Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,382

¥ 346の割引 (20%)

ポイント : 138pt (9%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[レオ・ マルティン]の元ドイツ情報局員が明かす 心を見透かす技術
Kindle App Ad

元ドイツ情報局員が明かす 心を見透かす技術 Kindle版

5つ星のうち 3.3 6件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 元ドイツ情報局員が明かすの2の第2巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,382


商品の説明

内容紹介

あなたは広角レンズタイプか? ルーペタイプか?
思考パターンを見抜けば、行動は必ず予測できる。
この「技術」は、仕事でもプライベートでも応用可能!
ドイツベストセラー第2弾!

相手の心を読めると次のような利点がある。
◆人とのコミュニケーションがうまくなる。
◆誤解を回避することで、相手を驚かしたり、失望させたりすることがなくなる。
◆目標に達するまでのスピードがアップし、苦労も減る。
◆相手に対する影響力が増す。

内容(「BOOK」データベースより)

思考の型を見抜けば行動は必ず予測できる。独ベストセラー第2弾。相手の心を瞬時に読み解く「情報員マニュアル」&「情報員適性テスト」。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 544 KB
  • 紙の本の長さ: 334 ページ
  • 出版社: CCCメディアハウス (2013/6/26)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00EET6EQ2
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 48,947位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 いいもの大好き トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/8/31
形式: 単行本(ソフトカバー)
ドイツ情報局の元職員による、相手の心を読んで、人間関係を構築するための
ユニークな手引書です。

著者によると、人と上手く付き合うコツは、
相手の性質や好みを理解して、相手が心地よさを感じる人間関係を築くことだそうです。
そのためには、人が備える様々な側面を見極めることが肝心であると説きます。
その性格の側面とは、
・行動派(支配派)/交際派(同調派)/分析派(計画派)
・ルーティン型(手順型)/フレックス型(創造型)
・詳細観察型/全体把握型
・安定志向派/変化志向派
・交渉派/実行派
・向かう派(好きなこと列挙派)/逃げる派(嫌なこと列挙派)
などを挙げています。
それぞれの側面は独立しているので、個人の性格は側面の組合せになるようです。

人間の行動は、
「行動派/交際派/分析派」のいずれかを執り、
「ルーティン型/フレックス型」のいずれかに傾き、
「詳細観察型/全体把握型」のどちらかで見る、
という、何らかの性質に支配されるということです。(264ページ)

行動派の動機付けは、競争にあり、
交際派の動機付けは、賛意や思いやりにあり、
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
著者レオ・マルティンの日本での2つ目の出版物である。前作「心に入り込む技術」と共に良書だと思う。人が一般社会で生きていく上でコミュニケーション技術は不可欠なスキルだと言える。しかしながら、日本の学校教育の中でポッカリと抜け落ちている部分である。基本モデルがなければ応用も出来ないわけであるから、日本の社会では、コミュニケーションの上手な人は少ないし、コミュニケーション技術を読み取り相手の真の目的を推測する人も少ない。著者も言っているが、人は自分本来の姿でいたいわけであるが、相手との関係を構築し発展させて行くためには、相手がどのようなタイプの人間であり、相手の好き嫌いを知らなければならない。そして、相手の嗜好に合わせて自分の方がコミュニケーションをリードしていかなければならない。そのような、人間関係の基本をレオ・マルティンの2冊の本は教えてくれる。

題材も情報局員と情報局が潰したいと思っている組織の構成員がメインなので、いわば究極の対立状態、究極の懐疑心が背景にあり、その中でどう相手を読み解いて、信頼関係を築き、そして対応していくかのエピソード自体も面白い。人間関係に興味のある人は、一読して損はないと思う。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
分析派のケがあるなら読むとよいぞ。
分析派は自分が人を分類するのも、人から分類されるのも大好きなのだ。

逆に分析派のカケラもないと、全く楽しめないおそれがある……。

ぼくは二次元の世界を優先する者ですので、当然の事ながら本書を
現実の対人関係の改善に役立てるということは一切せず(笑)、
趣味で制作しているゲームのキャラクターの設定作りに役立てました。
これが割と真面目に役立ったので、それだけの価値はあるとレビューします。

繰り返しになりますが本書を楽しめるかどうかは、分析派の成分がどの程度入っているかどうかにつきると思います。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover