Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 432

¥ 21の割引 (5%)

(税込)
ポイント : 4pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[小畑友紀]の僕等がいた(16) (フラワーコミックス)
Kindle App Ad

僕等がいた(16) (フラワーコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.5 17件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 僕等がいた(フラワーコミックス)の16の第16巻

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 432
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 453 ¥ 1

紙の本の長さ: 179ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

山本有里の母が亡くなり、有里と決別した矢野。矢野はついに、ひたすら自分を責め続けてきた、そして自分自身を縛り続けてきた過去と向き合う。一方の七美は、矢野に連絡をとろうと決意する。互いを思いながらも、長く離れていたふたりの距離が、一気に近づこうとしたそのとき。七美の身をトラブルが襲う。それを知った矢野は…。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 44127 KB
  • 出版社: 小学館 (2012/3/26)
  • 販売: 小学館
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00BHTQFTI
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 望都 VINE メンバー 投稿日 2012/11/18
形式: コミック Amazonで購入
うーん、終わってしまいましたね。主人公たちの様々な言葉や行動の数々が脳裏に浮かんでは消えてゆきます。物語はああいう形で終わってしまいましたが、映画版のエンディングが作品本体とは異なるように、正にこれからも読者によって、様々な別のストーリーや構成が考えられていくのでしょうし、それでよいのだと思います。その意味では、本作は永遠に未完であるのかも知れません。それくらいこれからも心の中で大事にして、折にふれて見つめ直してみたい作品です。

「いいか 聞けよ おまえと高橋は オレの犠牲の上に成り立っている 忘れるな オレがおまえに何をやったか 友情をムダにすんな 全力でおまえの 失った時間取り戻せよ」(110〜111頁)

一方で、そう、この物語は(陰と陽というか)竹内君の物語でもあったのですね。千見寺と結ばれずにNYCへのトレイニーとは残念・・・(彼には作品の中で幸せになってもらいたかったのに・・・)

なお、「ミニイラスト集」は、特に作者インタヴューが読み応えあり。「ただ連載を始めた頃から、ラストはハッピーエンドでも、バッドエンドでもない、ぼんやりしたラストを想定していました」(同51頁)という発言は意外でした。

読み終わって、何か釧路に行きたくなっている自分がいます・・・
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 プリリン 投稿日 2013/8/29
形式: コミック
久々に読み返してみました。
やっぱりスッキリしないというか後味の悪さが残ります。

矢野と山本がお互い利用していた事は100歩譲って仕方ないとして
山本は矢野には高橋という彼女がいるのを知りながら、矢野を
ハメて陥れてでも自分の物にしようとした性悪女。

結果的に母親が倒れた事でまんまと矢野は自分の物になった訳だが
母親が死んで矢野を解放したけど、全く高橋に申し訳なかったと
謝罪の言葉がなかったのには愕然とした。なんと自分勝手。

おそらく作者は読者の山本批判に、山本は可哀そうな境遇だから許してあげて
とばかりに山本擁護話にこれでもかとページを割いて来たのかも知れないけど、
そんな事より、高橋と矢野の失われた時間に、最後ごめんなさいと一言でも
謝罪があれば山本の印象は違ったのかもしれない。
ただただイライラさせられた不快なキャラクターでしかなかった。

あと、矢野も。自分が捨てられるのが嫌だからと結局は高橋を信じられずに
身勝手に高橋を捨てたくせに。
それを知らない高橋は連絡がないのは待ってろって意味でしょと5年も待ち続けた。

その間、高橋の時間は高校の時から止まったままで
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
まず、小畑先生お疲れ様でした!
ついに完結しましたね。
感想は、、、良かったんじゃないですかね。
もっと細かく書こうと思えば描けたかな?とは正直思いました。スッキリできない部分はありました。あれ?あそこには触れないのか?とか。
でも、結局は主役の2人がどうなるのかですしね。ダラダラ描かれるよりは良かったかな。
今までの巻が何だったんだ?というぐらい、話が進む進む(笑)
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
何年もこの漫画を追いかけてきて、途中、キャラ達が誰も幸せになれる気がせす、むしろ矢野が死ぬんじゃないか!?とさえ思えるほど、先が見えてこず不安でしたが、綺麗にまとまってよかったです!

ここまで読めてきて本当によかったなと思います。

色んな人を巻き込んで、傷つけて、お互いに傷つけあって、そして、それらの経験をひっくるめて、やっと今の自分達を受け入れることが出来た二人で物語はフィナーレ。

色んな過去達と繋がりながら今があることを、紙面上ですごく上手く表現してるなぁと思います^^

決して綺麗なだけじゃない、だからこそ心に強く響きました。

最後まで物語の空気観が切なくも優しく、本当に綺麗で、特にキャラ達のセリフやモノローグ一つ一つにはすごく考えさせられ、何度も読み返したくなります。

本当に出会えてよかったです。
小畑先生お疲れ様でした^^
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover