通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
儲かれば、それでいいのか―グローバリズムの本質と地... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバー、若干のクスミ及び、ややシワあり。小口、ややヤケあり。読む分には問題無いと思いますが、あくまでも中古買取商品という事をご理解下さい。 管理番号EJ-30
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

儲かれば、それでいいのか―グローバリズムの本質と地域の力 単行本 – 2006/5

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 300

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

アメリカの言いなりにならず、暮らしを守るために。日本はどこへ向かおうとしているのか。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

本山/美彦
1943年神戸市生まれ。世界経済論専攻。現在、福井県立大学大学院経済・経営学研究科教授、京都大学名誉教授

三浦/展
1958年新潟県生まれ。一橋大学社会学部卒業。パルコの情報誌『アクロス』編集長、三菱総合研究所主任研究員を経て、消費・都市・文化研究シンクタンク「カルチャースタディーズ研究所」を設立。消費社会研究家、マーケティング・プランナーとして活躍

山下/惣一
1936年佐賀県生まれ。農民、作家。一貫して農とくらしの現場から小説、エッセイ、ルポルタージュを執筆。一連の作品群は、戦後農業と農村の激動を百姓の視点で凝視し、記録した大河小説のおもむきがある。1970年『海鳴り』で日本農民文学賞。1979年『減反神社』で地上文学賞、あわせて直木賞候補に。アジア農民交流センター代表など社会的活動にも取り組む

古田/睦美
1961年東京都生まれ。エコ・フェミニスト。一橋大学社会学研究科博士後期課程修了。長野大学産業社会学部助教授(社会学、女性学専攻)。ゼミでは地場野菜などの「食コモンズ」を食文化とともに保存する取り組みを行い、地域や家庭におけるアンペイド・ワーク(無償労働)について、サブシステンスの立場から調査研究を行う

佐久間/智子
1966年東京都生まれ。市民フォーラム2001の事務局長を経て、現在「環境・持続社会」研究センター(JACSES)の理事兼非常勤スタッフ(貿易と持続可能な開発プログラム担当)。おもに、経済のグローバル化の社会・開発への影響に関する調査・研究および発言を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 171ページ
  • 出版社: 「環境持続社会」研究センター (2006/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4861870151
  • ISBN-13: 978-4861870156
  • 発売日: 2006/05
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 718,624位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
この本は、グローバル化によって地域の食文化や生活、歴史などが、どのような影響を受けたのかを4人の筆者がそれぞれの視点で論じたものである。本を読んでみると、グローバリゼーションによって引き起こされた負の側面を多角的に知ることできる。

例えば、日本で開発されたトロンというOSがアメリカの利益を損ねるということでその普及が叩き潰され、現在も同じことがJCタグ・システムで起こっていると言う。つまり、グローバリゼーションというのは、公正な自由競争ではなく、少数の力を持った国やその権力にぶら下がった政治家や企業によって自分たちの利益のために推し進められてきたことが理解できる。

また、ウォルマートやイオンなどの巨大小売業の地域社会への出店は、一見すると品揃えの豊富さと安値でいかにも消費者の利益になるように思われる。しかし、実際は、地域の小売業を淘汰し、生産者への独占供給契約、非正規雇用の増加が地域全体の賃金水準を引き下げ、地域経済を表向きの活況とは裏腹に地域そのものを衰退させている現実がわかる。

そして、人間の生命を支える農業においては、WTOが発足して10年、世界中の農民が農業だけでは食っていけなくなった酷い現実を知ると、グローバリゼーションそれ自体の方向性に疑問を抱かざるを得なくなる。しかも、「南」で飢餓や直接的な暴力による危
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
儲かればそれでいいのか。企業はそれでいいと思っているでしょうね。儲ける企業が良い企業。儲けるためには、首切りをしてコストを下げ、価格競争に勝って生き残る。その結果、失業者が増え、失業者にあてがう安い商品を供給するためにさらに雇用を削減してコストを下げ・・・。行き着く先は、世界の富を集めた一握りのグローバル企業の支配者と、その奴隷となった全人類。

日本は農業も工業も潰され、歴史も文化も消滅し、言語は英語になり、国民はグローバルサービス産業の使い捨て労働者で一生を終え、若年失業者は世界各地の戦地に送られ殺されていく、そんな国になる。

この本にそう書かれているわけではありませんが、その警告するところを突き詰めると、そうなってしまいそうです。

でも大丈夫。そんな世の中がいいなんて、誰も思わないから。目の前に来た敵はひとりひとりが責任を持って全力でたたき潰すから、大丈夫。山下惣一さんの言うとおり、「自分が変われば世の中が変わる」を信じて。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す