中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。bb7233
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

優雅で感傷的な日本野球 ハードカバー – 1988/4

5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第1回(1988年) 三島由紀夫賞受賞

内容(「BOOK」データベースより)

野球よりもエキサイティングに。パロディーさえも超え、言葉と意味の彼方にひろがる、新しいリリシズムの世界。ポップ文学の旗手がおくる待望の長篇小説。


登録情報

  • ハードカバー: 264ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (1988/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309005047
  • ISBN-13: 978-4309005041
  • 発売日: 1988/04
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 611,137位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー
本書は徹底的に野球を追及し、詩的に野球を語ります。
が、野球チームが団結して勝利をつかむような一般的なスポーツ小説では決してありません。神学者が、究極の記号である神様について学術的に理解しようとする。そのように、多くの登場人物が(野球をせずに)ひたすら野球の本質を理解しようと苦闘します。
熱心を超えたファン、つまり信者が求める真の野球像。
この関係に気づくと、難解な本書が急に面白くなるはずです。
野球を多面的に追及しようとするほど、読者は理解が困難になり、結果として野球の本質から遠ざかります。章ごとに問題が解決されないまま、場面の異なる次の章に移り、『小さな物語』が関連性はありながらも、分裂的につながります。野球を追及し、野球の究極性を証明しようとすればするほど、論理も物語も無限後退を続けることになります。
そこで、ついに架空の神話――野球とはそもそも神様が創ったものなのだという神話まで挿入され、野球の神格化が行われます。本書でもっともエキサイティングな部分といえますが、これもあるオチによって否定されてしまいます。
そして、最終的に証明されるものは、身近な野球という概念ひとつにしても、追求してみると無限の解釈が可能で、ひとつの答えは出せないということです。多角的に開かれた結末を含め、読者に野球に対しての自由な解釈を求めてい
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ござねぶり トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/8/12
形式: ハードカバー
日本の普通に見るスポーツ小説とは一線を画していて興味深いが、アメリカの野球短編集などを好む人なら
結構同じような雰囲気を持つ文章を読んでいるだろうからフーンと読む感じで、特別なものには感じられない。
例えば、WPキンセラの野球引込線だったり、東京書籍が出したスポーツ・ノンフィクション・シリーズの
コラムや短編集などと類似な、ちょっと翻訳調かつ乾いたアメリカの雰囲気が漂う。
ただ、日本語のたたみ掛けるリズムのある文章はなかなか他の著者には見られない独特なものを感じる。

野球が好きなことはマイナーだけれど個性的な大洋ホエールズの田代富雄や高木豊の名前があがるところに
見られるが(古いなぁ、下関にもフランチャイズをおいていた時代からのファンです私は。また1985年の阪神
優勝を実名を使いパロディ化しているのも)これらもアメリカの野球ものによく見られるパターンだけれど、
著者は随分アメリカ野球小説を読み込んでいるように思う。
良い意味での珍作品。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
よく分からないが、取り敢えず全部読んだ。
よく分からないが、第1回の三島由紀夫賞を受賞した。
読んだ小説は大体捨てるのだが、どういう訳だかこの本は書棚に残っている。
ブッチ・キャシディとサンダンス・キッドが妙に印象に残っている。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告