通常配送無料 詳細
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
兄嫁淫情・義母欲情 (フランス書院文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: ほぼ新品 | 詳細
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: Amazonアウトレットは、Amazon.com グループの一部ですので、Amazon.co.jpが発送やカスタマーサービス業務を行います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

兄嫁淫情・義母欲情 (フランス書院文庫) 文庫 – 2016/7/25

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 750
¥ 750 ¥ 115

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 兄嫁淫情・義母欲情 (フランス書院文庫)
  • +
  • 完全支配: 彼女の母、彼女の姉、先生の奥さんを… (フランス書院文庫)
  • +
  • 力ずくの夜這い: 義母、姉、叔母に… (フランス書院文庫)
総額: ¥2,220
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「オナニーしてたんでしょ?、手伝ってあげる」
肉棒を細い指でそっと握り優しく摩擦する艶兄嫁・遥。
「すごく勃起してるのね、迫ってきてもいいのよ」
豊麗乳房を密着させ、禁断交尾へと誘う若兄嫁・七海。
兄嫁ふたりの競うような家庭内相姦に翻弄される翔太。
蜜戯に気づき触発された義母・由紀江も暴走を始め……

内容(「BOOK」データベースより)

「オナニーしてたんでしょ?手伝ってあげる」肉棒を細い指でそっと握り優しく摩擦する艶兄嫁・遥。「すごく勃起してるのね、迫ってきてもいいのよ」豊麗乳房を密着させ、禁断交尾へと誘う若兄嫁・七海。兄嫁ふたりの競うような家庭内相姦に翻弄される翔太。蜜戯に気づき触発された義母・由紀江も暴走を始め…


登録情報

  • 文庫: 331ページ
  • 出版社: フランス書院 (2016/7/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4829641703
  • ISBN-13: 978-4829641705
  • 発売日: 2016/7/25
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 356,311位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
デビュー4作品目となる作者の最新刊は厳格な父親が君臨する家庭を舞台に、大学受験を控えた主人公の【翔太】がひと夏に義母や二人の兄嫁たちと次々に体験する相姦を描いたクラシカルな誘惑官能作品である。
貞淑で魅力的なヒロインたちに対し主人公が少しずつ大胆なことを求め羞恥を与えていくというのはこの作者お得意の描写だが、優秀な二人の兄にコンプレックスを抱きつつ相手の心理の変化に敏感で、甘え上手ながらも草食な三男坊という設定がいかにも現代的と言えそうである。もちろん「しょうた」と名付けている通りヒロイン3人が主人公に見せる愛情も、ショタコンめいたものを感じさせているのは言うまでもない。

・長兄の妻【遥】26歳

スタイルが良く仕事も出来る社長秘書(義父が社長である)だが、一家の長男でもある夫がマイペースな性格で夫婦の営みもしっくりいっておらず、更に有能な秘書であった義母と比較されてストレスを感じている。きっかけは黒本お馴染みの出歯亀なもので、受験勉強の励みになればと慰めがいつしか本番へと繋がっていく流れである。感情をあまり露わにしない彼女が次第に羞じらう様子を見せるのが妙味を感じさせる。

・次兄の妻【七海】24歳

実家から独立して暮らす次兄夫妻だが、結婚して間もないというのに夫の浮気性に悩まされてしま
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 DSK トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/8/12
形式: 文庫
タイトルから2人ヒロインをイメージするが実際は兄嫁が2人いる計3人。甘えん坊な主人公の振る舞いがやや鼻につくものの極めてオーソドックスに展開するストーリーは安定したもの。ただし、ここ最近の「黒本」誘惑路線としては結末でチャレンジした印象もある。家族や親族との関係性として現実的な纏め方には賛否が分かれるかもしれないが、何が何でもハーレムエンドという風潮に一石を投じる意味ではアリかと思う。

裕福な大家族として全員が同居している状況で話は上の兄嫁【遥】26歳を軸に進む。淡泊な夫との夜の営みに発散し切れず疼く身体を鎮めようと耽った自慰が主人公に知られてしまい、その秘密を約束に主人公の求めに応じる形だが、優秀な兄達への引け目から人の顔色を見ることに長け、時に甘える末っ子らしい主人公の希望に沿う形でもある。中盤では自ら主人公を求めるといった積極さも見せ始め、主人公との関係を心地良く思ってもいたようであるが、それには理由がある。あくまでも夫への不満やストレスを埋めることがメインの遥である。

遥よりも夫ラヴな下の兄嫁【七海】24歳は新婚早々に夫の浮気が発覚したものの、その原因は自分にあるのでは?と悩むところから始まる。「黒本」お得意の出歯亀で遥との関係を知られた弱みもあり、性戯も拙い七海の訓練役となっていく主人公である。

そして、そ
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す