通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
僕は少年ゲリラ兵だった:陸軍中野学校が作った沖縄秘... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ダストカバーに小さな汚れ/摩耗. Amazonアウトレットは、Amazon.com グループの一部ですので、Amazon.co.jpが発送やカスタマーサービス業務を行います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

僕は少年ゲリラ兵だった:陸軍中野学校が作った沖縄秘密部隊 単行本(ソフトカバー) – 2016/7/15

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2016/7/15
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 572
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 僕は少年ゲリラ兵だった:陸軍中野学校が作った沖縄秘密部隊
  • +
  • アニメドキュメント あの日、僕らは戦場で―少年兵の告白
総額: ¥2,916
ポイントの合計: 57pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

沖縄戦に埋もれていた衝撃の史実。
幼い少年たちをも最前線に送り出そうとした、
日本〈一億総特攻〉計画の全貌!

「敵を殺せ。10人殺したら死んでもよい」
14歳から17歳までの少年で極秘に編成され、沖縄で壮絶なゲリラ戦を
戦った「護郷隊」。陸軍中野学校は、来たる「本土決戦」に備え、
さらにこれを全国に推し進めようとしていた──。
その先にあったのは、子どもも含めた「国民総ゲリラ兵化」計画だった。
なぜ、本来守るべき子どもたちを、国は戦争に利用していったのか。
そして、戦場で少年たちは何を見たのか。
どのように傷つき、斃れたのか。
生き残った者たちは、なぜ沈黙し続けなければならなかったのか。
子供までも動員しようとした「本土決戦」計画の全貌を、
はじめて口を開いた元少年兵たちの証言と極秘資料から炙り出す!



第一章 護郷隊と陸軍中野学校
沖縄戦の知られざる本質
護郷隊のルーツを追う
日本軍初の遊撃部隊
中野学校が実践した遊撃戦
護郷隊を創設した陸軍士官
護郷隊長の素顔
なぜ少年たちを招集できたのか
「10人殺したら死んでよい」

第二章 心を壊されて~第一護郷隊の記録~
第一護郷隊の戦い
アメリカ軍が恐れた「GOKYOTAI」
家族にも語れなかった戦時中の体験
心を壊された少年
美しき島
真喜屋に育った少年
戦場で間近に見た「死」
ふるさとを焼いた護郷隊
自らが破壊したシマでの戦後

第三章 恩納岳の悲劇~第二護郷隊の記録~
第二護郷隊で戦った少年たち
「心」を変えられた訓練
少年からゲリラ兵へ
「命令だから……」
親友の死でも動かなかった心
「こんな子供を兵隊に呼ぶか」
心と体に傷を負う
招集「行き先は教えられない」
「生まれなかったと思ったらいい」
手榴弾を口にくわえた
激戦下の野戦病院
“妄動"取り残された少年
負傷兵を撃つ銃声を聞いた
封印された戦場、恩納岳
恩納岳で何があったのか?
遺族の戦後
70年後にようやく知らされた“真実"
軍医による射殺、その後――
護郷隊解散
少年兵たちの戦後

第四章 もう一つの特殊工作~久米島での極秘作戦~
沖縄の離島にも送られた中野工作員
離島工作の目的
「上原」の謎を追う
張り巡らされた工作員「上原」の素顔
仲間に語った「玉砕の言葉」
実行されなかった玉砕計画
突然の連行
戦後も隠し続けた工作員の立場
「虚仮の人生」
今も残る戦争の傷跡

第五章 沖縄から本土へ~本土決戦の全貌を説く~
もし、本土決戦が行われていたら
アメリカが考えていた「滅亡作戦」
日本が考えていた「決号作戦」
本土決戦におけるゲリラ戦術構想
ゲリラ戦マスターとしての陸軍中野学校
2800万人が招集の対象「国民義勇戦闘隊」
中野学校が指導した住民部隊
「一億総特攻」への道
中野学校出身者の追跡
「諜報活動から遊撃戦まで担った」
柔道五段の猛者
「情報将校」として受けた教育
中野学校が教えた「戦術」

内容(「BOOK」データベースより)

沖縄戦に埋もれていた衝撃の史実、日本“一億総特攻”計画の全貌。なぜ、本来守るべき子どもたちを、国は戦争に利用していったのか。そして、戦場で少年たちは何を見たのか。どのように傷つき、斃れたのか。生き残った者たちは、なぜ沈黙し続けなければならなかったのか。そしてその先にあったのは、子どもも含めた「国民総ゲリラ兵化」計画だった―。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 224ページ
  • 出版社: 新潮社 (2016/7/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4104056073
  • ISBN-13: 978-4104056071
  • 発売日: 2016/7/15
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 303,400位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

2016年9月7日
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト1000レビュアー2016年9月12日
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告