通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

優駿〈上〉 (新潮文庫) 文庫 – 1989/11/28

5つ星のうち 4.7 23件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 680
¥ 680 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 優駿〈上〉 (新潮文庫)
  • +
  • 優駿〈下〉 (新潮文庫)
  • +
  • 蛍川・泥の河 (新潮文庫)
総額: ¥1,836
ポイントの合計: 57pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第21回(1987年) 吉川英治文学賞受賞

内容紹介

人びとの愛と祈り、ついには運命そのものを担って走りぬける名馬オラシオン。圧倒的な感動を呼ぶサラブレッド・ロマン!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 334ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1989/11/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101307067
  • ISBN-13: 978-4101307060
  • 発売日: 1989/11/28
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 23件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 17,437位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2003/1/18
形式: 文庫
最も興味を惹いたのは、登場人物が持つそれぞれの過去である。主人公は、サラブレッドのオーナーであるが、サラブレッドを持った理由は、彼の会社が経営危機に陥って資金が不足し、どうしても落さなければならない手形があった。万策尽きた時に、ふらふらと競馬場に足を踏み入れ馬券を買った。そのおかげで会社は息をつないだ。最も印象に残ったシーンである。こういう思いで競馬場に来ている人もいるだろう。
主人公の娘。牧場経営者。サラブレッドに夢を賭ける牧場の息子。それぞれの人生が、一頭のサラブレッドを中心にして紡ぎあう。
都会の競馬場で行われる競馬と競走馬を生産し育てる北海道の人たちを対比させることで情感の豊かな作品になったと思う。
競馬の好きな方にはピッタリ。但し、馬券投資妙味ではなく、「馬のいる人生」を過ごしている方向きだと思う。馬事文化賞を受賞した作品。日本で本格的に競馬の世界を描いた作品は珍しいと思う。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「優駿」が発表された当時、宮本輝さんも競馬もまったく知りませんでした。大人になり、馬に惹かれ競馬場へ足を運ぶようになってからも「優駿」が宮本輝さんの作品であることに気付かぬまま作品を読むこともなく年月がすぎました。
「優駿」を手にするまで長い年月がかかりましたが、競馬の世界の裏表を知ってから作品を読むことができほんとうによかったと思いました。馬や牧場のことを何も知らずに読んだら登場人物の悲哀をここまで深く理解することができたかどうかわかりません。もちろん、競馬のことなどまったくご存知ない方にも十分感動していただける宮本輝さんの傑作です。
読み終わったあと、感動のあまり出版社に感想文を送ってしまいました♪
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
単にスーパースターとなる馬のサクセスストーリーではなく、

馬をめぐる、牧場・馬主・厩舎・騎手・調教師など、

様々に入り乱れる人間関係のおもしろさが最高!

また単に馬だけの話にとどまらず、そこに登場する様々な問題や生死が、

さらにこの物語をおもしろくしている。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 コッチ 投稿日 2009/6/29
形式: 文庫
今更ですが、やっぱり基本は押さえておかないと。
文句なしの名作です。

競馬にそんなに興味のなかった私でも、
何度電車の中で涙を堪えたことか…。

生れる仔馬が牡馬でありますように。
風の申し子のように速く、嵐みたいに烈しく、
名馬の天命をたずさえて生れますように…。
オラシオン(祈り)と名づけられた仔馬と、
それを取り巻く人々の人生を描く。

遥か昔から受け継がれてきた競走馬の血。
人工的に作り出されたサラブレッドという生き物に、
ものすごい神秘とロマンを感じます…。
競馬って、単なるギャンブルじゃないですね。
背景にドラマがある。
もう「オラシオン」が「祈り」という意味だというだけで
泣きそうになります。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
宮本輝ほど少年の心を美しく描写する人はいないんじゃないかと思う。

言葉を追うのではなく
書かれなかった言葉こそにそれぞれの本当があるような
そんな余韻を感じることができる小説でした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「競馬」。その二文字には、さまざまな人々の苦労が隠されていた。サラブレッドを生み出し育成していくことが、これほど困難なものだとは知らなかった。はるか昔から受け継がれてきた血。だが、花開くのはほんの一握りでしかない。人も馬も厳しい世界で生きている。だからこそ勝利の瞬間は、何ものにもかえがたい。これから競馬を見る目が変わりそうだ。馬と騎手との関係もじっくり見てみたい。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
宮本輝作品は、どれも  ミステリアスな人物か事件から、先が気になって寝不足、そして感涙、読後、明日からの勇気と、人へのやさしさをもらいますが、中でも優駿が最高峰。読まないで死んだらもったいないですよ。読後、へその下あたりに、ズーンとしたものが宿ります。多分オラシオンです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私が宮本輝に転ぶきっかけとなった作品。
オラシオン(祈り)と名づけられた一頭のサラブレッドと、その馬に関わる人々-競走馬生産者、馬主、馬主の娘、ジョッキー-の物語です。彼ら一人一人が、夢、挫折、打算などを背負いながら、その思いをオラシオンに託して今を生き抜いていこうとします。その人間ドラマが、強く私を捉えました。カッコいいばかりではないけど、なんとか生き抜いていこうとするその気持ちに共感を覚えました。
そして、オラシオンはそうした人々の祈りを乗せながら、最高の舞台、日本ダービーへ向けて走り続けていきます。
皆の思いは結実するのか。
勝ち残るのは、夢なのか、挫折なのか、打算なのか。
人間ドラマを軸とした心を振るわせるストーリーを読みたい方は、ぜひ手にとって見てください。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー