中古品
¥ 186
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【48時間以内に防水処理をして発送をさせて頂きます。】カバーにヨレ・キズ・若干のヨゴレ及び、淡いヤケがあり、本体は数ページの下部に縦ヨレがありますが、その他目だったダメージが見られない状態です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

元日銀マンが教える預金封鎖 単行本 – 2004/6/7

5つ星のうち 4.2 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404 ¥ 185
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 37,702
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

あなたの財産が消滅する! 預金、株、不動産……預金封鎖が起こる外堀は埋められている! 日銀が話したくなかった真実を明かす衝撃の書。

預金が下ろせなくなる? 財産が消滅する? 債券・株券のペーパレス化、不動産登記の電子化、住基ネット……。着々と、あなたの財産は囲い込まれている。元日銀マンがはじめて明かす、日本の危機!
かつて、戦後日本が行った「預金封鎖・財産税」が、現代においても実施されようとしているのか?!
この預金封鎖への対処法として、次のようなことが巷では言われている。『外貨預金にする』『金(ゴールド)を持つ』『タックスヘイブン、オフショア市場の利用』『不動産を買う』『外国株を保有する』……、しかし、すべて行っても「預金封鎖」には対処できない!

著者からのコメント

預金封鎖が起きたら大変だ、ということは誰でも分かることです。また、預金封鎖、そして財産税の徴求をすれば財政赤字も不良債権も解決するのも分かっています。 しかし、それはすべて「預金封鎖が実施された」場合の話です。どうやって預金封鎖を実施するかについては情報が少ないのが現在の日本の現実です。

そこで、私は預金封鎖が実施されるときにはどんな前兆があるのか、どういう施策が預金封鎖につながるか、それを皆さんにお知らせしたくて本を執筆しました。 まったく意識しないうちに、私たちの財産を守る外堀は埋まりつつあります。内堀まで埋められる前に、私たちの財産を守るための行動を起こして下さい。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 219ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2004/6/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569635059
  • ISBN-13: 978-4569635057
  • 発売日: 2004/6/7
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 114,983位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
この本が書かれたのは2004年、その頃の時代背景はデフレ対策として日銀はマネタリーベースのうち日銀当座預金を目標に国債を買い上げする量的緩和政策を行っていました。しかし、最終的な購入規模は30から35兆円でした。
この頃、「預金封鎖」「財産税」という言葉に反応する日本人はほとんどいなかったでしょう。

2012年12月の総選挙で安倍政権が成立して、2013年4月の黒田日銀の異次元の質的・量的金融緩和政策を含む、いわゆるアベノミクスが始まって、2016年12月の現時点までの経過を振り返ると、発刊以来12年の時間を経て、「預金封鎖」「財産税」という言葉がいかに現実味を増したことかと感慨深いものがあります。

国や民間の資産の裏づけがない国債の貨幣化であるヘリコプターマネーも議論されている状況から、国も日銀も確信犯としてインフレを起こし国の債務を削減しようと政策運営を行っていると思われるところもあります。

著者は「預金封鎖」「財産税」の予兆として「海外資産の規制強化」を目印に挙げています。
最近の海外への資産移動規制の流れを時系列に見ると
2014年 国外財産調書制度施行
2015年 出国税施行
2016年 マイナンバー制施行
     財産債務調書制度施行
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
毛並みの違う元日銀マンの視点から書かれた預金封鎖本です。
話の進め方がその他の関連本とは違い、日銀の立場から考えるとこうなるという視点から書かれています。
最後の方には、今やこの手の本のお決まりのパターンと言えるのかもしれませんが、預金封鎖への対処法が書かれています。書かれているのですが、よく言われている対処法があまり効果のないものであるという部分もある程度具体的に書かれていて参考になります。
ただ、全体的にということではなく、部分部分で舌足らずのように感じる部分がありました。著者にとっては当たり前、読者にとってもこんなこと当たり前だろうという部分に関してはそう感じる部分がありました。
しかしながら、全体的には分かりやすく書かれていて、この手の本でよくあるパターンの読者を恐怖に陥れようという煽りがない、良い本だと思います。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
元日銀マンのキャリアが書いただけあって、今までの預金封鎖の本とは比べ物にならない真実味で書かれてある。預金封鎖の本は読み飽きたと思っている人も、この本は読むべきだろう。重複になるが、今までの預金封鎖本より真実性が高いからだ。この人の次の作品が読みたい。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
   このまま財政赤字が拡大すれば、インフレは必定。その結果、預金封鎖・財産税が実施され、単純には分からない方法で慎重に外堀が埋められ、ある日気がついたら預金封鎖されていた、と言うのが最も適切なシナリオ。樋口一葉デザインの5千円札の発行遅れは、預金封鎖・新円切り替えの為の大量新札の印刷の為とか。
   
   マネーロンダリング対策強化、住基ネット導入、海外投資モニター制度等で庶民の財産は捕捉されてしまい、財産を守る為に、外貨預金、金、タックスヘブン・オフショア市場の利用、外国株購入等をしても全てダメで、円を外貨預金するか海外に移住するか等などしか方法はない、と言う。
   大分前になるが、アルゼンチンでタクシーに乗るのに、1億ペソ払ったことがあったが、千ペソ札など不完全印刷のまま流通していた。ブラジルでも、日毎に改定するのでスパーの値札が数ミリの厚さだったり、今でも、10万クルゼイロ札に100クルザードのハンコを押したデノミ札を持っている。しかし、住民はビクともしていなかった。
   アテネが好きだから悪法も法だと言って死んでいったソクラテスの心境か、その時はその時、日本の為なら預金封鎖も結構。兎に角、この本、下手な推理小説より面白い。しかし、著者の本意は、ページの大部を費やした日銀の目的を「通貨価値の安定」から「物価の安定」に縮小した新日銀法批判かも知れない。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/7/4
形式: 単行本
これまで、たくさんの預金封鎖の本があったが、元日銀マンが書いたというだけあって、説得力があり、一気に最後まで読みました。これまで定説となっていた対策についても、問題ありということで、参考になりました。ただ、預金封鎖にいたるシナリオを理路整然と書いてきたのにエピローグで秋に預金封鎖の可能性ありとの話は、シナリオと全然あわない。そんなはやく皆が困るほどのインフレがおきるはずがない。
一気に興ざめしました。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック