この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

首都高バトル0

プラットフォーム : PlayStation2
5つ星のうち 4.0 17件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報


  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


製品情報


登録情報

  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B00005OVWW
  • 発売日: 2001/3/15
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 7,656位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonより

   深夜の首都高速道路を舞台にしたレーシングゲームの第3弾。実距離に基づいて首都高が再現されており、本当に首都高を走っているようなリアルさで美しいグラフィックスが魅力のゲームである。ゲームの内容は、400人以上ものライバルをバトルで倒し、首都高最速伝説を築いていくというもの。1対1で行われるバトルは、ドライバーの精神力を数字化した「SP」を削り合って勝敗を決めるという、異色のシステムを搭載。登場する車は前作より増えて60車種/130グレード以上。バトルで手に入る賞金で、チューンナップすることも可能で、自分の走りで通り名が変化するようにもなっている。

   新しい試みとして、プレイステーション2と携帯電話を接続することで新車種やパーツが入手できたり、USB接続のパソコン用ハンドルコントローラに対応するなど、ゲームの楽しさがさらに広がっている。車を走らせる爽快感、風景などの臨場感、限界ギリギリの緊張感あふれるバトルなどがたっぷり楽しめる1本だ。(秋月昭彦)

レビュー

   ゲーム画面はぱっと見た感じ、DC版の『首都高バトル2』とあまり違いがなさそうに思えた。だから、新鮮味が薄いのは仕方のないこと。そんな印象を抱きながら、実際にプレイし始めると…DC版でさんざん遊んだにもかかわらず、またまた夢中になって「首都高」を走りまくってしまった。こうしてDC版、PS2版それぞれの『首都高バトル』をやってみると、改めて「SPバトル」の面白さを再確認。一般的なレースゲームだと、先にゴールしたほうが勝ち、もしくはタイムの速いほうが勝ちという単純明快なルール。ところが『首都高バトル』シリーズのSPバトルはそうはいかない。相手より前を走って、相手の精神力を削っていくという、いわば格闘ゲームの体力の削り合いみたいなレースが繰り広げられる。対戦相手がピッタリ後ろについていると、なかなかゲージが減らないので、いつまでもひたすら走り続けることに。このプレッシャーを受けながら、一般車両のあいだをすり抜けて走るスリルは、他のRCGでは味わえない、本作最大の魅力だ。
   さらに、個人的うれしい要素がいくつか追加されている点も発見! まずは自動速度取締機、通称オービスが設置されている点。だいたい時速260キロオーバーで設置地点(これも実際と同じ場所だ)を走り抜けるとオービスが発光。しっかり罰金も取られちゃう。だからといって、速度をゆるめることはないんだけどね(笑)。さらに、ホイールの色をリム部とスポーク部を別々に変えられる点。ささいなことだけど、自分好みのクルマを作れることも本作の魅力のひとつなので、これはうれしかったな。あと、ライバルの人数が増えている(400人もいるらしい)点にも注目。倒しても倒しても次々に現れるので、DC版よりもテンポよくゲームが進行。しかもお金も貯まりやすいので、チューニングや新車の購入もスムーズに進む。こうして全体を見ると、DC版で不満に感じていた部分がしっかりリファインされていて納得のデキ。DC版を走り込んだ人にもオススメだ。
(電撃王2001年5月号)


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

最近引っ張りだしてまた遊んでました。2度目の「首都高の伝説」をもらい終わらせましたが…。当時予約までして買ったこのゲーム…相変わらず楽しくて飽きないデス。「01」はすぐに売ってしまいましたが…。自分は東京の生まれなので、実家のそばの9号深川線などお馴染みな場所があり嬉しかったデス。「GT」ほど挙動や操作がリアルでないのが、逆にゲームとして楽しめて好感が持てマス。実際にはとても買えないので…自分はもっぱらNSXばかり乗りマス…。序盤のお金のない頃はFCを愛用してましたが、今回はあえて自分の好きなS14を使ってみました…。それもあえてお金をケチってロクにチューンせず、開幕早々LPSを発動させ…。…結構イケるモンですね。肝心な首都高はと言えば、完璧とは言えないまでも…かなりよく出来てますよ。一般車なんかは…時間によっては、もう少し数を増やしても良かったと思いますけど。お遊び要素も多いし…西部警察の「マシーンRS」なんかは、自分と同じ30代の方には楽しかったと思いマス…。欲を挙げればキリがナイのですが…「01」にはあまりにガッカリさせられたので…次回作はこの「0」を思い出して作って頂きたいです。自動車メーカー様の理解が得られないのであれば…この「0」の様に実名じゃなくても良いと思いマス…。…そのうちまたヒマがあればこの「0」を遊びたいと思いマス…。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
14年たってもたまに遊びたくなる名作。
深夜の首都高の雰囲気が再現されており、整備されたサーキット上を走るタイプのレースゲームとは一味違ったドキドキ感がある。
挙動もいい意味でリアルではなく、遊びやすいと感じる程度の少しのリアル感。
何より、ライバルの顔などは一切明かされないにもかかわらず、ライバルリストの設定を読むだけでちゃんと一人一人のキャラが立っており、独特の世界観を感じられるように工夫されている。
また、音楽も雰囲気にマッチしており非常にいい。
余談だが、01では0のこのいい雰囲気が一気に崩れているため、非常に「ガッカリ作」となっている。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
カスタムを楽しみたいなら01、走ることを楽しみたいなら0です。

0は、車種名が型式を元にした名前になっているため、01ではメーカー側の許可が下りないため使用できない
ホンダ車も多数登場します。BMWやプジョーといった外車も登場しますし。
名前は車両購入後に任意で変えられるので、車名が伏せられているという点は苦になりません。
後で実際の車名に変えてしまえばいいわけですからね。

また、ボス車も非常に個性的。シャアザク仕様のGT−Rも出ますし、01よりもはっちゃけています。
01ではできないボス車の塗装変更もできるので、私はシャアザク仕様のGT−Rの塗装を深緑にして
量産型ザク仕様で使っていますよ。

グラフィックは、当然01よりは劣りますが荒くはありません。しばらくプレイすれば慣れます。

アザーカーも、トラックやタクシーと現実味があります。
オービスに引っかかることもあれば事故車に遭遇することもあって、そういう意味では非常にリアル。

01に負けていると感じる点は、やはりカスタムでしょうか。
01のように自由にペイントすることはできないですし、ウイングレス仕様にできない車種も多数。
でも、エアロを自由に
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/5/17
首都高速という日常のコースを舞台にしているだけあり、利用したことがある人なら、ゲームの中でも走っているコースが想像できてしまうのが凄いと感じるだろう。
もっと凄かったのは実際に走っていなかったコースをゲーム内で習得し、本当の首都高を走ったらあまりにもゲームと同じなので驚いた。クルマのカスタマイズやゲーム性などでも多くを語れると思うが、やはりこのゲームの醍醐味は実際にかなり近い首都高の再現性に尽きると思う。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
“挙動がリアリティに欠ける”と言う意見もあるようですが、操作性も悪くありませんし、“ゲームとして”サクサク遊べていいと思います。

そもそも“グランツーリスモ”シリーズと比較すること自体間違ってますよ。

一口アドバイス。
・高額CP所持がバトル条件のワンダラー(鳳仙花エタニティ、焦燥の迅姫、キューティーヒップ、疾走のファンファーレ)は、資金に余裕のある内(第1部、第2部クリア時直後など)に倒しておいた方がいいです。

・バトルは1日1〜2戦に留め、日数は早めに進めることをお勧めします。私はZERO(365日経過後出現)でハマりました(泣)。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー