僕達急行 A列車で行こう [DVD] がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご観覧ありがとうございます。注)レンタル専用商品でディスクは1枚です★ケース交換済み。レンタルで使用されたDVDを研磨、クリーニングを行いメーカーの許諾を得て販売している正規品です。 ディスクに管理シールが貼られている場合もございますが、 ほとんど傷もなく新品に近い状態でご提供できます。 ★ジャケット付ケースとディスクだけで他付属品等はございません。ご了承下さい。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,880
通常配送無料 詳細
発売元: ☆丁寧梱包堂☆ 年中無休-迅速発送店
カートに入れる
¥ 2,928
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

僕達急行 A列車で行こう [DVD]

5つ星のうち 4.0 20件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 2,890 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,214 (30%)
ポイント: 34pt  (1%)  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、㈱イコモットが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 2,880より 中古品の出品:9¥ 1,030より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 僕達急行 A列車で行こう [DVD]
  • +
  • マイ・バック・ページ [DVD]
総額: ¥4,390
ポイントの合計: 34pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 松山ケンイチ, 瑛太, 貫地谷しほり
  • 監督: 森田芳光
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2012/09/14
  • 時間: 120 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 20件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0083260A6
  • EAN: 4934569644213
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 28,885位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

恋と仕事と好きなコト――森田芳光監督からのラストエール
ココから世界のどこだって行ける! !


仕事は快速! 恋は各駅停車…
旅するハートフル・コメディ。


【毎回映像特典】
・予告
・TVスポット

◎内容◎
のぞみ地所の社員、小町圭(松山ケンイチ)とコダマ鉄工所の二代目、小玉健太(瑛太)はともに鉄道を愛する者同士。
ふとしたきっかけで出会ったふたりは、すぐに仲良くなる。住まいにもトレインビュー(鉄道が見える景色)を追求する小町は、コダマ
鉄工所の寮に入るが、やがて転勤で九州支社に行くことになった。九州には、のぞみ地所がなかなか口説けない大手企業の社長
(ピエール瀧)がいたが、鉄道ファンだったことから小町や小玉と意気投合、事態は好転。ところが、小町も小玉も、恋のほうは趣味
や仕事のようにはうまくいかず、途方に暮れていたが……。

◎スタッフ◎
脚本・監督:森田芳光/主題歌:RIP SLYME「RIDE ON」(ワーナーミュージック・ジャパン/un BORDE)/音楽:大島ミチル
製作:「僕達急行」製作委員会/製作プロダクション:東映東京撮影所

◎キャスト◎
松山ケンイチ/瑛太/貫地谷しほり/ピエール瀧/村川絵梨/伊東ゆかり/伊武雅刀/星野知子/笹野高史/西岡德馬/松坂慶子

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

趣味に仕事に恋にと奮闘する青年たちの姿を描いた青春コメディ。小町圭と小玉健太のふたりは、鉄道を愛する者同士仲良くなる。なかなか口説けなかった大手企業も趣味繋がりで意気投合するなど、趣味も仕事も好調なのだが、恋となるとうまくいかず…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

大して期待もせずパッケージにもタイトルにも惹かれなかったが
映画は退屈もせず全編心地よく楽しめた。
特にこれといって大事件があるわけでもない。どこを切り取っても、とにかく鉄道愛にあふれた映画なのだ。
心の底から鉄道好きの二人のキラキラした会話、そこに流れるゆったりした空気にたまらなく癒された。
鉄道にまったく興味の無い私でもいつのまにか彼らの世界に引き込まれ、そしてとても楽しい時間を過ごせた。
何かに夢中になること、得意なものを持つことは人生に必要なのだ。
失恋したって鉄道がそこにあればいいんだ。そんな前向きな映画。
縁は異なもの、味なもの・・・肩の力がいい具合に抜けた森田監督の遺作。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
結果、何度もみてしまう
ほのぼのしてていい映画ですね

こまちとこだまが二人とも好青年で
見てて応援したくなります

多少都合のいいストーリーかもしれませんが
人におすすめしたい映画です
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この映画は鉄道オタクの二人の青年の物語ですが、瑛太の父の工場で外国人が働いていたり、松山ケンイチの会社の社長役の松坂慶子がコラーゲン摂取のための接待をしたり、鉄道オタクの仲間になったピエール滝が仕事の鍵になったり、マラソン好きな地主を伊武雅史が演じていたり、登場人物がコミカルです!ほのぼのした映画は森田監督らしくないと感じた方もいたかもしれませんが、私は監督がついに鉄道を主題に映画を撮った!と喜んで鑑賞しました。 なぜなら監督は絶対に鉄道オタクだと思っていたからです。 ☆それから☆で松田優作が市電に乗っているシュールな映像が挿入される。 ☆間宮兄弟で京成電車が走るシーンを入れた。兄弟は冒頭とラストで列車の操車場を真面目な顔で見ている。☆私出すわ☆で函館の市電が走るシーンをかなり長く挿入した。以上、思い出しただけでも森田監督が電車を愛していると思っていたから、ついに鉄道オタクの映画を撮った!と喜んで鑑賞しました。これをシリーズにする可能性もあると思っていたから遺作になった事が残念です。渋谷の置きやで生まれ、小学校の時に日本舞踊を習っていた監督のデビュー作は落語をテーマにした作品です。日本を愛し、時代の先を読み、人間観察とユーモアたっぷりの映画を作り出した森田監督の作品は楽しめるけれど深い映画でした。お疲れさま。素敵な作品をありがとう。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
彼女が旅映画と勘違いして一緒に観たのですが、先に言っておきます、内容は面白いです。
ですが、旅映画だと思っていた彼女は30分観た辺りで死にそうな顔してました。
とても良い鉄道映画でした。
取り立てて鉄道に興味のなかった自分が時間を忘れて見入るくらいに。ただキャストが確信犯すぎる、松ケンと瑛太って知識の無い女性を釣る気満々じゃねーかw
女性の鉄オタの人ごめんなさいw
だって完全に男向けの内容だもの。
最後に、良い映画です。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
日々の生活にちょっぴり疲れちゃった人にオススメ。
松山ケンイチファンにとって、ぜひ観ておきたい作品。
これからも、松山ケンイチ頑張ってー☆
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
じわじわと市民権を得つつある(ように思える)鉄道マニア、いわゆる「鉄」にスポットを当てた作品。ただし、マニアと呼ばれる人々のマニアならではの心理や日常が理解できない人には???な作品にも見えてしまう可能性があるので要注意だ。松山ケンイチと瑛太が同じ鉄道マニアとはいえ、スタイルの違った二人のマニア、小町圭と小玉健太を演じる。両者とも観客を落胆させない「鉄」ぶりは立派。同じ趣味を共有する仲間同士ではなんら問題ないのに、恋愛においては急にギクシャクしてしまうエピソードが笑える。しかし、この不首尾がうまく全体の展開へと生きるのがミソ。一般世間でも影が薄くなりがちな「鉄」主人公二人の物語だが、おっとり社長を演じた松坂慶子、資金繰りに汲々としながらキャバレー通いが止められぬ鉄工所の社長の笹野高史、地主の伊武雅刀といった濃いキャラクタがいいアクセントになっている。さらに各場面に挿入される音響効果の遊びがいい意味で漫画チックでくすぐる。人間、何が運を開くかは分からないとはいえ、芸は身を助けるという表向きのキャッチの裏に、人生を真摯に生きていれば道は開ける、という前向きのメッセージを感じる作品。故森田芳光監督が最後に投じた人間愛に敬礼したい。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック