通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
元型論 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 状態は並の中古本です。ヤケ、シミあります。中古品ですので多少のキズ、オレ、ヨゴレ等ある場合がございますので状態にこだわる方はご遠慮ください。商品説明に付属品(帯・付録・特典等)の記載がない場合は、付属しておりませんのでご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

元型論 単行本 – 1999/5

5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 6,048
¥ 6,048 ¥ 5,397

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 元型論
  • +
  • タイプ論
総額: ¥15,120
ポイントの合計: 455pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

人間のこころには、フロイトのいう個人的な無意識だけでなく、人類に共通の集合的無意識がある―ユングの独創であり、卓見である「集合的無意識」とそのパターンとしての「元型」をめぐるユング自身の理論的文章をすべて収録した決定版。古今東西の該博な知識に裏づけられたユングの名文を、長年の研究に基づいた丁寧な訳註・解説を付け、日本語に再現する。ユング思想を理解するのに必携の一冊。

内容(「MARC」データベースより)

ユング思想の根幹を成す「集合的無意識」と「元型」をめぐる、ユング自身の理論的文章をすべて収録。1982年刊「元型論」と83年刊「元型論 続」を合本して徹底的な改訂をほどこし、重要論文を追加した増補改訂版。


登録情報

  • 単行本: 524ページ
  • 出版社: 紀伊國屋書店; 増補改訂版 (1999/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4314008407
  • ISBN-13: 978-4314008402
  • 発売日: 1999/05
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 3.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 127,501位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
人間のこころに浮かぶイメージ(夢、空想、妄想、幻視など)、これの中に遥か太古の神話的イメージ、宗教的イメージが多く含まれるのは何故か? これに着目し、無意識の中に人間という種に共通の「イメージの源泉」=「元型」に考え至ったユングのこれは、人類至上数奇の大発見です。 ユング心理学の中核概念である「元型」に関する論文を林道義氏が体系的に編纂したもの。 ユングの論文もさることながら、訳者である林道義氏による長大な解説、注釈も、かなり秀逸(ハッキリ言って、この林道義氏の解説、訳註が無ければ理解はかなり困難を極める)。
「人類共通の深層心理の奥底に働いているイメージ」これが一般的に世間に流布している元型の定義であるが、これは間違いである。正しくは、そういった!「人類共通イメージ」と言えるイメージを持たらす心特有の動き方、働き方こそが元型なのである。「同じイメージを共有」しているのではない、「同じイメージの源泉」を共有しているのである。 この混同、誤解されがちな点を丁寧に分かり易く(と言っても難しいが)解説している。
何故にここまで林道義氏は入魂しているのだろうか? それは一にも二にも本書に収められたユングの論文が素晴らしいからである事は論を待たない。
夢の読み解き、人の持つ「イメージ」というものを、より良く理解したい人は必読。
『結合の神秘』と双璧をなすユングの考え方の集大成。
コメント 64人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 集合的無意識の論文から始まり、各元型についての論文が後に続きます。
 一度それらを通読し、訳者の解説を読んでから読み直すと理解が深まります。

 一文一文が非常に興味深く、全てが記憶から零したく無い情報を持っています。
 何度でも読み返して理解を深めようとしたくなるのは、やはりこの論文集の難解さ故
でしょうが、また、それ故に味が深く、珍味でした。

 元型を理解する上でも、教養や知識、視野を広げる上でも、是非読んでみては如何で
しょうか。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 深層心理学の巨匠、CGユングの最も重要な著作の一つ。「性」にあくまでこだわるフロイトと決別したユングは、多様な時代や文化を超えた人類共通の無意識(共有無意識)の存在に注目、それを元型と名づけた。老賢人、グレートマザー、シャドー、など有名な元型だけでなく多くの原型について論じていて面白い。西洋と東洋さえも超えた人間の存在を深く洞察する手段となった。この本は翻訳がこなれていて読みやすく、種々出ているお手軽なユング心理学入門書よりもずっとユングに近づけること間違いなし。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告