通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
先代カリスマを超えて、後継者が最高業績を上げるチー... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 書込み等なく概ね良好な状態です。◆アルコール消毒・防水加工の上、Amazon倉庫より発送。◆保障付き。万一、商品に不具合がありましたら返品・返金対応致します。◆新品在庫切れ・絶版等の商品はプレミア価格設定をしている場合がありますので予めご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

先代カリスマを超えて、後継者が最高業績を上げるチームV字経営 (日本語) 単行本 – 2017/4/12

5つ星のうち5.0 7個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2017/4/12
¥14,850
¥14,850 ¥8,920
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 2 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から260円OFF。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から260円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


ブックマイレージカード
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から260円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 先代カリスマを超えて、後継者が最高業績を上げるチームV字経営
  • +
  • 小さくても儲ける会社の「社長」のチェックボックス (アスカビジネス)
総額: ¥16,500
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

社長にとって、やり直しがきかない最も難しい仕事が「トップの仕事の承継」。
本書は、ここ十数年のあいだに、後継者と次世代幹部を同時に育て、最高益を更新する後継者チームを続出させた著者が、世代交代後も稼ぎ続ける独自の経営体勢づくりを初公開。

出版社からのコメント

創業以来の最高業績を達成した後継チームが全国で続出! ■食品製造メーカーK社 会長 「チームV字経営で鍛えられた人財がその後、役員や部長となり、後継者の右腕、左腕として活躍、最高業績を更新中です」 ■衣料品リフォームK社 会長 「後継者と次世代幹部が着実に力を身につけてくれて、業績を伸ばし続けています。これで安心して後を任せられます」 本書は、社長にとって、やり直しがきかない最も難しい仕事「トップの仕事の承継」をスムーズにし、世代交代後も継続的に業績を伸ばす「チームV字経営」の実践法を初公開!

内容(「BOOK」データベースより)

先代が超えられなかったカベを打ち破り、最高益を達成した後継者チームが続出!

著者について

「経営課題の解決」と「次世代経営チーム育成」を同時に達成する〈チームV字経営〉の創始者。
慶應義塾大学経済学部卒業後、ブラザー工業株式会社に入社。ミシン事業に代わる新事業が不振の中、「起死回生の商品を作れ」という特命を受ける。氏を中心とする若手メンバーのみで「消耗品やソフトで儲ける会社に変わる」という当時のビジョンのもと、ラベルライター 「 P-touch (ピータッチ)」 を考案。
同商品が全米でシェア60%を超える大ヒット商品へと成長し、ブラザーがミシンメーカーから情報機器メーカーへと大きく飛躍する一翼を担う。 さらに同社の画像システム事業部で営業を担当し、優秀セールスマン賞を7回受賞。
これらの経験を活かし戦略コンサルタントに転身。大手金融系シンクタンク で経営戦略部長兼プリンシパルを9年間務め、大企業から中堅中小企業まで約400社の経営指導をおこなう。
2014年、「 次世代のリーダーを育てて百年企業への成長をガイドする」 をミッションにV字経営研究所を設立。指導会社に次世代経営チームを組織し、第二・第三次創業を支援するためのOJTプログラムを導入。この十数年の間、先代が超えられなかった壁を打ち破り、最高益を達成する次世代経営チームを多数輩出している。
蔭で人を支える「人生送りバント」をモットーに、現場に深く入り込んで粘り強く指導する姿勢に、経営者、後継者、幹部社員の中に強烈なファンがいる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

酒井/英之
「経営課題の解決」と「次世代経営チーム育成」を同時に達成する“チームV字経営”の創始者。「次世代の経営リーダーを育てて百年企業を創出する」をミッションにV字経営研究所を設立。指導会社に次世代経営チームを組織し、第二・第三次創業を支援するためのOJTプログラムを導入。この十数年の間、先代が超えられなかった壁を打ち破り、最高益を達成する次世代経営チームを多数輩出している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


出版社より

【まえがき  ~百年企業への道~】

企業が長期持続発展することは、経営者の悲願である。それはオーナー一族の繁栄や、社員とその家族を守りたいという小さな願望ではない。実際に、百年続くある酒問屋の三代目の社長に、次のように言われたことがある。「先日、創業180年の老舗の蔵元が倒産しました。世間の人はそれを『あの会社は経営努力が足りんのだ』で片づけました。しかし、そんなに簡単に片づけていいのでしょうか。180年続いた蔵は地域のシンボルで、そのブランドは地域の資産のはず。会社が倒産すれば、それすら消滅してしまう。企業には地域の文化や誇りを守る大事な使命もあるのです」

実は、この言葉は私にではなく、私と一緒にいたある地銀の行員に向けられたものだった。が、私の心にグサリと突き刺さった。それまで私は、企業が長寿を目指すのは「当たり前」としか考えていなかった。が、この言葉で、世の社長たちが次世代に経営を繋ぎたいと必死になるのは、純粋に世の中のお役に立ち続けたいという大義のためだと気づいたからだ。以来、私は「百年企業への成長をガイドする」を自分の仕事の中核に据えてきた。その過程で一番の壁となるのは、カリスマを継ぐ後継者の育成である。私は、代替わりの準備に入った顧問先の社長から、次のように頼まれることが多い。「そろそろ、うちの後継者(子息)を鍛えてやってくれませんか?」この依頼をするとき、社長は頭の中に、私が家庭教師のようにマンツーマンで後継者に経営スキル指導している姿をイメージしている。しかし、そのような方法で、カリスマの後を継げる人を育てられるだろうか?

社長が社長に就任した当時に比べて、会社は格段に大きくなっている。この大きさにまで会社を育てた社長は、当然会社の隅々までご存知だろう。が、何も知らない後継者が途中でやってきて、同じように「背負ってみろ」と言われても、これは難しい。会社全体を継ぐことを100とすれば、ひとりで背負えるのは、せいぜい30くらいではないか。要は、荷が重いのである。それを家庭教師のように指導したところで後継者のパワーが、30から100になるわけではない。それよりは残りの70を背負ってくれる信頼できるチームを育てることである。後継者をリーダーとする次世代経営チームを育て、その上で後継者は社長としてやるべきことに集中する。

私の顧問先のある後継社長は、「ヒト(人事)とカネのことは自分がやる。後は幹部に任せている」と語っているが、脇を固めることができれば、それができるのである。また、コンサルタントが家庭教師をしたところで、社長にとって最も大切な「この人について行けば間違いない」とか「この人は私たち社員を大事にしてくれる人だ」という周囲からの信頼をつくることはできない。信頼だけは、自らが実践し結果を残さないかぎり生まれないからだ。そこで社長は、実際に会社の事業の一部を任せ、結果を出せるチャンスを与えようとする。ところが、この任せ方が難しいのである。あまりに大きな課題を「やってみろ」と丸投げすれば、後継者は何をすればよいかもわからず、かえって自信を喪失してしまう。だからといって途中で「それは違う、こうするんだ」と社長が口出しをすれば、周囲から見たら「社長がいないと何もできない人」になってしまう。任せ方を間違えると後継者を潰してしまうのだ。そのため、後継者育成を依頼されたときに、私は社長に以下の2つのことが大切だとお伝えしている。

第一は、カリスマを継ぐ後継者は後継者ひとりだけに焦点を当てず、後継者をリーダーとする次世代経営チームを組織し、彼を支える幹部たちも一緒に実践の中で育成すること。第二は、次世代経営チームに適切な課題を与え、それを解決することによって自信をもってもらうとともに、このときの考え方や運営方法を仕組みとして社内に定着すること。

この2つを同時におこなう方法を「チームV字経営」と呼んでいるのである。

本書で述べる「チームV字経営」は、社長が事業を後継者にバトンタッチするまでの5年から10年の、社長と後継者が並行して走る期間中に、後継者を中心として次世代の幹部候補社員数名でチームを組んでもらい、チーム全員で会社が抱える経営課題を短期間で解決することで足場を固め、そのうえで将来の繁栄の土台を築いていくという、独自のOJTプログラムである。もちろん、すべて社長の了承のもとで実施するが、狙いは、会社が直面している経営課題を解決すると同時に、次世代を担う経営チームを創出し育成するところにある。この「チームV字経営」プログラムは、次の5つのステップで構成している。

【ステップ1】再成長への足元を固める(業績の凹みを再成長の起爆剤とする)

【ステップ2】凹み脱出Vプランの実践(短期計画目標を必達する習慣を身につける)

【ステップ3】ビジョン開発の実際(全員が同じ夢を見るための実現可能なビジョンを策定)

【ステップ4】明日の商品・事業づくり(次の稼ぐものをつくり最強となれるテリトリーで№1を目指す)

【ステップ5】自燃社員が育つ仕組みづくり(幹部全員を自発的に考え行動する自燃社員に成長させる)

できれば、後継者とチームのメンバーは30歳代が理想である。若いときに、一緒に仕事でトライ&エラーを経験し、楽しいことも辛いことも、ともに分かち合った仲間とは生涯を通じて固い絆を結ぶことができるのである。これまでに「チームV字経営」を実践した会社の中から、業績を着実に伸ばし、先代が超えられなかった壁を打ち破るほどの目覚ましい成果を上げている次世代経営チームが十数社で誕生している。社長がまだまだ元気なうちに、後継者とその後継者を支える幹部社員を「チームV字経営」の実践の中で育てていただきたい。それがイノベーションを創出し続ける百年企業への第一歩である。

2017年2月 株式会社 V字経営研究所 代表取締役 酒井英之

【目次】

序章 チームV字経営の威力

1.承継時に経営スタイルを転換せよ

2.靴小売チェーンK社の「チームV字経営」導入効果・・・他

第1章 代替わりしても稼ぎ続ける

1.何代も繁栄する経営を目指して

2.企業永続発展の条件

第2章 V字成長を実現する<5ステップ>

1.次世代経営チームのメンバーを選定する

2.新たな歴史をつくる〈V字成長への5ステップ〉

第3章 継続発展になぜビジョンが必要か

1.「誰にでも見える」からビジョン

2.ビジョンをストーリーにする・・・他

[実践]チームV字経営

第4章 【チームV字経営 ステップ1】再成長への足元を固める

1.業績の凹みを再成長の起爆剤とする

2.再成長への足元を固める「凹み脱出計画」の進め方・・・他

第5章 【チームV字経営ステップ2】凹み脱出Vプランの実践

1.凹み脱出Vプランの具体的なつくり方

2.Vプランをつくる実際の手順・・・他

第6章 【チームV字経営ステップ3】ビジョン開発の実際

第7章 【チームV字経営ステップ4】明日の商品・事業づくり

1.竹やぶ戦略とプラスワン戦略

2.新たな売りものは「予期せざるもの」から探せ・・・他

第8章 【チームV字経営ステップ5】自燃社員が育つ仕組みづくり

1.社員の自燃性を引き出すには

2.社長自身が自分の自燃性を維持する4つの思考法

※巻末資料10点


登録情報

  • 単行本: 436ページ
  • 出版社: 日本経営合理化協会出版局 (2017/4/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4891013834
  • ISBN-13: 978-4891013837
  • 発売日: 2017/4/12
  • 商品の寸法: 21 x 14.8 x 2.5 cm
  • カスタマーレビュー: 5つ星のうち 5.0 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 572,197位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
評価の数 7
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

7件のカスタマーレビュー

2017年5月12日
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年5月30日
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年5月21日
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年5月25日
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年5月24日
2017年5月21日
2017年6月5日
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告