中古品
¥518
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)【2020/09/18 13:21:45 出品商品】
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


儲かる会社はNewsづくりが上手い (日本語) 単行本 – 2004/9/1

5つ星のうち4.7 5個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥518
¥168
無料配送: 10月25日 - 26日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

“話題”を演出し、売上増につなげるニュース・マーケティングの実践ノウハウ。

抜粋

はじめに

「湾岸戦争の影にPR会社あり」

10年以上も前になるだろうか。このような内容の報道番組が放映された。

当時のわたしにとっては、衝撃だった。松田優作ではないが、

「なんじゃこりゃあああ~‥!!!」

の世界である。

油まみれの水鳥や証言台に立つ少女‥。 これらが、戦争を肯定する世論をつくりだすためのPR会社の仕掛けた演出だったなんて。

現実という世界を舞台にしながら、われわれはつくられた映画をみせられていたわけである。

報道というカメラを通して、しかもニュースという形で。

映画館で見る映画なら、お金を払って、2時間ばかりの虚構の世界に浸ることができる。感動作や衝撃作なら、しばらく余韻は残るだろうが、ふたたび現実の世界にもどることができる。

当然の事ながら、観ているものもそれを理解している。

ニュースは普通、現実のすがたを表しているものと思うだろう。

しかし、実はこのように、ニュースというのもつくられるものなのだ。

まるで、プロレスじゃないか!!!

その後、わたしは全社員3名のPR会社に入社した。

3名といっても、社長と経理の女性を入れての人数だから、実質動けるのは自分だけ。

しかも、PRは素人だったから、マスコミまわりばかり来る日も来る日もやっていた。

いつか、世界を動かせるような世論づくりの仕事ができるんじゃないか、と夢をみて。

でも、現実は‥。

早朝から陽が暮れるまで、ジイージイーと陽の照つける、気温40度、いや50度近くにもなるであろうプールサイドで、売れないモデルやタレントたちの撮影につきっきり。

うきわをもってキャーキャーいってる演技を遠まきに眺めながら、暑さとのどの渇きでアタマはボオーッ。カラダはふらふら。

照り焼きチキンの気持ちが少しわかったような気がした。

やることといえば、一般客の邪魔にならないように、テレビ局のクルーを誘導したり、撮影用のボートを繰り返し繰り返し屋上まで運ぶこと。毎日、毎日この繰り返し。

ふと大学時代のアルバイトを思い出す始末。コンビニのバイトの方がずっとよかった‥。

正直、30も半ばになった人間のやる仕事かあああ? と毎日思っていた。でも、やるしかない。代わりがいないんだから‥。

これが、あの世界の世論をつくりだすPRの仕事となんの関係があるんだろうか?

そんな疑問を感じながらも、マスコミに送った一枚のFAXで、新聞社のヘリコプターが空撮にやってきたときは、その可能性をうすぼんやりとだが感じたものだった。

その後もあつかうネタは変わっても、基本的にやることは同じ。もう何度、PRの仕事やめちゃおうと思ったことか。実際、一年くらい辞めてた時期もある。

でも、時代は変わってきた。

なぜか、いまPRが注目されてきている。

これまで、一部のヒトにしか理解されていなかったPR、つまりニュースの威力に注目が集まり始めているのだ。

PR=ニュースは広告より効くって?

そんなの当たり前じゃないか! だって戦争をひきおこしてしまうような世論をつくってしまうんだよ。

これをビジネスに、マーケティングに利用しない手はない。

なんとなくあやしいから、やめておく? それもいいだろう。

あくまでもプロレスを現実のものとして楽しみたければね。

でも、時代はすでに格闘技、つまり真剣勝負の時代に入っている。

プロレスは、シナリオがあることを知った上で楽しむ肉体演舞。ウラを知った上で楽しむことができると、より深い楽しみが味わえるというものだ。

さあ、その禁断の扉を開いてしまおう!

もはやマーケティング、究極の最終兵器。

ニュースの活用術を知らずして、大人のビジネスをやることはできないよ。


登録情報

  • 発売日 : 2004/9/1
  • 単行本 : 187ページ
  • ISBN-10 : 4788907178
  • ISBN-13 : 978-4788907171
  • 出版社 : 実務教育出版 (2004/9/1)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.7 5個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
5 件のグローバル評価
星5つ
68%
星4つ
32%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2012年9月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2007年2月15日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2006年1月4日に日本でレビュー済み
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2004年10月8日に日本でレビュー済み
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2010年7月18日に日本でレビュー済み