中に仕えたブラドレー将軍での経験から、自信と決意を持ってIBMに戻る。1946年に副社長、1952年には社長に任命される。1956年にCEO兼会長に就任し71年まで在職。退任後も、軍縮諮問委員会や駐ソ大使などを務め、IBMの領域を超えて社会に貢献した。1993年、コネチカット州にて死去。享年79歳

ピーター,ピーター
『フォーチュン』誌の編集委員。トーマス・ワトソン・ジュニアが自伝を執筆するために休暇を得て協力にあたる

高見/浩
『透明人間の告白』(「本の雑誌が選ぶ30年間のベスト1」に選出)など訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 677ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2006/12/1)
  • ISBN-10: 4478340250
  • ISBN-13: 978-4478340257
  • 発売日: 2006/12/1
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 4.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 531,488位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
トーマス・ワトソン・ジュニアの偉業は3つある。

1. IBMをコンピュータの会社としてNo.1にのし上げたこと

2. 父であるシニアが作り上げたIBMの社風や方針を判りやすくまとめ、現代風にしたこと

3. IBM以外でも広く活躍したこと。特に対ソ連平和活動に縁が深かったようだ

しかし、彼のこれらの偉業の影には、父との葛藤と羨望、兄弟姉妹や家族との軋轢が存在した。特に父親との衝突は(どちらも性格が苛烈なこともあって)激しかったらしい。

この自伝は、人生全体としては成功者であるに違いない TJW-II の内面の苦悩をかなり正直に記してあると思う。いろいろな意味で人生の参考になる一冊。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 優等生とは言えなかったT・ワトソン・JrがIBMをコンピュータ業界の大御所へと成長させる自伝。日本経済新聞の「私の履歴書」をうんと分厚くしたような本であるが、「私の履歴書」よりも自身の失敗談を赤裸々に語っており、非常に面白い。
 ・妹のジェーンから「私の夫が大佐だったって知ってた?」と、こちらがそこまで昇進できなかったのを承知の上でわざといびられた。
 ・ペンシルバニア大学でエニアックを初めて見た時の正直な感想は、「その巨大な、金ばかりかかる、信頼性の低い装置は事務機器にはなり得ないと思った」等である。
 厚い本だが、内容が多岐に渡っているので飽きずに読める。同時に、サラリーマンとしての能力と経営者としての資質は別物であると感じさせる本である。
 また私は英語学習を趣味としているので、いずれ原書でも読んでみたい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック