通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
元気でいてよ、R2‐D2。 (集英社文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

元気でいてよ、R2‐D2。 (集英社文庫) 文庫 – 2012/8/21

5つ星のうち 3.4 9件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 486
¥ 486 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 元気でいてよ、R2‐D2。 (集英社文庫)
  • +
  • 野球の国のアリス (講談社文庫)
  • +
  • 八月の六日間 (角川文庫)
総額: ¥1,814
ポイントの合計: 56pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

●隣の課の課長が自分のことを好きらしいと聞いた陽子は、全く好意はないが変に意識するようになる。その後課長は若い部下との結婚が決まって、陽子は微妙に“振られた女”という目で見られるように。最初に課長の話を振ってきた後輩・亜里沙の作為を疑う陽子。だが後輩の行動はそれだけではなかった…「三つ、惚れられ」 ●会社の後輩と居酒屋で飲んでいる女性の独白。連想ゲームのように次々と話題が出てくるなか、彼女の儚く終わった恋の記憶が蘇る…「元気でいてよ、R2-D2。」 ●千葉に住む姉夫婦の家に数日泊まって東京見物をする詩織。義理の兄に郊外の美術館に連れて行ってもらう。日常を離れて特別な時間を味わうが、帰宅して姉に言われた言葉にどこか毒を感じてしまう…「さりさりさり」他、普段は見えない人の真意がふと現れる瞬間を描く、全8編収録の短編集。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

平穏な日常は、他人の何気な言葉ひとつで、ざわつき始める。夫と後輩女性が噂になっていると聞き、妻が駆け込んだ所は?(「マスカット・グリーン」)女同士の飲み会で、あっちこっち脱線しながら話すうち、ふと蘇る切ない記憶(「元気でいてよ、R2‐D2。」)。笑顔の裏の真意、言葉にできない負の感情など、普段は隠している本音が顔を出す瞬間を、女性を主人公に巧みに描く。傑作短編8編を収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 202ページ
  • 出版社: 集英社 (2012/8/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087468720
  • ISBN-13: 978-4087468724
  • 発売日: 2012/8/21
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 826,911位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.4

トップカスタマーレビュー

投稿者 four-leaf clover 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2009/10/6
形式: 単行本
北村薫さんの全8編収録の短編集。

北村さんの作品は今まであまり読んだ事がなかったけれど、この短編集は陰や毒を含んでいて
色々考えながら読めた面白い一冊でした。

こんな日常の中に潜む毒を描いた作品は深くて結構好きです。
人間心理の奥深さも感じました。

「三つ、惚れられ」が印象に残ります。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「水に眠る」という短編集以来、北村薫さんの短編は大好きです。

日常に潜む、言葉に出来ない悪意や好意や気持ちの交差。
ひっそりとした悲しみや憂い(これを描いたものが一番好みなのです)。

うぁぁあ!!(私は穴があったら即刻入って、影すらも残したくない気持ち、と取ってますが)と思うような落ちにはいたりませんでしたが、何度も読み返し、慈しみたい。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
短編小説を9作集めた短編小説集。

表紙やタイトルから、私は長編の心温まる小説か何かかと思っていたが、内容は真逆であった…。
ひとつの作品はかなり短く、時間が無い時でも読むことが出来る。

内容は様々だが、結末は少し変わっている。まえがきにも「陰のある短編集」とあるように、うわぁと思えるような小説をコンセプトに描いたようである。
読んでみると、まぁ確かにぞっとするようなうわぁとなるような作品は確かにある。
ただ、そういった作品は少数で、ほとんどはふぅん…。といった内容のものばかり。

ただの短編小説集として読むのであれば、まぁ面白いのだろう。
ただ、まえがきにそんなことが書かれていると、こちらもそういった頭に切り替えて読んでしまう。言い換えればハードルを上げてしまう。
その目線で見ると、著者が思っているよりはちょっとクオリティが低いのではないだろうか。
星新一のショートショートと思って読んでもパンチが薄い気もする…。

もうすこしコンセプトを絞って、内容に深みがあっても良かったのではないだろうか…。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 今年直木賞を受賞した北村薫が、2007年から2009年にかけて雑誌媒体に発表した8編を収めた一冊です。
 北村薫が「私と円紫さん」や「ベッキーさん」のシリーズで扱ってきたような日常に潜む些細な謎をもとに紡いだ物語でありながら、怪異譚といった性格を強く持つお話がそろっています。

 しかし必ずしも多くの読者に好意的に受け止められる物語ばかりではないような気がしました。
 表題作の「元気でいてよ、R2-D2。」にはさほど感心しませんでした。
 「腹中の恐怖」は確かに怖気(おぞけ)を震(ふる)って立ちすくんでしまうような展開を見せる物語ではありますが、北村薫の長年のファンを自認する私には、彼の紡ぐ物語というものに対してある一定の期待値を持っていて、そこからは遥かに遠い不気味さが残る、後味の悪さが気になりました。
 「さりさり」と「よいしょ、よいしょ」にも特に思うところがありませんでした。

 一方「マスカット・グリーン」には、人生の路傍に思わぬ形で置かれた密やかな闇を見せられた気がして、実に北村薫らしい一品だなと唸らされました。この物語の闇は誰しもが気づくわけではないものですが、主人公の涼子はふとしたきっかけで気づいてしまいます。闇の持つ妖しさのみならず、気づいてしまうことの痛みにも思いが至ります。
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 志村真幸 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2015/12/14
形式: 文庫
 2009年に出た単行本の文庫化。
 8本の短編が収められている。おおむね2007-2009年に雑誌発表されたものだが、1本だけ1997年のが混ざっている。
 暗いタッチのばかり集めたのだという。たしかに、ホラー小説のようにぞっとしたり、会社の人間関係の嫌な部分が描かれていたり、夫婦のすれ違いを扱っていたり、忘れたい記憶との遭遇がテーマになっていたり。
 とはいえ、ひねりがあってストンと落ちる作品ばかり。短編作家としての腕の冴えを堪能させられた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告