ポイント: 18pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 5月16日 日曜日 詳細を見る
最速の配達日: 5月 15日の土曜日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
先生、大蛇が図書館をうろついています! ―[鳥取環... がカートに入りました
+ ¥350 配送料
お届け日 (配送料: ¥350 ): 5月16日 - 19日 詳細を見る
中古商品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、カバー・中身ともに綺麗なものを販売しております。万が一、実際の商品とコンディションが違っていた場合は、返金にて対応をさせて頂くのでご安心下さい。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


先生、大蛇が図書館をうろついています! ―[鳥取環境大学]の森の人間動物行動学 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2020/4/2

5つ星のうち4.6 8個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥1,760
¥1,760 ¥990
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 先生、大蛇が図書館をうろついています! ―[鳥取環境大学]の森の人間動物行動学
  • +
  • 先生、アオダイショウがモモンガ家族に迫っています! (鳥取環境大学の森の人間動物行動学)
  • +
  • 先生、オサムシが研究室を掃除しています! (鳥取環境大学の森の人間動物行動学)
総額: ¥5,280
ポイントの合計: 54pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

コウモリは洞窟の中で寝る位置をめぐって争い、ヤギ部のヤギ・クルミがリーダーシップを発揮し、森のアカハライモリは台風で行方不明に!自然豊かな大学を舞台に起こる動物と人間をめぐる事件の数々を人間動物行動学の視点で描く。

著者について

1958年岡山県生まれ。
岡山大学理学部生物学科卒業。京都大学で理学博士取得。
岡山県で高等学校に勤務後、2001年鳥取環境大学講師、2005年教授。
2015年より公立鳥取環境大学に名称変更。
専門は動物行動学、進化心理学。

著書に『利己的遺伝子から見た人間』(PHP 研究所)、
『ヒトの脳にはクセがある』『ヒト、動物に会う』(以上、新潮社)、『絵でわかる動物 の行動と心理』(講談社)、
『なぜヤギは、車好きなのか?』(朝日新聞出版)、『進化教育学入門』(春秋社)、
『先生、巨大コウモリが廊下を飛んでいます! 』をはじめとする、「先生! シリーズ」(今作第14 巻)、
番外編『先生、脳のなかで自然が叫んでいます! 』(築地書館)など。

これまで、ヒトも含めた哺乳類、鳥類、両生類などの行動を、動物の生存や繁殖にどのように役立つかという視点から調べてきた。
現在は、ヒトと自然の精神的なつながりについての研究や、水辺や森の絶滅危惧動物の保全活動に取り組んでいる。
中国山地の山あいで、幼いころから野生生物たちとふれあいながら育ち、気がつくとそのまま大人になっていた。
1日のうち少しでも野生生物との“交流"をもたないと体調が悪くなる。
自分では虚弱体質の理論派だと思っているが、学生たちからは体力だのみの現場派だと言われている。

登録情報

  • 出版社 : 築地書館 (2020/4/2)
  • 発売日 : 2020/4/2
  • 言語 : 日本語
  • 単行本(ソフトカバー) : 184ページ
  • ISBN-10 : 4806715980
  • ISBN-13 : 978-4806715986
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.6 8個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
8 件のグローバル評価
星5つ
82%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
18%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2020年6月30日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト50レビュアー
2020年6月11日に日本でレビュー済み
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告