中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、日焼けによる若干の色あせなど、多少使用感ありますが、概ね状態良好です。よろしくお願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

儲かるお店の「すごい!」見せ方 (PHPビジネス新書) 新書 – 2009/3/19

5つ星のうち 3.9 15件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

いくらいい商品を扱っていても、気づいてもらえなければ人は集まらない。
かといって、単に派手にするだけでは、かえって悪印象を与えてしまう……
肝心なのは、「心地よく目立つ」見せ方なのだ。
本書は、ユニークな看板などで多くの店の業績を向上させた著者が、
看板のみならず、店舗の入り口、レイアウト、POPやチラシ、
そして接客まで、あらゆる「見せ方」を説くもの。
集客と売上をアップさせる秘訣が満載!

内容(「BOOK」データベースより)

いくらいい商品を扱っていても、気づいてもらえなければ人は集まらない。かといって、単に派手にするだけでは、かえって悪印象を与えてしまう…肝心なのは、「心地よく目立つ」見せ方なのだ。本書は、ユニークな看板などで多くの店の業績を向上させた著者が、看板のみならず、店舗作りやPOP、チラシまで、あらゆる「見せ方」を説く。集客と売上をアップさせる秘訣が満載。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 230ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2009/3/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569706525
  • ISBN-13: 978-4569706528
  • 発売日: 2009/3/19
  • 梱包サイズ: 17.2 x 11.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 321,783位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
お店と看板は、ただ目立てば良いと考えて店の経営をしてきた自分でしたが、
「看板の種類」や「見せ方」からはじまり、お店のコンセプトの重要性やコンセプトの作り方、
初めての人でも入りやすい入口の作り方や店内レイアウトなど
「お店」に関する考えていたようであまり重点を置いて
考える事が少ない情報がたくさんあり、読んで良かったと感じています。

「店員の挨拶や接客姿勢」にまでアドバイスがあり、
著者の言う「心配りと気遣い」がいかに大切かわかりました。
今後、この本を店のスタッフにも読んでもらい、
全員で協力して「心地よく目立つ」お店を作っていきたいと思いました。
ありがとうございます。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 看板屋さんが書いた本です。いい商品、おいしい商品を造っているお店で
も、外から見た店舗の印象が悪いとお客様は店に入ってくれません。
 印象の悪いお店を著者は、「見た目で人を判断する」と解説しています。
 飛び込み営業に来た方が、微笑みも浮かべず、シャツの襟は汚れ、ネクタ
イはゆがんで、しわだらけのスーツの袖口にはシミがついて、靴は磨かれて
おらず、靴に泥がこびりついたままだったとしたら、こんな営業マンから話を
聞きますか?
 お店の入り口、看板は、まさしく、「見た目でお店を判断している事になり
ます」。
 いい商品を造っているのにお客様が来ないと悩んでいるあなたにお勧め
の一冊です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
将来ショップを開く予定の私にとって、斬新な視点という意味で、とてもプラスになりました。
次号は、作者(男性)の視点に、女性の生の声を加えていただくと更に良いと、、早くも続編の期待を。。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
看板のプロ中のプロが教える集客術。
ただし、アプローチが他の集客術とかなり変わっています。
普通、楽しいでも、恐ろしいでも、何か感情に訴えかけること、そして買わなければいけない方向に向かわせる、何か強制的なテクニック論が多いのですが、この本は一貫してお客様をほほえますことにこだわっています。
お客様の立場に立てば当然のことなのですが、親しみが持てる、楽しくさせることが大事だということに気付かされました。
ちょっと他の本では見たことがない内容でした。
筆者のやさしさを感じます。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
こんどスポーツカフェを開こうと思って、集客法とか接客術とかいろいろ参考になる本をさがしていたところこの本に出会いました。まず「帯」が魅せてくれますね(あれは地面に頭突っ込んだ犬でしょう)。しかも著者は看板づくりのプロ中のプロ。さすがです。“楽しく”っていうコンセプトもとても共感できます。自分が楽しまなきゃお客さんを楽しませることなんかできないし、つづかない。文章にも著者ご自身のやってこられた仕事に対する自負とか、いろいろチャレンジしているなーっていう躍動感みたいなのがちりばめられてます。効果的な見せ方をいろいろ教えてもらったのもありますが、原点たる「商売の姿勢」を学んだ、僕にとって貴重な一冊となりました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
お店を繁盛させる方法について書かれた本。

看板屋さんが書いているので、看板による集客をメインに説明されている。看板には近・中・遠があって、それぞれによって記載すべき内容が変わるという話は面白かった。

それ以外ではお店の入り口やレイアウト、店員の態度、効果的なPOPやチラシの作り方が説明されている。しかしそのどれも、どこかで読んだような当たり前の内容で役に立たなかった。

著者は集客には第一印象た大切だと主張していてそれは同感。

飲食店なら料理が美味しいのは当たり前で、さらに店構えに記号を演出する必要がある(例えば居酒屋なら赤ちょうちんやのれんなど)。あとはお店のコンセプトを看板やポップやメニューで推したりする。

それ以外でも店員の元気のいい接客やお冷のお代わりを申し出る気遣い、料理をアツアツで提供することや、お客様を待たせないことなどが挙げられる。

本書を読むよりも実際に繁盛店に行ってみて研究する事をオススメしたい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー