通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
元ドイツ情報局員が明かす心に入り込む技術 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

元ドイツ情報局員が明かす心に入り込む技術 単行本(ソフトカバー) – 2012/7/26

5つ星のうち 3.6 39件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,470 ¥ 250

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 元ドイツ情報局員が明かす心に入り込む技術
  • +
  • CIA諜報員が駆使するテクニックはビジネスに応用できる
  • +
  • 元ドイツ情報局員が明かす 心を見透かす技術
総額: ¥5,076
ポイントの合計: 153pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

親しみや信頼は意識的に作り出せる。
誰もがあなたを信じてしまう
「17のミッション」&「情報員マニュアル」

ドイツ連邦情報局に勤務する敏腕スパイ・スカウターのレオ・マルティン。
彼の手にかかるとどんな人でも心から彼を信用し、彼のためなら味方すら裏切るようになる。
どのような卓越した「技術」で人の心をつかむのか?
これは犯罪組織の解明だけでなく、職場やプライベートでも応用できる「人の心をつかむ技術」である。
ドイツで2011年3月発売。
3ヶ月で実売部数3万部を突破!

内容(「BOOK」データベースより)

親しみや信頼は意識的に作り出せる。誰もがあなたを信じてしまう「17のミッション」&「情報員マニュアル」。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 316ページ
  • 出版社: CCCメディアハウス (2012/7/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4484121166
  • ISBN-13: 978-4484121161
  • 発売日: 2012/7/26
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.4 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 39件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 151,625位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
本書は、マニュアルというよりは、ノンフィクションの読み物です。
元ドイツ情報局員である筆者が、現役時代に犯罪組織の幹部からどのように情報提供させたか、ストーリー仕立てでやりとりやテクニックなどが記載されています。

ロシアの情報機関は、ターゲットの人物に対して、脅しや拷問など、力づくで情報提供させたり言う事を聞かせるが、
ドイツの情報機関は、あくまで信頼関係を築いた上で、ターゲットに主体的に動く気になってもらうという点が
「北風と太陽」の寓話のように対照的で、興味深いと思いました。
また、信頼関係を築いた上でターゲットに主体的に動いてもらったほうが長続きするという点も、人間は感情の生き物であるという点を考えると当然だと思います。

本書には、どのようにすればターゲットの人物と信頼関係を築くことができるか、細かいテクニックや心構えが記されています。

例えば、相手をほめる時などは、口先だけではなく心から思っている事でないといけないと書かれています。そうするためには意識して相手の良い面を見る必要があります。
その点、単なるテクニック集ではなく、物の見方や考え方についての指南書でもあると思います。

本書には、信頼関係を築く際に親しくなり過ぎないよう、ターゲッ
...続きを読む ›
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
やろうと思ったら出来なくはないし出来るようになれば人生更に面白そうだな、と読み終わった時ちょっとその気になるが、
一瞬冷静になったらこの本の世界がフィクション化してしまう。
テンション上がったらそのまますぐに行動に移してください(笑)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
今までに読んだ本の中でも上位に入る本でした。人とのコミュニケーションに実践的に役立つように書いてあると同時に著者の興味深い体験を小説のように書いてあり、入り込んで読みました。翻訳も素晴らしいと思います。

超オススメです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
主人公の諜報員が、ある犯罪組織の人間から情報を得るために、接触し、信頼を得る過程をドキュメンタリータッチで描いています。
話の段落ごとに、接触するためのポイント、信頼を得るためのポイントが書かれており、主人公がいかに実践するかを見ることができます。

人生において、もっとも効率的なことは、人の信頼を得ることだと主人公は言っています。これについては私も同様に考えており
多くのコミュニケーションに関する本を読んできました。しかし、一人の人間との、出会い~命の危険をおかしてまでも保ちたい友情で
結ばれる、というところまでを、解説しながら、理由を説明しながら描いた本は、これが初めてです。

読んでいるとドキュメンタリー小説のような印象も受けますが、上記のように随所に解説がまとめられており、信頼構築の
手法を学べるような構成になっています。小説としてもハウツー本としても楽しめます。

諜報局員だからこその凄い裏技、目新しいテクニックなどを期待するとやや裏切られたような
気分になるかもしれませんが、コミュニケーションの手法を学びたい人にとっては、読んでおいて損はない内容だと感じました。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
本書は実際の情報局で使われる手法をベースとして書かれているので、
非常に実践的です。

そして、その内容は決して表面的なものではなく、まさに本質を突いています。

例えば、人間は誰しも他人から認められたいという欲求を持っており、
その根本欲求をうまく満たしてあげることで信頼関係を築いていくなど。

ここで重要なのは、相手を認めてあげるフリをするのではなく、
本当に認めてあげること。どんな人にも一つや二つは褒めるに値する特性を持っていたりします。
例えその百倍嫌な面を持っていたとしても、良い面にフォーカスを当てて、
上手に褒めてあげるとそれだけで相手は心地よさを感じてくれるはずです。

多くの本が表面的なテクニックで人間関係を論じているのに対し、
本書は非常に現実的で本質を突いており、久しぶりに出会った良書だと思いました。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー