通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
%E5%84%92%E6%95%99%E3%81%AB%E6%94%AF%E9%85%8D%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E3%81%A8%E9%9F%93%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E3%81%AE%E6%82%B2%E5%8A%87+%28%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE+%CE%B1... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ☆カバーと本文数ページに少し端ヨレ、天、小口、地に少しスレ、シミございますが、本文に書き込みなくきれいな状態で良好です。表紙アルコール除菌の上、クリスタルパック(防水)包装済みです。領収証発行も対応しております。お気軽にご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇 (講談社+α新書) 新書 – 2017/2/21

5つ星のうち 4.0 108件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 907
¥ 907 ¥ 568

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇 (講談社+α新書)
  • +
  • 今こそ、韓国に謝ろう
  • +
  • 「小池劇場」が日本を滅ぼす
総額: ¥3,711
ポイントの合計: 84pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

日本人に「自虐史観のアホらしさ」を気づかせてくれたのはアメリカ人だった……ベストセラー連発、日本人より日本文化を深く知っているケント・ギルバートの新境地!
中国や韓国と上手に付き合うには、まず「自己中心主義」の大本たる儒教の本質を知り、そして日本は儒教国家でないことを認識すべし!!

著者について

ケント・ギルバート
ケント・ギルバート

1952年、アイダホ州に生まれる。1970年、ブリガムヤング大学に入学。翌1971年に末日聖徒イエス・キリスト教会のモルモン宣教師として初来日。経営学修士号(MBA)と法務博士号(JD)を取得したあと国際法律事務所に就職、企業への法律コンサルタントとして再来日。弁護士業と並行して英会話学校「ケント・ギルバート外語学院」を経営。またタレントとしてもテレビに出演。2015年、アパ日本再興財団による『第8回「真の近現代史観」懸賞論文』の最優秀藤誠志賞を受賞。『日本人の国民性が外交・国防に及ぼす悪影響について』と題した論文は、日本人の誠実さなどを「世界標準を圧倒する高いレベル」と評価。一方、その国民性が「軍事を含む外交の分野では、最大の障害になる」とした。
著書には、『ケント・ギルバートの素朴な疑問 不思議な国ニッポン』(素朴社)、『国際化途上国ニッポン』(近代文芸社)、『不死鳥の国・ニッポン』(日新報道)、『まだGHQの洗脳に縛られている日本人』『やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人』(以上、PHP研究所)などがある。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 208ページ
  • 出版社: 講談社 (2017/2/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062729644
  • ISBN-13: 978-4062729642
  • 発売日: 2017/2/21
  • 梱包サイズ: 17.2 x 11.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 108件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 24位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 う〜む トップ1000レビュアー 投稿日 2017/3/1
形式: 新書 Amazonで購入
 ケント・ギルバート氏はわたしたちの年代にとってはテレビのバラエティ番組で大橋巨泉などとやりあっていた色物藝人ならぬ外人という印象が強いのですが、最近は日本の現状を真剣に憂える論表を次々に発表して、こちらの方面ですっかり有名になってしまいました。わたしなどは、『まだGHQの洗脳に縛られている日本人』などを読んだときには、その正論にはうなずきつつも、正直戸惑ったのを覚えています。もっとも、当時のギルバート氏の来日の本当の目的は、弁護士として輸出企業を対象としてアメリカ国内での法律問題に関するコンサルトをすることで、テレビ出演はいわばジョークだったのですが、わたしたち一般人はそちらの方ばかりに目がいっていたということだったことを、最近になって理解しました。

 そもそもギルバート氏がこういった評論を手がけるようないなったきっかけは最近続々と公開されてきた、大東亜戦争前後の資料をみて、自分たちアメリカ人が実はローズベルトやスターリンに騙されて、戦いたくもない大東亜戦争を戦わされたのだ、という怒りに発しています。これにはギルバート氏がモルモン教徒であるということも深くかかわっているようです。そこに始まって東アジア情勢を研究してゆくうちに、いわゆる特亜三国やロシアのあまりのひどさ、日本国内の反日的日本人の目に余る実態に触れ、これらを題材とする出版活動を開始たということのよ
...続きを読む ›
コメント 331人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
中華思想については知っていたが、それが漢民族・権力者の骨の髄まで染み込んでいるからこそ、今の中国の覇権主義につながっていたか。中国や韓国の欺瞞に呆れるばかりだ。それに沖縄県知事が、福建省福州市の名誉市民になるような人間だから、尖閣問題に何も言わないのだ。ケントギルバート氏は、綿密な分析で今の日本の平和ぼけを危惧していて、大いに納得がいった。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
日本人が儒教の核心だと考えている「仁義礼智信」つまり「徳」が、
まさか志那、半島の儒教からすっぽり抜け落ちているとは思いませんでした。
これがわかっただけでも本書を読んだ意義がありました。

「仁義礼智信」「徳」が抜け落ちた儒教には、
当然、目上の者に対する「忠」や親や祖先に対する「孝」も、
抜け落ちているか、歪んだ形でしか残っていないか、いずれかでしょう。
そうなると、独裁&粛清しか残らないのではないでしょうか。
また、汚職や賄賂授受がはびこっている理由もよくわかります。

これに中華思想(世界全体への覇権を当然とする帝国主義)と、
マルキシズム・コミュニズム(弾圧・暴力・専制による革命思想)が合わさると、
世界にとって最も危険な国家・体制になると思われます。

著者は、これが志那と半島の姿だと述べています。
著者の主張が正しいことは今、志那と半島が何をしているかをみれば明らかでしょう。

志那と半島に共通していること
・「徳」を醸成する機会が全くない、「徳」の重要性を認めないため、
  -自己の利益追求のためなら他者を犠牲にしても構わない
  -自己が努力するのではなく、他者を蹴落
...続きを読む ›
4 コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
P110を読むと日本は、ODAで中韓に援助した「恩を仇で返されてる」ことがわかる。
何故、中国や韓国では日本のODA(政府による途上国支援、技術協力)が、感謝されていないかという理由が書かれている。
先ず第一に、中韓以外の他の途上国では「これは日本の援助によって達成された」という支援事実が、国民に報道される。
第二に、道路や橋などインフラ整備された後には「日本の援助と協力によって完成した」というようなプレートが張り付けられることによって、各国の人々はその事実を知るため、自然に日本の援助に感謝の念を抱く事が多いのである。

ところが、儒教の悪いとこ取りの中韓においては、上下関係でしか相手を把握できないため、日本からの援助は基本的に彼らのプライドに触る。劣等感が大きくなる。助けてもらうなどと夢にも考えたくないため「援助させてやっている」という発想しかない。日本より自分が上なのだから「朝貢」を受けると信じたいらしい!従って日本のODAは中韓国内では報道されず、その内容も中韓の国民は、全然知らない。薄々日本の援助に気づく者がいても、日本に感謝するなどと口が裂けても言わない!なかったことにしたいのだから。
日本国民の血税から支払われた中韓への何兆円にもおよぶODAは、こうして感謝されるどころか「頼んだわけではない」とさえいわれる始末
...続きを読む ›
コメント 303人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー