通常配送無料 詳細
残り15点(入荷予定あり)
Kindle版は今すぐお読みいただけます。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
元刑事が見た発達障害 真剣に共存を考える がカートに入りました
+ ¥257 配送料
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ■中古品のため多少の使用感はございますが、全体的に概ね良好なコンディションです。■帯や付属品や特典等がある場合には、その旨を明記しております。本説明文に記載の無いものは基本的に付かないものとお考えください。■通常ご注文から2〜4日以内には発送いたします。基本的にゆうメールでの発送になりますのでご了承ください。到着は発送日より2〜5日程度となりますが、天候不順や連休など、地域により予定配達日を数日経過する場合がございます。■版違い等により商品画像と装丁が異なる場合がございます。■丁寧な検品を心がけておりますが、書き込み等の見落としがある場合がございます。■倉庫スタッフ常駐ではないため、事前の商品状態や仕様のお問い合わせにはお答え致しておりません。■万が一在庫切れの場合はキャンセルとなりますので予めご了承下さい。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


元刑事が見た発達障害 真剣に共存を考える (日本語) 単行本 – 2018/1/22

5つ星のうち4.0 9個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥2,200
¥2,200 ¥1,300
お届け日: 明日 詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 元刑事が見た発達障害 真剣に共存を考える
  • +
  • 自傷・他害・パニックは防げますか? 二人称のアプローチで解決しよう!
  • +
  • 感覚過敏は治りますか?
総額: ¥6,600
ポイントの合計: 66pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

発達障害のある人たちが社会の中でどうやれば社会の中で能力を発揮できるのか?
こう考え続けて十数年。様々な方面からソリューションを提供しようと努めてきました。

身体アプローチ=言葉以前のアプローチと出会い、個々が発達する道筋には、かなり迫れたのではないかと自負しています。
そしていつかは、司法と発達障害の問題を取り上げた本を作ろうと思っていました。

それは発達障害のある人が罪を犯しやすいからではなく、「何をすればおまわりさんにつかまるか」を知っておけば、かえって自由にのびのびと生きられるからです。
「やってはいけないこと以外はやってみていいことも案外多い」のが社会で生きるということ。
自由を謳歌する中でこそ、自分の適性に合った仕事や生き方が見つかるかもしれません。
そしてだからこそ、「やってはいけないこと」を知っておくのは大事です。

なぜ私がそれほど「自由」にこだわったか。
それは「発達」を追い続けるうちに、自由と主体性こそが必要なものだと、信じるに至ったからです。

けれども必ずしも支援の現場では自由と主体性が重んじられていません。
何が大切か、を明確につかんでいないから、支援者も含め、とにかく社会が怖くなってしまっているように見えます。

知識は、生き抜くための武器であり道具です。
社会を等身大に見せてくれて、怖いところではないと教えてくれる。それが知識です。
司法の論理についての知識は、何を覚えておかなくてはいけないかを教えてくれます。
と同時に、「どんな矯正が実はさほど必要ではないか」の道しるべにもなるのです。

自由に生きてこそ、開花できる資質もあります。

今回、「自由に生きるための知識」を得るために、うってつけの人とめぐり合いました。
その人は、私の恩人でした。
かつて私が抱えた事件の担当刑事さんだった人でした。

私がもらい事故のように抱えることになったトラブルに真摯に対応してくれた人が、いつの間にか民間人になり、発達凸凹のお子さんたちの支援にかかわっていました。
捜査の経緯を思い出すと、この人が特別支援教育に向いている、ということが私には確信できました。

警察の現場を離れ、凸凹なお子さんたちとかかわり始めた元担当刑事さん。
その人に、特別支援教育と縁を得た今だからこそ語れる社会の仕組みを存分に教えてもらったのがこの本です。
どうぞ読んでみてください。

浅見淳子

内容(「BOOK」データベースより)

元刑事、社会の仕組みを語る。「これだけは発達凸凹の人たち、支援する人たちに覚えておいてほしい!」司法の論理と特別支援教育が出会う一冊。自由に生きていくためにこそ、社会のルールを知っておこう!

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
9 件のお客様によるグローバル評価
星5つ
51%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
49%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2018年6月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年3月21日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年2月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年1月31日に日本でレビュー済み
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年1月27日に日本でレビュー済み
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年1月26日に日本でレビュー済み
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告